07-0913 夜、尾道の「バル・らぱん」へ行く


日曜日は、営業時間を夜7:00迄にしている。
そこで!
すばやく店を閉めて倉敷駅にダッシュ!
山陽線下り19:10に乗車。
行き先は、尾道の商店街にある「バル・らぱん」だ。

尾道到着が20:10、駅前に出ると
造船所のクレーンが見えたりして、なかなかの雰囲気。

img6d959e8azik5zj

徒歩約10分、尾道の商店街に入り、目的地に到着。

img4a1684fezikdzj

フランス語のラパン=ウサギではなく、
羅針盤の「羅盤」、大航海のイメージは
スペインと重なり、「バル・らぱん」を名乗る店だ。
もちろん、海に面した尾道のイメージとも重なる。

imgd3254b0fzik8zj

なかなか粋な外観、カウンターに座って適当なアテを頼んでみる。
えいのフリット…
これに合わせるならばスパークリングってことでまずはカヴァ。
そして次のオーダーが、このワイン。
ロブレ モノ ロザエ[2006] 750ml
1,890円 (税込)

エイは、海のイメージを演出するには極めて良いが
なかなか難しい素材と言えるだろう。
かなり厳しい味か?…と思っていたが
なかなかどうして、見事に仕上げている。

img6b1bf7f2zikazj

フリットにロゼ、これは海の街・尾道を印象づけるの組合せとなった。
さらにマスターの舵取りで航海は続く…。
[To Be Continued…]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です