08-0330ベルンハルト・フーバー来訪記念[06]マルターディンガー

Pocket

ユンゲレーベンの次に飲むのは、当然ながら、
2.「マルターディンガー」の表記があるワインになる。

1.ユンゲ・レーベン  —- ブルゴーニュ・ルージュ

2.マルターディンガー —- ブルゴーニュ村名ワイン

3.アルテ・レーベン  —- プルミエ・クリュ

4.”R” レゼルヴェ   —- グラン・クリュ

これが対応するのは、ブルゴーニュ村名品。
具体的に言えば、ニュィ・サンジョルジュやヴォーヌ・ロマネ、
そしてジュヴレィ・シャンベルタンという事になる。

現在ではそれを意識するかのように
『マルターディンガー』
という村名のみの表記に変わっている。

100211_7

ピノノワールのワインとしては、最も古くも伝統的、
13世紀に世界最高の品質を誇ったその名前が誇らしげに感じる。
何百年もの時を経てベルンハルトの手によって蘇らされた宝は
類い希な輝きを放つ。

4p1
フーバー マルターディンガー シュペートブルクンダー Q.b.A. トロッケン750ml

その造りは樹齢12~20年のピノノワール。
貯蔵樽は、2~3回使用の古樽で12ヶ月を費やす。

このグレードが最も天候の影響を受け易いように私は感じている。
時として膨らみ、時としてシャープな表情を見せた事もあったから。
その相違こそが、テロワールを忠実に
表現できていること…の証に違いない。

[To Be Continued…]

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です