08-0504 蒜山ワイン ニュー・リリース4

Pocket

今回のひるぜんワイン『2006年・山葡萄・樽貯蔵』は、
価格が3,990円と、はっきり言って高く感じるかも知れない。

img10132548318
『2006年・山葡萄・樽貯蔵』

この東洋的なワインは、当然ながら、ヤマブドウで造る。
すべての特徴をもたらすヤマブドウこそが、
コスト高の原因であるのは間違いない。

粒の詰まりが少ないとか、房の数が少ない…という部分だけでなく、
最も厄介なのが、雄木・雌木がある事だ。

当然ながら雌木にしか葡萄の実はならない。
雄木は花粉を飛ばすだけ…という理論から、
ほとんどを雌木にした年もあった。
しかし、その年の葡萄の収穫量は悲惨な状態になってしまったので
元の比率に戻したという。

この特性によって、単位面積あたりの収穫量は、
通常の葡萄の1/2になるのである。
その代償を支払ってこそ、

『透明感と美しさもある深く濃い色彩』

『山桃やザクロなどの果実風味を持った特徴的な香り』

『酸が一つの骨となり、全体像を構築していく』

『余韻は思ったより長く、ゆったりと続いていく』

そういった特性を得る事ができるのだろう。
その上に、年々の進歩、樽使いの巧みさ。
僅かながらもエレガンスを感じる位置に到達できているならば、
この世界中で唯一無二な存在を
認めてやっても良いような気がする。

img9f0b625ezik8zj

少なくとも私は、今回の
『2006年・山葡萄・樽貯蔵』については
“岡山のワイン”として
他県の人に飲ませる自信を持てた仕上がりだった。

[The End]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です