08-0614 ヴォナ村・YASUDA 3

Pocket

前2回で記したヴォナ村YASUDAの食事、
写真が悪いので、どうも美味しさが伝えられず、
少し田舎っぽく見えたかも知れない。

しかし、お料理の本質を味に求めるならば、
都会派のスタイリッシュなフレンチを凌駕する本質を持つ…
と私は感じている。

心を込められた絵が、鑑賞する人の心を打つように
ここの料理からは、何かを感じずには居られないのだ。

そして、ちょっとばかり驚いて頂きたいのは、その価格だ。
ランチではなく、夜なのだ。
私がお願いしたコース、

┏━━━┓
スープ
┗━━━┛
イエローピーマンのスープ
img0fbfcd8czikezj

┏━━━┓
肉料理
┗━━━┛
牛バラ肉の赤ワイン煮込み
img4e5a51dezik0zj

┏━━━━┓
デザート
┗━━━━┛
チョコレートのムースブラックココアのグラッサージュ
木の芽のシャーベット
レモンライムのムース
img232481abzikfzj

以上3品目で、1575円!なのだ。
(もちろん、パンもコーヒーもついてます。)
imgf729943azik1zj

安くて申し訳ないので、オードブル盛り合わせも頼んだが、これが1,365円。
┏━━━━━┓
オードブル
┗━━━━━┛
自家製無農薬スナックエンドウのサラダと
スナックエンドウのエスプーマーフレンチキャビア添え
フォアグラとトリュフの田舎風テリーヌ
ホタテ貝のテリーヌ
サザエのブルゴーニュ風
imgce8121aazik5zj

合計2,940円で、こんな贅沢なメニューだ。

一品一品にしっかりと手間と心がかかっている
のがすぐに分かる。

最近小食になってしまった?私には、十分過ぎる量。
そしてこのコスト・パフォーマンス。

だからこそ、やや不利な立地なのだが
ランチなんて、いつも列ができている。
皆んな、知ってるんだなぁ…と感じる。

ジョルジュ・ブランのように、ヘリポートはないけど、
高速道路・鴨方インターからすぐだから、
ちょっとばかし遠出の際には、立ち寄ってみてはいかがだろう…。
それだけの、いやそれ以上の価値は十分にあるから。

[The End]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です