10-0322 千里丘~尾道へ…

Pocket

凄い一日
9時間ちょうど、在来線乗り継ぎました。

11011p1この日、輸入業者ヘレンベルガー・ホーフの試飲会。
大阪、千里丘に向けて…行く!
この業者の紹介で、娘がドイツのフーバー醸造所に
お世話になったこともあり、
wifeと娘との3人連れで出発。

でもBinBawな我が家は、電車代節約のため、
青春18切符を使用しての千里丘行き‥となる。
在来線を乗り継ぐ場合、この切符が使える期間は、
座れないことが多くなる。だから、ルートと時間帯を
考慮して動かねばならない
倉敷駅発が、7:55 と 8:03。
c0178330_22562019前者は山陽線経由、後者は赤穂線経由。
一般的な移動は前者、だから
人が少なくなるのが後者ということになる。

従って30分近く多く時間を要するものの、
座っての移動を望むなら、後者を選択する方が正解となる。
それだけに、移動中も仕事を‥とばかり、ノートパソコンに
9時間駆動のバッテリーを装備させて出発。
8:03 倉敷

9:38 赤穂

10:04 網干

11:28 大阪

11:46 千里丘  Total 3:43c0178330_22555328
というタイムスケジュールの間、
しっかりと仕事をこなしながら移動。
ワイン解説を7つほど書き上げ、
通常営業日以上の作業結果を残す。

さて、千里丘到着後、まずは食事。
毎度おなじみのこの店だが、
いかにも大阪的に、うどんとカツどん。
何ともいえないこの組み合わせが嬉しい。
そして会場ハウスメッセへ。
しっかりと試飲。種類が少な目なだけに、
入念な試飲が可能。

c0178330_2353297ジャン・ブシャーさんが来場され、
セミナーが開かれていた。

提供されるワインの本数は、
近年の試飲会としては少なめ。
でもそれだけに2~3周して、徹底した
テイスティングできるのが良い所。

この日、最も心に残ったのは、有料試飲ながらも
ラッツェンベルガーのグローセスゲヴェックス。
その圧縮された風味は、今までにない世界。
感動モノでした。

c0178330_2257317さて、会場を後にして、
14:42 千里丘

14:51 新大阪

16:24 相生

17:41 岡山
↓ そして倉敷を通り過ぎて
18:58 尾道到着。  4:16→Total 7:59

一日何度でも乗降自由なのが青春18切符。
これで尾道のBAR らぱんへ。
c0178330_22574499c0178330_2305463
我が家揃って大ファンのお店。シックで、和める素敵空間。その上、ワインはもちろん食事も美味。
ワンプレート(噂に違わぬ驚きの内容)             お約束のほうれん草サラダc0178330_22581021c0178330_22584069


パスタセット
c0178330_2259226c0178330_22594923

c0178330_230874c0178330_230082c0178330_2259127
↑パスタセットに付くサラダ。
さらに次々と注文するメニュー

c0178330_2311510さすがに疲れて帰りは少しだけ早めて、
21:47尾道発。

22:48倉敷駅着。  1:01→Total 9:00

家に辿り着いたのは、ほぼ23時。
一日のうち、ジャスト9時間、在来線に乗っていた。
それで、大阪の試飲会と、尾道のお得意様‥
へ3人揃ってでかける、というハードながらも
充実した楽しい一日。

48種類のワインを3回り試飲し、
うどん&カツ丼だけでなく、
ワインを2本開けて、パスタや盛り合わせを食べた。
移動電車の中では、ワイン解説を9個書き、
撮りためたTV番組のターミネーターサラコナークロニクルズ
を8週間分見る‥というレジャーもこなした。

凄い一日でした。