09-0715 調和へ

Pocket

2007 アスマンズホイザー・ヘーレンベルク
シュペートブルクンダー Q.b.A トロッケン
Dm.アスマンズハウゼン,
スタッツヴァインギューター・クロスター・エベルバッハ
Assmannshauser Hellenberg Spatburgunder Q.b.A Trocken
Domaine Assmannshausen,Staatsweinguter Kloster Eberback

アスマンズホイザー3アスマンズホイザー2プログレッシブ。

今、アスマンズホイザー・ヘーレンベルクに
私が捧げたい言葉です。
その姿は、ただのピノノワールではありません。

ブルゴーニュが持ち得ない、我々日本人には
嬉しい特性をしっかりと持っているのです。
それは、和のもの、魚介類との巧みなマッチング。

まずは、海苔で試すと一目瞭然。
バーガンディーは海苔を拒絶してしまいます。
磯臭さが強められ、とても食べられたものではありません。
どちらかを放棄するしかありません。

しかし、この地獄の山は、いとも簡単に
受け入れてしまうのです。

そして、焼き魚。青身よりも白身の方が
一段と分かり易いですが、
気持ち良く調和します。
ブルゴーニュが臭さを煽ってしまう
おろし和えやみぞれあんかけ。
恐ろしいほどの調和を見せていきます。

ニシンそば、蛸の梅肉たれ…
ブルゴーニュがはね付けてしまう
和の素晴らしい食材達を、受け止め、
巧みな世界を構築していくのです。

特別な日のフルコースではなく、
我々が毎日食べて美味しい食事。それに合わせるワインは?…
と考えた時、これほど調和が取れて上手く合う存在はありません。

ドイツは甘い…だなんて言うのは、日本=ちょんまげ・芸者と喩えるようなもの。
それから幾世代も進化を繰り返し、美しく進化した最先端のワインが
ここにあるのです。

ぜひお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です