休日は慌ただしく過ぎて…【全6回】[index]

07-0531 休日は慌ただしく過ぎて…[01]和食「寿」~倉敷
07-0601 休日は慌ただしく過ぎて…[02]自転車トレーニング
07-0602 休日は慌ただしく過ぎて…[03]蒜山ワインのブレンド-その1
07-0603 休日は慌ただしく過ぎて…[04]蒜山ワインのブレンド-その2
07-0606 休日は慌ただしく過ぎて…[05]蒜山ワインのブレンド-その3
07-0609 休日は慌ただしく過ぎて…[06]就寝前のティスティング

07-0609 休日は慌ただしく過ぎて…[06]就寝前のティスティング

という事で、ブレンド作業を終えた後、
風呂に入る。
そして、寝れば終わり…とはならないのが自営業者。

本日のテイスティング用にピック・アップした物に向き合う。

img59e14939zik8zj

昭和の終わり頃の路地裏のスナックの看板のような…
バラのラベルに哀愁を感じながら、表記を見つめる。
ドメーヌ・モン・サンジャン
アレアティコ[2005]
ヴァン・ド・ペイ・ド・リレ・ド・ボーテ
       1,500円 (税込)

ヴァン・ド・ペイの表示名称が、
L’Ile de Beaute =The Island of Beauty
「麗しき島」としても良いが、できれば美人の島」としたいかな…
などと思いながら頭封を外す。

3203030177
コルシカ島出身の美人の唄もいいもんだ…

コルシカ島のワインだ。
しかもアレアティコという葡萄は
ナポレオンも好んだという古来種、
彼のように3時間の睡眠に近くなってしまうのか…
と思いながら資料を眺める。

コルシカ島では、このモン・サンジャンという生産者のみが
その伝統を受け継いでいる…と記されている。

コルク上面には、コルシカ島の形状が焼き付けられていて可愛らしい。
栓を抜いた時点で、華やかな香が立ち上がる。
ベリー、ライチ、そしてえも言われぬ芳香。
(バラの絵ラベルでもバラの香の要素は無い)

スタート温度はセラーから出して来た12℃で、
普通ならばタンニンの硬さやザラつきが気になるのだが
このワインに関してはスムーズ、
これは「冷やして飲む赤ワイン」としてイケそう。

アレアティコはマスカットの突然変異とも言われており、
マスカットに、黒葡萄の果実香がブレンドされたような
個性的なニュアンスを持っているのかも…。
これは、これからの季節、暑くても飲める赤、魚料理にも合わせられる赤…
として勧められるなぁ…と実感。

そんな事を思いながら、冷えて美味しいこのワインが
少しずつ温度が上がり、変化していく様を観察。
結果的にwifeと二人で半分ほど空けて、
本日の科目は終了。

私の慌ただしい休日はこれで終わって寝床に就く。
おやすみなさい。
[The End]