10-0322 千里丘~尾道へ…

凄い一日
9時間ちょうど、在来線乗り継ぎました。

11011p1この日、輸入業者ヘレンベルガー・ホーフの試飲会。
大阪、千里丘に向けて…行く!
この業者の紹介で、娘がドイツのフーバー醸造所に
お世話になったこともあり、
wifeと娘との3人連れで出発。

でもBinBawな我が家は、電車代節約のため、
青春18切符を使用しての千里丘行き‥となる。
在来線を乗り継ぐ場合、この切符が使える期間は、
座れないことが多くなる。だから、ルートと時間帯を
考慮して動かねばならない
倉敷駅発が、7:55 と 8:03。
c0178330_22562019前者は山陽線経由、後者は赤穂線経由。
一般的な移動は前者、だから
人が少なくなるのが後者ということになる。

従って30分近く多く時間を要するものの、
座っての移動を望むなら、後者を選択する方が正解となる。
それだけに、移動中も仕事を‥とばかり、ノートパソコンに
9時間駆動のバッテリーを装備させて出発。
8:03 倉敷

9:38 赤穂

10:04 網干

11:28 大阪

11:46 千里丘  Total 3:43c0178330_22555328
というタイムスケジュールの間、
しっかりと仕事をこなしながら移動。
ワイン解説を7つほど書き上げ、
通常営業日以上の作業結果を残す。

さて、千里丘到着後、まずは食事。
毎度おなじみのこの店だが、
いかにも大阪的に、うどんとカツどん。
何ともいえないこの組み合わせが嬉しい。
そして会場ハウスメッセへ。
しっかりと試飲。種類が少な目なだけに、
入念な試飲が可能。

c0178330_2353297ジャン・ブシャーさんが来場され、
セミナーが開かれていた。

提供されるワインの本数は、
近年の試飲会としては少なめ。
でもそれだけに2~3周して、徹底した
テイスティングできるのが良い所。

この日、最も心に残ったのは、有料試飲ながらも
ラッツェンベルガーのグローセスゲヴェックス。
その圧縮された風味は、今までにない世界。
感動モノでした。

c0178330_2257317さて、会場を後にして、
14:42 千里丘

14:51 新大阪

16:24 相生

17:41 岡山
↓ そして倉敷を通り過ぎて
18:58 尾道到着。  4:16→Total 7:59

一日何度でも乗降自由なのが青春18切符。
これで尾道のBAR らぱんへ。
c0178330_22574499c0178330_2305463
我が家揃って大ファンのお店。シックで、和める素敵空間。その上、ワインはもちろん食事も美味。
ワンプレート(噂に違わぬ驚きの内容)             お約束のほうれん草サラダc0178330_22581021c0178330_22584069


パスタセット
c0178330_2259226c0178330_22594923

c0178330_230874c0178330_230082c0178330_2259127
↑パスタセットに付くサラダ。
さらに次々と注文するメニュー

c0178330_2311510さすがに疲れて帰りは少しだけ早めて、
21:47尾道発。

22:48倉敷駅着。  1:01→Total 9:00

家に辿り着いたのは、ほぼ23時。
一日のうち、ジャスト9時間、在来線に乗っていた。
それで、大阪の試飲会と、尾道のお得意様‥
へ3人揃ってでかける、というハードながらも
充実した楽しい一日。

48種類のワインを3回り試飲し、
うどん&カツ丼だけでなく、
ワインを2本開けて、パスタや盛り合わせを食べた。
移動電車の中では、ワイン解説を9個書き、
撮りためたTV番組のターミネーターサラコナークロニクルズ
を8週間分見る‥というレジャーもこなした。

凄い一日でした。

09-0630 軽量化?

2007 ザルヴェイ リヴァーナ トロッケン Q.b.A
ヴァイングート・ザルヴェイ
Salwey Rivaner Trocken Q.b.A.

salwey1.jpgザルヴェイ。余り知らなかったけれど、
ゴーミヨ・ドイツワインガイド4房…
超実力派なんです。
って事で、期待いっぱいで抜栓する、
リヴァーナのトロッケン。

気合いが入っていただけに
抜栓時にズッコケました。
びっくりする程短いコルク!
質はまずまずだけど、ウソみたいに短い。

グラスに注ぐと、薄めの黄金色。
ほんの僅か、緑のトーンを持っているように感じます。

香は、かすかに白い花・柑橘特にレモン
そして鉄を連想させる匂い。

salwey2.jpgチリチリとした微発泡。それはグラスで揺する内に
少しずつ収まってきます。
外観、香、一瞬の舌触りから、ライトなのかな…
とも思ったのですが、結構ボディが膨らみます。
力強さを持って、押してきます。
そして時間が経つに従ってまとまり、
整然とした強い構成を披露してくれます。

樽の印象はほとんどありません。
丸い滑らかさを持ち、それでいて力強いボディ。
余韻がジワジワッと伸びていく上出来ワイン。
ミュラートラガウという品種のヘナヘナな感じはまったくなく、
お料理を引き立てられる構成。
経時変化を確かめながら10日を経過させましたが、
なお艶やかで、より美味しくなったような感じさえ受けました。

毎日、栓を抜く度にポンッとガスが出るけど、液体からは
既にかなり前からチリチリ感が消え、より美味しくなったようにさえ感じます。
余り知らなかったけれど、一流を実感させる造り手の技、
手抜きのない構成、魅力的なアフターと余韻。

この超一流造り手を知らなかったこと、そして38mmというコルク長。
「軽量化」と判断しながらも、
これから、ドイツのワインはどうなっていくのか…
と、期待と不安を抱きながら、交配品種「リヴァーナ」の表記を眺めた私です。

仲村わいん工房 訪問記

がんこおやじが招く   仲村わいん工房 訪問記

nakamura00 01.【仲村わいん工房訪問記】ロックの神のお導き…
02.【仲村わいん工房訪問記】ロックの神の啓示なのか…
03.【仲村わいん工房訪問記】「フルボディ」と言い切れる快感
04.【仲村わいん工房訪問記】もしかしたら…高いの?
05.【仲村わいん工房訪問記】再圧縮の心へ焼き印
06.【仲村わいん工房訪問記】私を先に導くストーリー
07.【仲村わいん工房訪問記】ホンモノは心に響く
08.【仲村わいん工房訪問記】天王寺から上ノ太子へ
09.【仲村わいん工房訪問記】アイデンティティーが覆された
10.【仲村わいん工房訪問記】たった9年で…
11.【仲村わいん工房訪問記】がんこおやじ
12.【仲村わいん工房訪問記】ミツオレッド
13.【仲村わいん工房訪問記】花ぶるいと間引き
14.【仲村わいん工房訪問記】秘められた思い
15.【仲村わいん工房訪問記】この設備
16.【仲村わいん工房訪問記】さちこ
17.【仲村わいん工房訪問記】メルロー 2004年
18.【仲村わいん工房訪問記】ブショネも神のお導き…
19.【仲村わいん工房訪問記】カベルネソーヴィニヨン 2004
20.【仲村わいん工房訪問記】メルロー 2001 粒間引き[1]
21.【仲村わいん工房訪問記】メルロー 2001 粒間引き[2]
22.【仲村わいん工房訪問記】メルロー 2001 粒間引き[3]

以降、続刊

メルロー 2001 粒間引き[1]【仲村わいん工房】

Non がんこおやじの 手造りわいん
仲村わいん工房
Part20

nakamura50どうもイカんぞ。酔うと手ぶれがスゴい。
写真は小さくして、ごまかすしかないですねぇ。
本人はマトモなつもりなのですが、手先が震えるのかな?
ってことで、味利きの方は、酔えば酔うほどノってきて
佳境へと突入。

merlot2001この日の主役 メルロー2001年。
ただそれだけを記した無愛想な外観。
しかし、内容は飲んだ者だけが知り得る世界。

現二さんが、まだ経験も浅かった頃。
何をしたら良いか…懸命に模索をしていた。

デラウエアばかりの周囲の畑の中、
植えたメルローが十分に力を発揮し始めたこの年、
特に天候が良く、難しい間引きも、思い通り行えた。

素晴らしい収穫を目の前に、思いついたのは、
究極の原材料を得ること。
半分以上捨てたその収穫を冷蔵庫に持ち込み、
ダウンジャケットを3枚着込み、一粒一粒を選り分けた。
まだ若かったからこそできた…
というその作業は、我慢の上の我慢。
誰にも求められた作業ではないだけに、
「もぅ、えぇのと違う?これで止めようよ」
という誘惑の下で、黙々と続けられた。

ドイツで言うならベーレンアウスレーゼ。
珠玉の葡萄を仕込んだワインだ。
こんな手法を思ったとしても普通の人は実践しない。
それが理想の方法だったとしても…。

恐るべき品質への執念。
だからこそ、この領域に到達できたのだろう。

「がんこおやじ」とは父=光夫さんのことだと言う。
しかしその現二さんのことを「へんこ」(頑なな変わり者)と妻のさちこさんは言う。

傍から見てると、十分「がんこおやじ」。
でも先代も二代目も、求めていたのは、
飲み手のたった一言に違いない。

だからグラスに注いで香り、味わい、飲み干して言う。
「おいしい!」
…と。

[To Be Continued…]

カベルネソーヴィニヨン 2004【仲村わいん工房】

Non がんこおやじの手造りわいん
仲村わいん工房
Part19

nakamuraCabe1次はカベルネの2004年。
当然ながらノンフィルター。
昨日の抜栓ということで、よりパワーを発揮してます。

外観は黒っぽい赤。縁に熟成色は表れていません。
濃度があることを主張する外観です。

香は豊かで、黒系の果実にヨード、下草、
エステル系の香気成分もあります。
ほんの僅かだけ草と獣、でも程良いバランス。
余韻の中に塩キャラメル。

舌触り滑らかだけどふくよかで力強い。
タンニンは多く密度感があり、ボディも十分にフル。
後味豊かで余韻はかなり長い。

樽っぽい風味を感じるのだが、樽は使ってない。
カカオやビターチョコレートのニュアンス。

nakamuraCabe2一緒に飲んだ2004年メルローと充分に
双璧を為せるだけの内容。
2004年はスゴく良い年で、看板の
メルローが売り切れてるなら、
これで楽しんでおけば良いでしょう。

いや、こちらの方が好き…という人も、
きっと居ると思える力強さと美味しさ。

この年がいかに素晴らしい収穫を
仲村わいん工房にもたらしたか…が
理解できる仕上がりでした。

[To Be Continued…]

ブショネも神のお導き…【仲村わいん工房】

Non がんこおやじの 手造りわいん
仲村わいん工房
Part18

仲村ワイン21感動的なメルロー2004年。
しかし翌2005年も、さらに翌々年も、
葡萄の作柄が芳しくなく、仲村さんは、
看板ともなるべきメルローを、どう造るか…
と、悩んだとのこと。

スケールダウンして、スリムになっても、
2005年として造り、ヴィンテージを謳うか、
それとも年号を越えたブレンドを敢行して、
2004年に近い味香に仕上げるか…
迷いに迷って、お客さんに判断を任せた。
我が道進みながらも、お客様本位…
これが大阪人のえぇトコロ。

お客さんは、年号表示が無くなっても、できるだけ味が変わらない事を望んだ…とのこと。
そこで、2005・2006・2007をブレンドして、
ノン・ヴィンテージの大阪メルローが出来上がったのです。

という事で、ノンヴィンテージとなった新しいメルローも出してくれていたので、
2004年と比較してみようと飲みました。
が、すぐに感じてしまった「ブショネ」。

さぁ、これはどうしよう。
言うか、言うまいか…。
知らんぷりして、飲んで帰るのも手ではあるが…。
横のソムリエールの顔を見ると、やはり同じジレンマに陥っている。

だって作者を目の前にしてるんだから
そのワインを吐き出すのさえハバカられるのに…
でも、ウソを言うのは、このワインに対し、そして作者に対しても失礼過ぎます。

逡巡の後、覚悟を決め、言う事にしました。
ソムリエールも、「言った方が良い」という動作をしたので、
ブショネであることを告げました。
そして、できれば、同じ銘柄はここにないか…
あれば、飲みたい…と申し出たのですが、この場にはありませんでした。

そこで私は、仕入れて飲んでみる事にしました。
これだけ素晴らしい2004年メルローを飲まされ、
それに近い味をブレンドで仕上げたというノンヴィンテージのメルロー。
仕入れない訳にはいきませんから。

しかし、後日、時間をかけて飲む事によって、
私にまた、ロックの神が降りて来る事になりました。

このブショネは、彼の仕組んだいたずらだったのかも知れない…
と今は感じています。

[To Be Continued…]

メルロー2004年【仲村わいん工房】

Non がんこおやじの 手造りわいん
仲村わいん工房
Part17

6693_まずは、ここへ導いてくれた
「がんこおやじの手造りわいん」からスタート。
言うまでもありません。素晴らしい出来。
このレポートは後へ譲る事とします。

次は、仲村さん自慢のメルロー2004年。

この年は、極めてデキが良く、初めて年号表示をしたとのこと。
その言葉通り、驚かされる仕上がり。
適度に熟して来て、エステル系の要素も加わり、
圧倒的な品質。

一部ブログで、このメルローの仕上がりに
疑問を抱く書き込みがあったので
少し身構えて臨んだ…というのが本音。
「がんこおやじの手造りわいん」
が余りに素晴らしいから、その上のグレードとしての存在感が薄くなったのでは、
とも推測しましたが、それは杞憂となりました。

このワインを悪く言うのは、売り手の管理がズサンでコンディションが悪いか、
飲み方の設定や、味利き能力が無いかのいずれか…と断じて良い品質。

アロマとブーケ、果実味の下から湧き上がるカカオやタバコ、
エステル、プラム、干しイチジク…
ボディは膨らみ丸く、力強い。
伸びていく余韻は実に心地良い。
見事な仕上がりのワインです。

恐るべし2004年メルロー。
しかし、もう在庫がない…とうのが悲しいですね。

[To Be Continued…]

さちこ【仲村わいん工房】

Non がんこおやじの手造りワイン
仲村わいん工房
Part16

仲村ワイン20さてここからは、醸造所近くにある
ご実家にお邪魔して
テイスティングとなりました。

ずらっと並べられたワインは、赤。
これは常温に置かれていたので、
スタートは、冷蔵庫から出してきた白の
「手造りわいん さちこ」
となりました。

三ッ辻畑から、八丁橋畑へ向かう途中、
現二さんに聞かれた事を思い出しました。

「メルシャンの“きいろ香”をどう思う?」

私は、「面白いけど、あそこまで技術を投入しないと
香が出ないのは甲州という葡萄の弱点かも…
そして、締まりというか渋みが最後に来るのは
白ワインとして万人に受け容れられるかどうか…」
と答えました。

「手造りわいんさちこ」は、甲州60%、デラウェア30%、
リースリング10%のブレンド。
立ち上がりは、デラウェアの甘い香が漂います。
風味良く、残糖さえ感じてしまいそうですが、
残糖はほとんど無い…とのこと。

旨味多くボディもしっかりとしてきて、
何よりも“きいろ香”と似た、締まり・渋さ・が
最後の部分に現れ、きっちりとまとめます。

あぁ、この味構成だから、きいろ香の味を私に問うたんだな…
と思いました。
ただ、甲州だけで仕上げる気品の“きいろ香”と違い、
暖かみと優しさ、それでいてキッチリとしている
実利的なアプローチで迫ってくるのが分かります。

これ、おいしい!
傍らでソムリエールが騒いでます。
もっと気の利いたコメントは無いんかい…

甲州主体でも、これは大阪風。
旨さに迫る道筋が違って感じる個性派。
でも、美味という本質へ至るのは同じなのです。

[To Be Continued…]

ミツオレッド【仲村わいん工房】

Non がんこおやじの手造りわいん
仲村わいん工房

Part12

nakamura08小ヶ谷畑は、棚仕立てで、メルローと
カベルネソーヴィニヨンが植えられてます。
6月終わりではまだ緑色の粒を見ながら、
「棚仕立てなんですね」と言うと、
(多分、同じ事をよく言われる?)
すぐに返事が返ってきました。

垣根もやってるけど、品質は大差無く、
棚の方がわずかに良いそうです。
その上、垣根の場合、猪が食べに来て、
下の房を食べてるうちは良いけど、
食べ尽くしたら、それより上へ…
と狙ってきて、樹を折ってしまうとのこと。

周囲(辺り一帯デラウエアの産地)がすべて垣根ならまだしも、
棚造りばかりの上に「電柵」(電気を通して動物の進入を阻む)
を付けてるから、よけいに垣根造りの葡萄が狙われ、
メリットが無い…とのこと。

絶対に垣根が最高…なんて思ってるのは、
環境や状況を知らない者の単純思考である事が分かりました。

nakamura09そして注目すべきがこの葡萄。
ミツオレッド、という品種。
カベルネやメルローがまだ緑の時期でも
既に赤。枝も、葉脈も赤。そして長粒。

専門機関で調べても良く分からなかった
というこのミツオレッド、
仲村わいん工房の造りでは、重要な存在。
セパージュにそれが顕れます。

どの赤ワインにも、3~5%ブレンド。
ボルドーのプチヴェルドー的使い方?いや
風味として、もっと大きな領域を占めます。
「がんこおやじ」と呼ばれる父光夫さんの魂を宿したようなこの品種、
甲州から持ち帰った物らしいのですが、
現在は、どこにも見あたらない存在。

がんこおやじの手造りわいんブラインドで飲んだ時の判断は、
メルロー100?もしくは僅かに
カベルネソーヴィニヨンをブレンド?
少なくとも、マスカットベリーAが入ってる?
と尋ねられれば、否!と答えました。

樽貯蔵は、新旧樽をとりまぜ12ヶ月程度
(少なくとも6ヶ月以上)と判断。

しかしながら、正解は、
カベルネソーヴィニヨン75%
マスカットベリーAが20%、
ミツオレッド5%
そして樽貯蔵一切なし。

秘密は、「がんこ」さと、ミツオレッド。
感服の品質。

[To Be Continued…]

ホンモノは心に響く【仲村わいん工房】

Non がんこおやじの手造りわいん
仲村わいん工房

Part07

gankooyaji06電話に出たのは女性でした。
(後から分かりましたが、この方がさちこさん)
突然に、
「おたくのワインを売って下さい!」
なんて言うもんだから、驚いたようです。

今、主人が居ませんので…
と仰るので、
いつ頃帰ってみえられますか?
と尋ねる。

1時過ぎには…
との返答に、
それではその頃、もう一度かけさせて頂きます
と勢いを付けて言います。
再度かける…というのは、意欲を見せる上では
重要な事とは思いますので…。

が、ロックの神様は、ちゃんとその御手で導いて下さいました。
1時寸前、12時57分頃、電話が鳴りまして
受話器の向こうから、「仲村です」という声。

売って貰えないか…と懇願。
さらに、「できれば3日後におじゃまさせて頂く訳には…」
と、ずぅずぅしい依頼。

「えぇですよ。来て下さい。」
って、やはり私の進むべき道は指し示されたような気がしました。

[To Be Continued…]