06-0914「モダン焼き」というお好み焼きのメニュー

大阪へ出かけた時、クソ暑い夏にも関わらず、
輸入業者営業Nが私を案内したお好み焼き屋。

そこで“モダン焼き”というメニューを見て、
広島では通用しなかったことを記した。

すると、☆★☆タイガー&乙姫さん☆★☆さんから、
「広島でもちゃんとモダン焼きがありますから。」
と御指摘戴き、今回の広島出張で、その事を探ってみた。

100309_21

今回は、フランス食品振興会・フランス農水省が主催の
料飲展示会であり、場所は広島全日空ホテル。
貫禄の横田知義シェフが登場し、料理のテクニックを伝授。
さらにワイン・他酒類・食材の試飲と試食をして日帰りというスケジュール。

100309_22

従って、“モダン焼き”という言葉を探る時間は
ホテルまでの行き帰り、そして昼食時(当然お好み焼き屋へいく)と
いう事になる。

まず、広島駅からホテルまでの行きのタクシー。
お好み焼きを話題に持ち出す。
“モダン焼き”という言葉を持ち出すが、
タクシーの運転手さんには通用しなかった。

この展示会を退出して、広島駅へ戻るタクシーでも
運転手さんに聞いてみた。が、やはり
“モダン焼き”という言葉が、どんなメニューを指すか?
は認識されていない。

100309_23
昼食というか、既に午後の3時10分過ぎだが、
ここでお好み焼き屋へ入る事にした。
場末でなく土地の顔というべき駅。そこでの人気店。
こういった店を、多分、広島のお好み焼き屋の象徴として捉えて良いだろう。

100309_24

メニューを見て「モダン焼き」を探すが、そういった表現は無い。
でも、多分、岡山県人が、「モダン焼き」と言うだろう…
というものを注文。
思った通りのものが出てきた。

100309_25

やはり、今回私の行動した範囲の広島(タクシーの運転手さん×2人+駅の人気店)では、
「モダン焼き」という言葉は、残念ながら認識されていなかった。
今度は、また違った店に入って、メニュー調査をしてみようと思う。