10-0402 テルモは凄い。

2005 レメリュリ レゼルヴァ
リオハ DOC
レメリュリ・S.A
Remelluri Reserva Rioja DOC
Granja Ntra Sra. de Remelluri.S.A

レメリュリ2005年レゼルヴァ。
前のヴィンテージより更に良くなっている。

外観上はしっかりと濃く十分な風格。
果実・ヴァニラ・スパイス・ハーブ…と、
多くの香が湧き出してくる。

舌触り滑らかで旨み多く、凝縮感しっかり。
しかし圧倒してくるワインでなく、優しく柔らかく、
気持ち良い余韻を長く伸ばす。
時間が経つに従って、次々と
美しい姿を見せてくれる奥行きは見事。

17℃以上で飲みたい。
スペインの本当の美味しさを楽しませてくれる高級品。

 レメリュリは、現在スペインで最も注目すべき醸造家
=テルモ・ロドリゲスの実家。
親に乞われ醸造を手伝ったが、
1999年を最後に同醸造所を去った。

親は伝統的スペインの踏襲を、
テルモは世界品質を望んだ為、
道が合わなかったのではないかと思う。

歳月は流れ、スペインも世界も大きく変わり、
再び実家のワイン造りに手を貸す事になった。
互いの理想…スペインらしさの維持 &
世界市場に胸を張って出せる品質
…かつては不可能だった両立を
テルモの進化と、醸造経験が可能にしたに違いない。

レメリュリの畑は標高650mと高く、
区画を石垣で囲み、分割管理している。
平均樹齢50年以上の贅沢な葡萄樹を
25区画に分けて収穫・醸造し、
凝縮した高品質ワインを得る。

このワインはリリース直後ながら、5年経過している。
国内向は“グランリゼルヴァ”だが、
輸出向はランク・ダウンの“リゼルヴァ”表記。
「長く熟成したからといって良いワインになるとは限らない。
僕がワインの声を日々聞きながら決める」
…とは、いかにも彼らしい言葉。

葡萄比、テンプラニーリョ90%、ガルナッチャ5%、グラシアーノ5%。
小樽(仏産75%、米産25%)熟成は17ヶ月。
この2005年の評価は極めて高く、既に品薄。
美味しいスペイン、このワインに極まれり!