ベルンハルト・フーバー来訪記念【全47回】[index]

憧れの人物。
誰しも心に抱くスターが居るだろう。
この業界に居て良かったと思えるのは、
遠い存在のスター達に、光栄にも会えるチャンスがある事だ。

時として、こちらから出かけて行くのではなく、
そのスターが降臨してくれる事さえあり、冥利に尽きる。

野球少年は、イチローや松井に会えば感激するだろうし、
サッカーファンは、ベッカムに会えるとなれば天にも昇る心地だろう。
私にとってそんな、いやそれ以上の人物。

ベルンハルト・フーバー。

その人がヴァン・ルパン倉敷を訪れた。

08-0322ベルンハルト・フーバー来訪記念[01]宝探し
08-0323ベルンハルト・フーバー来訪記念[02]マルターディンガー
08-0327ベルンハルト・フーバー来訪記念[03]先駆者の足跡
08-0328ベルンハルト・フーバー来訪記念[04]飲まないうちに…
08-0329ベルンハルト・フーバー来訪記念[05]ユンゲレーベン
08-0330ベルンハルト・フーバー来訪記念[06]マルターディンガー
08-0401ベルンハルト・フーバー来訪記念[07]アルテレーベン
08-0403ベルンハルト・フーバー来訪記念[08]レゼルヴェ
08-0404ベルンハルト・フーバー来訪記念[09]グローセス・ゲヴェックス
08-0405ベルンハルト・フーバー来訪記念[10]えぇのんが来ました
08-0406ベルンハルト・フーバー来訪記念[11]「えぇのん」Part2
08-0409ベルンハルト・フーバー来訪記念[12]「えぇのん」Part3
08-0410ベルンハルト・フーバー来訪記念[13]「えぇのん」Part4
08-0412ベルンハルト・フーバー来訪記念[14]ついに五房に
08-0414ベルンハルト・フーバー来訪記念[15]来てくれるって!?
08-0415ベルンハルト・フーバー来訪記念[16]来た!
08-0417ベルンハルト・フーバー来訪記念[17]シュペートブルクンダー!
08-0420ベルンハルト・フーバー来訪記念[18]セラーにて
08-0421ベルンハルト・フーバー来訪記念[19]セミナーの準備
08-0422ベルンハルト・フーバー来訪記念[20]セオリー破り1
08-0424ベルンハルト・フーバー来訪記念[21]セオリー破り2
08-0426ベルンハルト・フーバー来訪記念[22]コート・ドールの土壌と1
08-0503ベルンハルト・フーバー来訪記念[23]コート・ドールの土壌と2
08-0507ベルンハルト・フーバー来訪記念[24]コート・ドールの土壌と3
08-0516ベルンハルト・フーバー来訪記念[25]白1番
08-0517ベルンハルト・フーバー来訪記念[26]白2番
08-0519ベルンハルト・フーバー来訪記念[27]白3番 その1
08-0521ベルンハルト・フーバー来訪記念[28]白3番 その2
08-0612ベルンハルト・フーバー来訪記念[29]赤1(1)・取り憑かれた人達
08-0808ベルンハルト・フーバー来訪記念[30]赤1(2)ユンゲレーベン
08-0809ベルンハルト・フーバー来訪記念[31]赤2.マルターディンガー
08-0810ベルンハルト・フーバー来訪記念[32]赤(4)アルテレーベン
08-0812ベルンハルト・フーバー来訪記念[33]赤3(5)マルターディンガー・ビーネンベルク レゼルヴェ
08-0813ベルンハルト・フーバー来訪記念[34]白熱のライブは続く
08-0814ベルンハルト・フーバー来訪記念[35]見えない努力をする人~コルク(1)
08-0815ベルンハルト・フーバー来訪記念[36]見えない努力をする人~コルク(2)
08-0826ベルンハルト・フーバー来訪記念[37]見えない努力をする人~コルク(3)
08-0829ベルンハルト・フーバー来訪記念[38]見えない努力をする人~収穫量(1)
08-0901ベルンハルト・フーバー来訪記念[39]見えない努力をする人~収穫量(2)
08-0914ベルンハルト・フーバー来訪記念[40]見えない努力をする人~収穫量(3)
08-0919ベルンハルト・フーバー来訪記念[41]見えない努力をする人~収穫量(4)
08-0920ベルンハルト・フーバー来訪記念[42]見えない努力をする人~樽(1)
08-0921ベルンハルト・フーバー来訪記念[43]見えない努力をする人~樽(2)
08-0923ベルンハルト・フーバー来訪記念[44]見えない努力をする人~樽(3)
08-0926 ベルンハルト・フーバー来訪記念[45]沖縄プチット・リュにて(1)
08-0927 ベルンハルト・フーバー来訪記念[46]沖縄プチット・リュにて(2)
08-1002 ベルンハルト・フーバー来訪記念[47]沖縄プチット・リュにて(3)

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。

08-0923ベルンハルト・フーバー来訪記念[44]見えない努力をする人~樽(3)

樽を考えるならば、素材を厳選し、乾燥を自分で行うだけでは、
まだ完璧とは言えない。
その樽にワインを寝かせて、
思いもよらぬ方向に育ってしまったら…
どんなに良いオーク素材でも意味は無い。

100225_8

だから彼は検証する。
シュヴァルッ・バルトのオーク材で作った樽に入れたものと、
トロンセの樽に入れたワインを比較試飲した。
両者は甲乙つけがたい熟成を成し得ている事が確認できた。

100225_9

『バーデン』が将来的な樫樽産地として認識される…
という実感を得たとのこと。
我々は近い将来、樽の産地として、
シュバルツ・バルトやバーデン…といった名称を
耳にする事になるのだろう。

究極のオークを選び、
手元で最高の状態になるように育て、
実際にワインを入れて素晴らしい熟成をする確認を得たからこそ、
2007年産のものから、ドイツ産樽を使ったワインをリリースする。

その樽は、葡萄と同じく、
完璧主義者=ベルンハルト・フーバーの血が通ったものになる。

33p1ヴィルデンシュタイン

期待したい。
その樽に抱かれたワインが
舌の上で踊るダンス。

[To Be Continued…]

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。

08-0921ベルンハルト・フーバー来訪記念[43]見えない努力をする人~樽(2)

セミナーの時、プロジェクターで写し出された映像には、
樽造りをする人が写っていた。それに対して

100225_6

「実際、ドイツのオークを使っているのか?」

と質問が入った。フーバーさん、答えていわく、

「今日、飲んだものはすべてフランス産オークだ。
アリエ、トロンセ、ベルフォラン、フォゲーレ…。
しかし今、ドイツの樫を準備している。」

まぁ、150%の男だから、ドイツの樽を準備する、
と言っても、ドイツ産オーク樽の既製品を買う…
というレベルではないだろうな、とは思っていた。

100225_7

「私の醸造所から20km程離れた場所に、クリスチアンという人物が居る。
彼は、シュヴァルツ・バルトを管理し、オーク材をフランスに輸出している。
私は、彼に頼んで、標高400mほどの、砂岩に生えた
シュバルツ・バルトにあるオークを選ばせて貰っている。」

やはり、完成品の樽でもなければ、樽材の素材でもない。
なんと、フーバーさんは、オークの原木を調達していた。
しかもそのオークの素性まで徹底的に検討して…

「この人と森に入り、樹を伐採し、年輪を確認してきた。
その年輪は極めて小さく、良い状態だった。
それを伐採して貰い、醸造所の裏の広場で
3年間の天日乾燥の途中である。
一部をトロンセの樽業者に渡しており、
2007年ヴィンテージからは、ドイツ・オークを使ったものが、
全部ではないが、登場する事になる。」

“ドイツ産の樽を使う”…この言葉の意味がフーバーさんにとっては、
オークの生えている森の観察を行い、
原木の生え具合を確かめ、
さらに切って年輪や材質を確かめ、
それを製材して、自分の手元に置いて
3年間、手間暇をかけて天日乾燥させ
それを使って樽を組み上げる…という意味なのだ。

彼は繰り返し言った。
「ワインを造る構成要素は一万、いや十万通りがあるだろう。
細かい要素の改革を繰り返し、
その積み重ねで私のワインができる。」

4p1マルターディンガー

彼のワインが美しく輝くのは、誰も真似のできない、
最高の構成要素に裏打ちされているからに他ならないようだ。

[To Be Continued…]

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。

08-0405ベルンハルト・フーバー来訪記念[10]えぇのんが来ました

フーバー醸造所は、マルターディンゲン村にある関係上、
ビーネンベルク畑が、最上にして唯一の所有畑だ…
と思っていた。

が、昨年末、「えぇのんが来ました」
と輸入業者が紹介してたのが3種類。

何じゃこれは?
…と眺めて見ると、フーバー醸造所が所有する
他の特級畑から造られたワインであった。
それも今までの、レゼルヴェ以上に厳しい規格品のようだ。

まずは《ヘックリンガー・シュロスベルク》
中世の要塞を頂きに持つ畑で、歴史を紐解くと
1492年からワイン造りが行われてきた。

100211_12

要塞というくらいだから、傾斜が凄い。
最大部分は72度もあったりする。
同畑の全面積は50haあり、
フーバー醸造所は6haを所有
(うち5.49haがグローセス・ゲヴェックス)。

土壌は、シュヴァルツ・バルトの麓とすれば
非常に珍しい白い貝殻石灰層。
鋭角的なミネラルが抽出されるポテンシャルがある。

コート・ド・ボーヌに似たこの土壌は、
フーバー氏お気に入りの赤だけでなく、
白にとっても極めて好適な性質と言える。

21p1
ヘックリンガー・シュロスベルク シャルドネ QBA トロッケン レゼルヴェ 750ml

フーバー醸造所所有部分は、南もしくは南西向き、
強烈な斜度の為、日照を余す所なく吸収できる上に
水はけも極めて良い状態。

現在、ここに~35年程の樹齢の樹を植えており、
単位面積当たりの収穫量を、なんと
28hL/haまで絞り込む事により、
ちょっと凄まじいワインが産み出されている。

32p1
ヘックリンガー・シュロスベルク [R](レゼルヴェ) シュペートブルグンダー 赤 QBA トロッケン[2005]

ただし、生産量は、330箱程度。
日本に10箱も入って来ないワイン。
まさに「えぇもん」に違いない。

[To Be Continued…]

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。