ピノノワールの地図は書き換えなければ…

2007 ザルヴェイ シュペートブルクンダー 2007 トロッケン
ヴァイングート・ザルヴェイ
Salwey Spatburgunder Trocken Weingut Salwey

salweyドイツのバーデン地方は、
実力派がひしめき始めました。
このザルヴェイも4房を獲得しています。
設立は、祖父ベンノ

父コンラッド

ヴォルフ・ディートリッヒ
と、ザルヴェイ家の系譜は現在に至っています。

葡萄の生産比率は、
グラウア・ブルグンダー45%、
シュペートブルクンダー40%
ヴァイスブルクンダー12%、…
平均収量は53hL/ha、
VDPのメンバーであると同時に
バリック・フォーラムにも参加しています。

salwey_head頭封を外し、コルクのヘッドをみると、
木の目にカビが生え、良い貯蔵を感じさせます。
この時点で期待大!

が、栓を抜いて驚いたのは、短い!まるで東欧!?
ショックを隠せない短小。
いくらコルクのコストが嵩んでも、そして
長期の貯蔵の必要がないとしても
これは無いよな…と思える短さ。

このコルクで、少しばかり警戒心を持ちましたが、
ワインの内容は、文句なく充実しています。
(コルクをケチるぐらいならいっそスクリューにしたら?)
グラスに注げば、薄めの赤、しかし中心部分には、
少し紫のトーンがあります。

salwey_cork初めのうちは、微弱発泡を感じ、赤系統の可愛らしい果実味。
揺すっていると下草、ヨード、古樽の印象も出てきます。
10分ほどでそこそこ開き、オレンジの皮の風味。
ハーブとスパイスも絡み、茹で小豆も存在、
質の良いピノノワールの定番とも言える仕上がり。

ボディはミディアムより僅かに軽め、しかし決して薄くはありません。
旨味多く、たおやかな風味が心地良く迫ってきます。
巧みな樽使いは古い樽?喉越しがするすると良すぎて
つい飲み過ぎてしまう。
軽めな味わいながらも余韻はしっかりと伸びていき、
アフターテイストも豊かで、心地良い苦みが引き締めます。

構成がしっかりとしていながらも、どこかしら清楚でストイック。
お料理に合わせて、色々楽しんでみたいワインの典型。
余りに美味しく、自分でびっくりするほど飲んでしまうワイン…
ピノノワールの地図は、書き換えなければならない時期が来た
…そう実感させてくれるワインです。

09-0630 軽量化?

2007 ザルヴェイ リヴァーナ トロッケン Q.b.A
ヴァイングート・ザルヴェイ
Salwey Rivaner Trocken Q.b.A.

salwey1.jpgザルヴェイ。余り知らなかったけれど、
ゴーミヨ・ドイツワインガイド4房…
超実力派なんです。
って事で、期待いっぱいで抜栓する、
リヴァーナのトロッケン。

気合いが入っていただけに
抜栓時にズッコケました。
びっくりする程短いコルク!
質はまずまずだけど、ウソみたいに短い。

グラスに注ぐと、薄めの黄金色。
ほんの僅か、緑のトーンを持っているように感じます。

香は、かすかに白い花・柑橘特にレモン
そして鉄を連想させる匂い。

salwey2.jpgチリチリとした微発泡。それはグラスで揺する内に
少しずつ収まってきます。
外観、香、一瞬の舌触りから、ライトなのかな…
とも思ったのですが、結構ボディが膨らみます。
力強さを持って、押してきます。
そして時間が経つに従ってまとまり、
整然とした強い構成を披露してくれます。

樽の印象はほとんどありません。
丸い滑らかさを持ち、それでいて力強いボディ。
余韻がジワジワッと伸びていく上出来ワイン。
ミュラートラガウという品種のヘナヘナな感じはまったくなく、
お料理を引き立てられる構成。
経時変化を確かめながら10日を経過させましたが、
なお艶やかで、より美味しくなったような感じさえ受けました。

毎日、栓を抜く度にポンッとガスが出るけど、液体からは
既にかなり前からチリチリ感が消え、より美味しくなったようにさえ感じます。
余り知らなかったけれど、一流を実感させる造り手の技、
手抜きのない構成、魅力的なアフターと余韻。

この超一流造り手を知らなかったこと、そして38mmというコルク長。
「軽量化」と判断しながらも、
これから、ドイツのワインはどうなっていくのか…
と、期待と不安を抱きながら、交配品種「リヴァーナ」の表記を眺めた私です。

08-1101葡萄の樹3本のオーナー

100225_10

ドイツ最高峰、フーバーさんの造る
ヴァイサーブルクンダー。

葡萄は、このドイツ名で呼ぶと
馴染みが薄いような気がするけど、
ピノブランのシノニムで、結構身近。

最近ブルゴーニュでもこの品種に接し、
風味の共通性を確信できました。

バーデンは南寄りで、気候区分はB地帯。

100225_11

ドイツは北限と…いう印象よりも、
アルザスやむしろブルゴーニュと同等と考えるべきかも。

地球温暖化を叫ぶ前から、その傾向が強かったけど
今バーデン地方は、さらに空気の温みを感じる造りに
なってるようです。

そしてこの“H”は、予約販売のスペシャル・バージョン。
今、予約して、樹3本から収穫される葡萄で造られます。

『葡萄の樹3本のオーナー・ワイン』であり、
先払い、約一年後に受け取りです。

3本の樹からできるワインの本数を、
およそ4~6本と説明していますが、5本と考えて
おいた方が良いでしょう。

と、言うよりも、本数が増える事を望んだらダメ
なワインという理解が必要なようです。
「収穫量制限」という言葉を胸に、造る側に立てば
樹に実る葡萄の数をできるだけ減らし、樹のエネルギーを少ない葡萄に集中させてこそ、
ポテンシャルの高い原料になり、美味しいワインになるのですから。

…内容を把握しにくいので、消費者の理解を得られてませんが、

実は、これ、ブッちぎりで高い品質を持ってるんです。

100225_12

今は、毎年飲んでる『葡萄の樹3本のオーナー』のワインに対し

最初は懐疑的でした。

売れ残ったワインの固め売りじゃないの…って思う心が少し。
だけど、ドイツNo.1のフーバー醸造所のワインは不足状態で、
とても売れ残ったりする状態ではない…ってのに気づきました。

実際、フーバー醸造所の中を見ると、小さな別タンクで造ってる。
同じ葡萄を使う←ヴァイサーブルクンダーとどう違うか…と言えば、
内容の『密さ』が明らかにあるという点。

倉庫やワイン屋に滞留することなく、すぐに消費者に届く…
という点で、フィルタリングをほとんど行っていません。
その上、造り手も製造即、全数販売…という事で負担が無いので
品質的にかなり高い仕上がりでまとめているようです。

飲み比べれば分かるキメの細やかの差。
通常のヴァイサーブルクンダーでも
秀逸なのに、より滑らかな舌触り。
和食に合う素性ながら、さらにハイレベルな
領域へ到達しています。

常に、前年より品質が上がる…という
信じられない力を発揮するこの醸造所。
その傾向は十分にあるものの、
『葡萄の樹3本のオーナー』の場合は、
本数の増減への覚悟が必要なのでしょう。
でも例え4本になったとして、3937.5円、
通常のヴァイサーブルクンダーの定価より安いです。

100225_13
↑左2006年  ↑右2004年

複数本を使うレストランなどでは、間違いなく、“買い”でしょう。

私にとっては、「一年先に入荷する超高品質なドイツのヌーヴォー」なんです。

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。

ベルンハルト・フーバー来訪記念【全47回】[index]

憧れの人物。
誰しも心に抱くスターが居るだろう。
この業界に居て良かったと思えるのは、
遠い存在のスター達に、光栄にも会えるチャンスがある事だ。

時として、こちらから出かけて行くのではなく、
そのスターが降臨してくれる事さえあり、冥利に尽きる。

野球少年は、イチローや松井に会えば感激するだろうし、
サッカーファンは、ベッカムに会えるとなれば天にも昇る心地だろう。
私にとってそんな、いやそれ以上の人物。

ベルンハルト・フーバー。

その人がヴァン・ルパン倉敷を訪れた。

08-0322ベルンハルト・フーバー来訪記念[01]宝探し
08-0323ベルンハルト・フーバー来訪記念[02]マルターディンガー
08-0327ベルンハルト・フーバー来訪記念[03]先駆者の足跡
08-0328ベルンハルト・フーバー来訪記念[04]飲まないうちに…
08-0329ベルンハルト・フーバー来訪記念[05]ユンゲレーベン
08-0330ベルンハルト・フーバー来訪記念[06]マルターディンガー
08-0401ベルンハルト・フーバー来訪記念[07]アルテレーベン
08-0403ベルンハルト・フーバー来訪記念[08]レゼルヴェ
08-0404ベルンハルト・フーバー来訪記念[09]グローセス・ゲヴェックス
08-0405ベルンハルト・フーバー来訪記念[10]えぇのんが来ました
08-0406ベルンハルト・フーバー来訪記念[11]「えぇのん」Part2
08-0409ベルンハルト・フーバー来訪記念[12]「えぇのん」Part3
08-0410ベルンハルト・フーバー来訪記念[13]「えぇのん」Part4
08-0412ベルンハルト・フーバー来訪記念[14]ついに五房に
08-0414ベルンハルト・フーバー来訪記念[15]来てくれるって!?
08-0415ベルンハルト・フーバー来訪記念[16]来た!
08-0417ベルンハルト・フーバー来訪記念[17]シュペートブルクンダー!
08-0420ベルンハルト・フーバー来訪記念[18]セラーにて
08-0421ベルンハルト・フーバー来訪記念[19]セミナーの準備
08-0422ベルンハルト・フーバー来訪記念[20]セオリー破り1
08-0424ベルンハルト・フーバー来訪記念[21]セオリー破り2
08-0426ベルンハルト・フーバー来訪記念[22]コート・ドールの土壌と1
08-0503ベルンハルト・フーバー来訪記念[23]コート・ドールの土壌と2
08-0507ベルンハルト・フーバー来訪記念[24]コート・ドールの土壌と3
08-0516ベルンハルト・フーバー来訪記念[25]白1番
08-0517ベルンハルト・フーバー来訪記念[26]白2番
08-0519ベルンハルト・フーバー来訪記念[27]白3番 その1
08-0521ベルンハルト・フーバー来訪記念[28]白3番 その2
08-0612ベルンハルト・フーバー来訪記念[29]赤1(1)・取り憑かれた人達
08-0808ベルンハルト・フーバー来訪記念[30]赤1(2)ユンゲレーベン
08-0809ベルンハルト・フーバー来訪記念[31]赤2.マルターディンガー
08-0810ベルンハルト・フーバー来訪記念[32]赤(4)アルテレーベン
08-0812ベルンハルト・フーバー来訪記念[33]赤3(5)マルターディンガー・ビーネンベルク レゼルヴェ
08-0813ベルンハルト・フーバー来訪記念[34]白熱のライブは続く
08-0814ベルンハルト・フーバー来訪記念[35]見えない努力をする人~コルク(1)
08-0815ベルンハルト・フーバー来訪記念[36]見えない努力をする人~コルク(2)
08-0826ベルンハルト・フーバー来訪記念[37]見えない努力をする人~コルク(3)
08-0829ベルンハルト・フーバー来訪記念[38]見えない努力をする人~収穫量(1)
08-0901ベルンハルト・フーバー来訪記念[39]見えない努力をする人~収穫量(2)
08-0914ベルンハルト・フーバー来訪記念[40]見えない努力をする人~収穫量(3)
08-0919ベルンハルト・フーバー来訪記念[41]見えない努力をする人~収穫量(4)
08-0920ベルンハルト・フーバー来訪記念[42]見えない努力をする人~樽(1)
08-0921ベルンハルト・フーバー来訪記念[43]見えない努力をする人~樽(2)
08-0923ベルンハルト・フーバー来訪記念[44]見えない努力をする人~樽(3)
08-0926 ベルンハルト・フーバー来訪記念[45]沖縄プチット・リュにて(1)
08-0927 ベルンハルト・フーバー来訪記念[46]沖縄プチット・リュにて(2)
08-1002 ベルンハルト・フーバー来訪記念[47]沖縄プチット・リュにて(3)

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。

08-0923ベルンハルト・フーバー来訪記念[44]見えない努力をする人~樽(3)

樽を考えるならば、素材を厳選し、乾燥を自分で行うだけでは、
まだ完璧とは言えない。
その樽にワインを寝かせて、
思いもよらぬ方向に育ってしまったら…
どんなに良いオーク素材でも意味は無い。

100225_8

だから彼は検証する。
シュヴァルッ・バルトのオーク材で作った樽に入れたものと、
トロンセの樽に入れたワインを比較試飲した。
両者は甲乙つけがたい熟成を成し得ている事が確認できた。

100225_9

『バーデン』が将来的な樫樽産地として認識される…
という実感を得たとのこと。
我々は近い将来、樽の産地として、
シュバルツ・バルトやバーデン…といった名称を
耳にする事になるのだろう。

究極のオークを選び、
手元で最高の状態になるように育て、
実際にワインを入れて素晴らしい熟成をする確認を得たからこそ、
2007年産のものから、ドイツ産樽を使ったワインをリリースする。

その樽は、葡萄と同じく、
完璧主義者=ベルンハルト・フーバーの血が通ったものになる。

33p1ヴィルデンシュタイン

期待したい。
その樽に抱かれたワインが
舌の上で踊るダンス。

[To Be Continued…]

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。

08-0330ベルンハルト・フーバー来訪記念[06]マルターディンガー

ユンゲレーベンの次に飲むのは、当然ながら、
2.「マルターディンガー」の表記があるワインになる。

1.ユンゲ・レーベン  —- ブルゴーニュ・ルージュ

2.マルターディンガー —- ブルゴーニュ村名ワイン

3.アルテ・レーベン  —- プルミエ・クリュ

4.”R” レゼルヴェ   —- グラン・クリュ

これが対応するのは、ブルゴーニュ村名品。
具体的に言えば、ニュィ・サンジョルジュやヴォーヌ・ロマネ、
そしてジュヴレィ・シャンベルタンという事になる。

現在ではそれを意識するかのように
『マルターディンガー』
という村名のみの表記に変わっている。

100211_7

ピノノワールのワインとしては、最も古くも伝統的、
13世紀に世界最高の品質を誇ったその名前が誇らしげに感じる。
何百年もの時を経てベルンハルトの手によって蘇らされた宝は
類い希な輝きを放つ。

4p1
フーバー マルターディンガー シュペートブルクンダー Q.b.A. トロッケン750ml

その造りは樹齢12~20年のピノノワール。
貯蔵樽は、2~3回使用の古樽で12ヶ月を費やす。

このグレードが最も天候の影響を受け易いように私は感じている。
時として膨らみ、時としてシャープな表情を見せた事もあったから。
その相違こそが、テロワールを忠実に
表現できていること…の証に違いない。

[To Be Continued…]

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。

08-0328ベルンハルト・フーバー来訪記念[04]飲まないうちに…

芸者にチョンマゲ、腹切り、フジヤマ…
これこそが日本だ!と言えば、そのズレに
笑いが漏れるだろう。

それは、「白の甘口」とドイツワインを断じる事に似ている。
既に生産量の3割以上が赤、そして4割が辛口白になっているのだから。

その赤のトップは、強烈な速度で進化し、
ブルゴーニュの特級に肉薄、いや凌駕さえする者が出現している。

100211_5

本質に迫ろうとしない人には、形骸化したカサブタしか見えない。
しかしそれが剥がせたなら、
飛び散るマグマの奔流が、さらなる進化を続けているのが実感できる。

フーバー醸造所のワインは、客観的に見て、
毎年、品質が上昇している。
1990年代終わりよりも2001年が良い。
そして2002年の方が美味いし、
猛暑の2003年はさらに良い。
それよりも冷涼な2004年…と、
天候さえも越えてしまう進化を驚く以外にない。

フーバー醸造所の、畑の土壌は概ね
ニュィと同じ少し赤みを帯びた貝殻石灰岩層。
品種も同じピノノワール。ディジョンのクローヌ。
収穫量は、より厳しく絞り、なんと30hL/ha以下。
高品質な新樽を、贅沢に使う。
より良い畑の、より良い場所を得ていく。
そして徹底的に勤勉、最高の哲学を有する技の冴え。

世界の頂点の一つとなっても何ら不思議はない。
地球温暖化が拍車をかける。
だからこそ、国賓歓待にも使われるようになった。

11045p1
フーバー
シュペートブルグンダー
“R” レゼルヴェ

余り誰もが飲まない内に、
世界の高みへ駆け上がってしまった造り手…それがフーバー。

できれば今の内に楽しんでおきたい。
既にドイツ国内でも入手が難しいのだから。

[To Be Continued…]

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。