私を先に導くストーリー【仲村わいん工房】

Non がんこおやじの手造りわいん
仲村わいん工房

Part06

gankooyaji05裏ラベルには、
「自家農園葡萄を100%使用し、
手造り醸造で1本1本丹念に仕上げました」
と記されています。

こんな言葉、昨今のネット社会で氾濫し、
私自身、辟易としています。
逆に、この言葉を発した人は信じない…
という行動パターンが、体に
刷り込まれているような気さえします。

しかし、性根の入った人間が、言葉通りに造ったらこうなるんだ…
と感じさせてくれる味に出会い、私の心は喜びに震えています。

私は、今の仕事を貫く意志を固めたその日から、
自分の味覚しか頼りにしていません。
その、己の舌が命令するのです。
このワインを造った人物と会え。
そしてこの味を多くの人にお伝えするんだ…と。

これほどのワインがなぜ、大阪で造られるのか、
どこで修行したのか?
…我流で到達できるレベルでないのがすぐに分かるのです。

葡萄は何?どんな樽を使ってる?
年に対する考え方は?どんなポリシーで醸造している?

全てが、謎だらけ。
根幹は、このワインの風味が湧き立たせてくる感動。
その陰に隠れているものを少しでも知りたいのです。

翌日、すぐに電話をかけました。
忙しいのは承知しているが、ぜひとも会いたい!…と。
嫌がられたとしても、これほどの味を造れる人物が、
味を理解した者をムゲに扱うはずはないと思ったからです。

決して自信家ではない私ですが、
必ず受諾して貰える…という予感を持っていました。
このワインの味が、熱い心を抱えて疾走してきた者への、
『ロックの神の啓示』にも感じたからです。

この出逢いこそが、新たなる道標となり、
まだまだ、私を先に導くストーリーを用意してくれている…
そんな気がしてならなかったからです。

[To Be Continued…]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です