09-1121 クリスマス的ルックス?

2009 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
ドメーヌ・レ・グリフェ(ピエール・デュルディリ)
Beaujolais Villages Nouveau
Domaine Les Gryphees Pierre Durdilly

091121_8この輸入業者は、いつも違ったドメーヌを紹介してきます。
前年が良かっただけに、変えるのはもったいないなぁ…と感じてます。
が、今年も、全く初めてのドメーヌを輸入してきました。

何せ、昨年飲んでないので、お客様に問われた時、
飲んでない私は、味わいを伝える事ができない…
という苦しさがあります。
「この輸入業者の持ってくるものは、毎年変わって、
毎年品質が極めて高いです」
と、言い訳めいた事を言わなければならないのがネック。

外観を見て、参加者の中から
『クリスマスを感じさせる』  という声が上がりました。
確かに。でもルックスだけじゃなく、内容は??

091121_9期待通り、濃い!
色濃く、紫のトーンを持ちながら、
美しいく艶のある外観。
しかし濁らずクリアーさを持ってます。

抜栓すぐに立ち上がってくるのは、
ストロベリー等の赤い果実系の香。
それに加えてバナナ。パイナップルなども。
まとまり良く、しなやかでエレガント。
多分、この日飲んだヌーヴォーの中では
最もまとまり良い美しさ。

どの要素も前へ出すぎようとはせず、
節度をもってバランス。
どれもが美しくまとまります。

いや、これは…、やはり上出来。
濃度もあって、果実は派手でなくバランス、
旨味も滑らかさの中で引き立ちます。

飲み残した翌日は、果実味がより前へ出て、
フルーティーさと果実の甘さが楽しませてくれました。
これは上出来、そして間違いなく『上質』。

私の評価は、2009年No.1! 参加者全員での評価は3位を獲得。
当たり!のヌーヴォーです!!

[同蔵元の、ヴィラージュでない、通常のヌーヴォーもあります]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です