06-08-28魅力的なスペインワイン [07] イベルノーブレ1996年 コセッチャ

Pocket

スペインのワイン産地はリオハ、そしてナヴァラ…
というのがかつての定番でした。
そして1990年代中盤から注目を集めたのが、
この醸造所があるリベラ・デル・デュエロ地方です。

よく耳にする“イベリア”地方であり、
ワイン名は、それにノーブレ(貴族)と続けています。

同地の共同組合だった醸造所をベースとして、
国際マーケットに通用するワインを!という意気込みで
醸造家を招き入れ、すべてを刷新してスタートしたのです。

同地では降雨量は極めて少ないのですが、
貫流するデュエロ河のおかげで灌漑設備を必要としません。
また海抜800mなので、一日の温度差が激しく、
酸の生成に好適です。
土質は石灰質の赤土が主体であり、ほとんど
チント・フィノ(=テンプラニーリョ)が植えられています。
所有畑の樹齢は最高で100年を越しますし
平均40年程度という贅沢さです。

このような好素材・条件を取り揃えている所に
醸造家を招いたのですから、当然、年毎に品質レベルが上がり、
コンテストでも常勝のレベルに達しています。

この1996年はチント・フィノ90%、
カベルネソーヴィニヨン10%で、
甘ささえ感じさせてしまうほどのフルーツ味、
さらに時の積み重なりの中で煎茶のような芳香を浮かび上がらせ
角が取れてまろやかになっています。

40%OFF!抜け出せない魅力満載!
スペイン超熟成 赤6本セット

    
このセットの一本(右下がラベル)がイベルノーブレです。

オリが多目に出ていますので、お手元に届いたら少し立てて置き、
できればデキャンティングを。
17℃付近に設定すればラベルの絵のように、
収穫を祝う貴族になったような気分にさせてくれる1本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です