08-0927 ベルンハルト・フーバー来訪記念[46]沖縄プチット・リュにて(2)

Pocket

この雰囲気を悟れば、
そして沖縄という土地柄を考えれば、
これはもう、皆で飲むしかない!
と心が動いた。

img2b145186zikbzj

この心優しき人達が、ワインに接し、理解し、
楽しんでいるのを見ると、
究極のピノノワールの一つである
このヴィルデンシュタインを飲んで頂くしかないだろう。

imgd80ff878zikdzj

って事でソムリエの資格も持つ新屋シェフに開けて貰う。
シェフは、大きなグラスを8つも出してきた。
良く考えると、ワインが売れない店で、こんなにグラスが、
しかも数があるはずはないのだ。

img7ac028b3zik4zj

注がれるヴィルデンシュタイン。
緩やかに弧を描きながら美しく動く。
立ち上がるのは、しっかりと樫樽で熟成させた、たおやかな香。
そして赤いフルーツの香が玉手箱を開けたように溢れる。
白眉の爺ぃになろうとも、手の中の珠を揺らし続けるしかない。

img8807a408zikazj

ヴィルデンシュタインは鉄分が比較的多いビーネンベルク畑の中でも
最も多く含むので重めになる…
という先入観が、全く違っていた。
この珠からの滴りは、優雅、それ以上に
時の流れを忘れさせるスケールで展開されていく。

8p1
マルターディンガー・ヴィーネンベルク シュペートブルクンダー QBA レゼルヴェ

ビーネンベルクのレゼルヴェに、
ベルリンで鴎外の見たであろう舞姫をオーバーラップさせていたが、
このヴィルデンシュタインは、さらに異世界へ…

33p1
ヴィルデンシュタイン

緻密な美しさに浸りながらも、周囲に飲まさずには居られない。
これこそは甘露!とばかりに、口に運ぶ。
止まらない余韻に酔いしれる私の舌の上で
時空を忘れさせる乙姫の舞が続く。

優雅・エレガンス・上品・可憐…赤いフルーツのてんこ盛り
複雑で深く、長く続き途切れない味わい。
しかし難解でなくシンプルに美味しい。
酒躯はファットでもパワフルでもない。
にもかかわらず美しく流麗で整っていて、後へ後へと要素が湧き上がる。
名残惜しさが途切れないような余韻。その優雅で細い心の糸に引きずられ、
更に注いでしまう、もう一杯。

img36a56805zik7zj

この日、沖縄の公設市場の片隅にあるプチット・リュでは
竜宮城の門が開き、乙姫の舞が繰り広げられた。
真にワインを愛する店主・奥さんそしてお客様のおかげである。

imgac712901zikbzj

我が家の家族は、それを実感し、嬉しくてしようがなかった。

ベルンハルト・フーバー来訪記念ストーリーはこちら
[To Be Continued…]

フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます↓
フーバー醸造所のワインはこちらから購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です