10-0325 トラミナー…

2006 ノルトハイマー・フォーゲライン
トラミナー シュペートレーゼ トロッケン
グラサー・ヒメルシュトス

Nordheimer Vogelein
Traminer Spatlese Trocken
Glaser Himmelstoss

フランケンの辛口シュペートレーゼ。
しかも造り手は超一流のグラサー・ヒメルシュトス。
葡萄品種が『トラミナー』。
このスペックなら、ワイン屋として
試さなければならない事項がある。

つまりは、辛口、フランケン…だけならば
食事との相応の調和を求めて終わり。だが
超一流蔵元・上級品たるシュペートレーゼ、そして
芳香溢れる葡萄品種なればこそ
挑まねばならない難問。それは、
“刺身との調和”。
もちろん、素の状態でなく、
ワサビをちゃんと使い、活きの良いネタ。

鯛の刺身。
どうだ!?
と口に運び、マリアージュを探る。
調和のみ追求して89点か。
十分に合ってる。多分、和食の店で出して良いレベルに到達。
だけど、飲み手・食べ手を驚かせる領域には届かない。
これほどのワインであっても、
「おいしいよ。合ってる。」という状態。
悔しいけど、刺身はやはり難しい。

そこで、他の素材に合わせてみると…
これはもう、非常に良い。
ハム類、和食、焼き魚、煮豆、肉じゃが…
我々が食べる日本食には、極めて相性が良い。

香は、バラ、白い花、マスカット、紅茶、カリン、
パイナップル、焦げた砂糖…など。
舌触り滑らか、旨味多く複雑、多くの要素が凝縮。
ボディしっかりの辛口、後味も豊かで長い。

この液体は、果実から滴ったもの…それを感じさせてくれる
美味しいワインだ。

ノルドハイマー フォーゲライン トラミナー シュペートレーゼ トロッケン[2006]グラザー・ヒンメルシュトス 750ml