09-0815引き込まれるようなピノの魔力

2007 マイヤー・ネイケル シュペートブルクンダー “S”

Meyer-Nakel Spatburgunder ‘S’ Qualitatswein

100225_32ドイツワインガイド・ゴーミヨ2004年版で
「その年の生産者」に選ばれたマイヤー・ネイケル。
伝統的に赤が多いアール地方とはいえ、
栽培面積の75%がシュペートブルクンダー。
リースリングに至っては、ドルンフェルダーと合わせて5%。

こいつは、最初から凄んでいる。
黒くシンプルないでたちに、自分が圧倒されているから
そう感じたのかも知れない。

年号の下に記された“S”の文字は、金バッジのごとく
恫喝し、畏敬を強要してくるかのよう…。

対決は、初対面の2007年。
グラスを傾ければ、エッジは少し薄め、中心は黒っぽい。
出荷間もないからだろうが、ピノノワールとしては標準的。

香は、まず、樽・下草・ヨード・ヴァニラ。
赤い果実。上品なイチゴ。可愛らしいチェリー。ハーブ。
もっと果物…メロンなども。
さらに気持ちの良い焦臭。
香気成分が湧き立ってくる。
「この香だけで御飯が食べられる」…って表現が変かな?

舌触りの角がなく滑らか、タンニンも角が取れ丸いので
するすると口に入り喉を越そうする。
しかし、アルコール度数は14%表示されている通り、
酔いが後から追いかけてくるのでご用心。
風味の中に塩辛さにも似たミネラル分。
…もしかすると土壌に起因?

味わいの複雑さは他の追随を許さない。
アフターテイストも豊かで、余韻も極めて長い。

この複雑さ、馥郁たる香、緻密さ、文句無し。
引き込まれるようなピノの魔力、その封印を解くには、
4時間ほどをかけて飲んでみるのも良いかも…。

09-0114 赤銅色の輝き

2005 マイヤー・ネーケル シュペートブルクンダー
ヴァイスヘルプスト QBA
 

Meyer-Nakel Spatburgunde Weissherbst Q.b.A AHR

マイヤー・ネーケル。
ドイツのアール地方で1・2を争う造り手。
ゴーミヨ(ワイン評価本)でのランクは4房、
全ドイツで見ても、ほぼトップレベル。

img85b65d63zik2zj

辛口が得意、そして栽培面積の
75%がピノノワールという比率は、
旧来のイメージでは特異に見えるでしょう。
しかし、食事に合わせる…
という目的で造られていると考えた時、
すべてが合理的に見えてきます。

単一葡萄品種で、等級がQ.b.AかQ.m.P.のロゼを
『ヴァイスヘルプスト』と呼びますが、
このワインは、贅沢にも100%ピノノワールです。
グラスに注いだ時の色は、まさに赤銅色。
ピンクとかゴールドと言うより、カッパー。
食べ物の美味しさを引き立てる輝き。

「ロゼなんて」…というのは、何世代も遅れた感覚。
甘さを捨て去り、収穫量を制限し、凝縮感を得た上に、
樽を巧みに使って複雑さを与えたホンモノの辛口です。

お料理との調和を考え、研究・検討を重ね、
高い領域でマリアージュを成し得るべく
見事なバランスに仕上げられたワイン。
ホンモノの「ロゼ」として認識する必要を感じる存在です。

imgbee9da50zik4zj

香の要素はさほど多くはないのですが、不思議に飽きさせません。
下草、そしてベリー系の香。
舌にほんの僅かチリチリとした微発泡、
ボディはスリムですが、続いていく余韻は豊かで、
楽しみをどんどん延ばしてくれるかのようです。

これは、他では決して無い味わい。
飾り気や嫌味の無いシンプルな風味、しかし本質へと至るものです。
心地良い微発泡を楽しみながら喉の奥へと滑らせていると
お料理が次々と頭の中に浮かんできます。
しゃぶしゃぶ、天ぷら、煮豆、トンカツ、サーモン、肉じゃが、沖縄のアグー…
止まらない想いは、ワインが引き出す幻想なのでしょうか。

お料理を引き立てるワインとは、きっとこんな味と香。
分かる人にだけ勧めたい、究極のロゼワインです。