07-0417ニーロン2005年 [04]ヴェルジェが人気?

Pocket

2004年のニーロンのワインの、村名と1級4つ
レ・ショーメ
レ・シャンガン
クロ・ド・ラ・マルトロワ
レ・ヴェルジェ
は、昨年、ワイン教室で水平試飲して、意見を求めてみた。

村名でも突出して美味しいのだが、
一級はやはり驚くべき凝縮感。
新樽の使用比率が低めなのでリリース直後から飲めるのが
ニーロンの良い所。

もちろん、熟成させれば美味しさが
伸びてくるのは間違いなさそうだけど
意固地になって熟成させなければ…と言い張る必要はなく
若い内から分かり易いのが魅力の一つ。

柑橘とバター、こってりとすっきり
ナッツと蜂蜜、香ばしさと滑らかさ…

ワイン教室の中級で生徒さんに判断して貰った結果は…
(僅差である事をまずお断りして)
4品目の中で、最も人気を得たのはレ・ショーメ。
やはり最も樹齢が高い…という点がテイスター達に受けたのだろう。
           
  シャサーニュ・モンラッシェ 
  プルミエール・クリュ レ・ショーメ [2004]
    ミッシェル・ニーロン

        7,830円 (税込)

二番目はクロ・ド・ラ・マルトロワ、
           
  シャサーニュ・モンラッシェ
  プルミエール・クリュ クロ・ド・ラ・マルトロア [2004]
   ミッシェル・ニーロン

        7,830円 (税込)

三番手にレ・シャンガンとレ・ヴェルジェが並ぶ…
                       
 シャサーニュ・モンラッシェ   シャサーニュ・モンラッシェ
  プルミエール・クリュ        プルミエール・クリュ
  レ・シャンガン [2004]      レ・ヴェルジェ [2004]
  ミッシェル・ニーロン         ミッシェル・ニーロン

    7,830円 (税込)        7,830円 (税込)

という結果になった。(再度申し上げれば僅差。一級はどれも凄い)

しかし今年、お客様から「レ・ヴェルジェが最も人気が高い」と聞いた。
昨年の試飲では、ヴェルジェはレ・ショーメの後塵を拝した
結果だったのに…?。
確かにすばらしいワインだけれど、少なくとも
他の1級より突出したという印象は無かった。
なぜ人気が高いのだろう?と不思議に思った。

が、理由らしきものが判明した。
ロバート・パーカー・Jr.が彼の著作“ブルゴーニュ”で
以下のように書いたせいではないだろうか。

「蜂蜜のように芳醇なシュヴァリエ=モンラッシェと、
 バタール=モンラッシェの入手には大金を要するが、
 1級レ・ヴェルジェはほとんど引けをとらぬ品質 のうえ、
 値段はその何分の1かである。」

絶大な影響力のある彼がこう言ったのだから、
ヴェルジェの人気が出るのは当たり前だ。
しかし、同じ本に、マルトロワなどを“僅かに造っている”
としか書いておらず
他の1級を、このブルゴーニュの出版時に
どの程度飲み比べているか…は疑問の残る所。

もし、本当に、すべての一級と特級を同時に試飲していたすれば
多分、「1級レ・ヴェルジェ」の部分が、「彼の造るほぼすべての1級」
置き換わっていたのではないか…と私は思う。

いずれにせよ、彼が書いた事により、アメリカ市場からの引き合いが
異様に多くなるのは想像に難くない。
その為、“品質が高い”でなく、“人気がある”という
伝わり方をしたのだと私は想像している。

実際の比較試飲では、1級はどれも超高品質であり、
その品質差は僅少と判断できるもの…
どれを飲んでもニーロンなら楽しめる(私なら、まずレ・ショーメから)
と言うことができる。
                           [To Be Continued…]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です