06-0922 ボージョレ・ヌーヴォー [08] 造り手毎のレポート5

Pocket

実は、昨年のこの試飲の時までに、
売り切れてしまった銘柄が数点あった。
それについては、並べての比較試飲はできなかった。

時を空けて、また時間は前後しているが、
それについてもレポートを記しておく。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
17.ドメーヌ・プレーニュ ボージョレ・ヴィラージュ

ラベルは漫画の腑抜けた猫の絵。
日本では、酒に酔った人をトラに例えるが、
ヨーロッパでは猫とする場合が多いように思う。
多分、そういった事からこのラベルがデザインされたのだろう。

ドメーヌの所在地はクリュ・ボジョレを名乗れるレニエ村、
葡萄樹の平均樹齢は40年、奥行きのある味わい。
果実のフレッシュさがチャーミング、
しかし薄っぺらではないのが良い。

英国ワイン誌デカンター2005年2月で優良生産者として紹介され、
ヴィニュロン・アパンダンのコンクールで2005年物が銀賞受賞。
…レベルの高さは認められるべき内容と言える。

[品 質→ 普通 良い 優良 ●秀逸 最高] なかなか。
[質対価→ 普通 良い 優良 ●秀逸 最高] まずまず。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
18.ジョエル・デュポン ボージョレ

飛びきりの品質とは言えないが、一昨年の試飲では
ネゴシアン系の十把一絡げのヌーヴォーの中では
ほんの少しだけレベルが高かった。

そこで昨年は、
「伝統ある造り手のハイグレード品。」
…なんてコメントをつけたら、早々に売り切れ、
残念んがら昨年(2005年)は試飲できなかった。

でも、もし、一般的な有名ネゴシアンと価格差が少ないならば、
私ならば、こちらを選びたい…と思う。

[品 質→ 普通 ●良い 優良 秀逸  最高]良い~優良の間?
[質対価→ 普通 良い 優良  ●秀逸 最高]コストパフォーマンス良。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
19.ジョエル・デュポン ボージョレ・ヴィラージュ

上の18.のヴィラージュ版。
同じく飛びきりの品質とは言えないが、一昨年試飲で
良好の印象(ネゴシアン系としては)を得たので、
昨年の注文シートに一行のコメント
「高い品質、充実した内容。」
と書いたら、一番最初に売り切れてしまった。

コストが横並びならば、ネゴシアンのヴィラージュものとしては
良好のパフォーマンス。
従って、品質を追求する人には物足らないだろうが、
コンビニ品質よりちょっとだけ上を望むなら好適と言えるだろう。

[品 質→ 普通 ●良い 優良 秀逸  最高]良い~優良の間?
[質対価→ 普通 良い 優良  ●秀逸 最高]コストパフォーマンス良。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

たった一言のセールス・トークで、
売り上げは変わってしまうのだ…
という事を昨年は身をもって体験した。

[To Be Continued..]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です