09-0630 軽量化?

Pocket

2007 ザルヴェイ リヴァーナ トロッケン Q.b.A
ヴァイングート・ザルヴェイ
Salwey Rivaner Trocken Q.b.A.

salwey1.jpgザルヴェイ。余り知らなかったけれど、
ゴーミヨ・ドイツワインガイド4房…
超実力派なんです。
って事で、期待いっぱいで抜栓する、
リヴァーナのトロッケン。

気合いが入っていただけに
抜栓時にズッコケました。
びっくりする程短いコルク!
質はまずまずだけど、ウソみたいに短い。

グラスに注ぐと、薄めの黄金色。
ほんの僅か、緑のトーンを持っているように感じます。

香は、かすかに白い花・柑橘特にレモン
そして鉄を連想させる匂い。

salwey2.jpgチリチリとした微発泡。それはグラスで揺する内に
少しずつ収まってきます。
外観、香、一瞬の舌触りから、ライトなのかな…
とも思ったのですが、結構ボディが膨らみます。
力強さを持って、押してきます。
そして時間が経つに従ってまとまり、
整然とした強い構成を披露してくれます。

樽の印象はほとんどありません。
丸い滑らかさを持ち、それでいて力強いボディ。
余韻がジワジワッと伸びていく上出来ワイン。
ミュラートラガウという品種のヘナヘナな感じはまったくなく、
お料理を引き立てられる構成。
経時変化を確かめながら10日を経過させましたが、
なお艶やかで、より美味しくなったような感じさえ受けました。

毎日、栓を抜く度にポンッとガスが出るけど、液体からは
既にかなり前からチリチリ感が消え、より美味しくなったようにさえ感じます。
余り知らなかったけれど、一流を実感させる造り手の技、
手抜きのない構成、魅力的なアフターと余韻。

この超一流造り手を知らなかったこと、そして38mmというコルク長。
「軽量化」と判断しながらも、
これから、ドイツのワインはどうなっていくのか…
と、期待と不安を抱きながら、交配品種「リヴァーナ」の表記を眺めた私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です