10-0413 世の中の流れの中で…

2007 ピノ・ビアンコ
ヴェネツィア・ジューリア・IGT
ルカ&パウル
Pinot Bianco Venezia Giulia IGT
Luca & Paul

このワイン、抜栓すぐは
少々物足りない…
というよりもバランス感に欠けていた。
しかし、時間が経って空気に触れるとドンドンよくなる。
なかなか深い樽使いの本格派だ。

ピノ・ビアンコ100%。単位収量42hL/ha。
手摘みで、420箱/年の生産という零細醸造所。
発酵は、ステンレスタンクと樫樽。主発酵後、
樫樽とステンレスタンクでマロラクティック発酵。
熟成は、500リットル・新樽100%で15ヶ月の樽熟。
バトナージュも行う。

だからこそ、この深くて複雑な味わい。
乳酸がしっかりと増えていて、樽のニュアンスが凄い。
酒質が強く、二日目・三日目の方が味わいを発揮し、より楽しめる。

飲み残したら単純にスクリューキャップを締めるだけ。
そして冷蔵庫に入れておけば良い。
翌日は、より美味しいワインに化けてしまう…
という不死身のボディ。
香も、ヴァニラ、ナッツ、バターなど、
こってりした印象を助長させる要素が前に出て、
原材料の確かさ、醸造・熟成の手抜きの無さが味わえる。
舌触り滑らか、旨味もある上にミネラリー、
ふくよかでビターな締まりが何とも言えない世界へ誘う。

この価格は、超お買い得。
放出品だけに、早めに確保したいワイン。

10-0204 ゴルゴンゾーラが…

ゴルゴンゾーラ ドルチェ パック 200g
Gorgonzora Dolcificato Costa
Mario Costa

100205_1チーズは、出荷側の都合で
どんなスタイルが来るか分からない…
というのがウチの入荷状況。
今回は、ゴルゴンゾーラのドルチェの
パック物が多く入荷してきた。
200gと、なかなかの量。ならば、
チーズとワインのマリアージュを追求し、
お料理にも使って頂こうと考えた。
チーズの定価は1,995円なので、この際、
思い切った価格設定で、送料も無料にしたい。
まずはお料理。
100205_2《ゴルゴンゾーラのパスタ》
超・簡単レシピ↓〈1人前〉
1.パスタ 80gをアルデンテに茹でる

2.ゴルゴンゾーラ 50g・牛乳50ccを
パスタを茹でる間に別鍋に入れ弱火で
煮溶かす。

3.茹で上がったパスタと2.を絡め、仕上げに黒 胡椒を少々。
あっという間に、我が家はご機嫌イタリアンオステリア!!
100205_3てぇことで、仕上がったお料理の
ゴルゴンゾーラソースのパスタと、
ワインを合わせてみる。
手っ取り早く、イタリアンが手元にあったので、
とりあえず飲んでみた。
このワイン、極めて上出来。凄く美味しい。
ソアーヴェなのに、南国の果実や、干葡萄、
蜂蜜の香などが立ち上がる複雑な味香。
が、このソースには、少々負けてしまう。

と言うことで、取り出してくるのが、このワイン。100205_4
イタリアを左向き長靴とするならヒールの部分、
プーリア州の代表的な赤。
造り手によって品質差が大きいが、
このロッカ・ディ・モリのレベルの高さには感服。
沢山の果実が詰め込まれた風味、しっかりしたボディ、
豊かな後味と長い余韻。
パスタに引き合わせてみると、これはもう、最高!

イタリア人…ってこんな美味しい物ばかり食べてるのかな…
と思えるほどに、うまく調和。

お料理が面倒…と仰る方には、このチーズをアテにして
ワインをお楽しみいただけば、それはそれで上々のマリアージュ。

チーズはワインと何でも合う? とんでもない!
選りすぐったパートナーを引き合わさなければ
ちぐはぐな出逢いになってしまう。
だからお試し頂きたい、このセット。

5744set

定価合計4,095円を、超特価 2,980円で
しかも関東~九州を送料無料で設定しました。
ぜひお試しあれ!!

06-0820今、最も魅力的なイタリア…ファルネーゼ6 カミッロ親父が求めた「最高」[9]

ファルネーゼは、レベルの高いワインを
造り続けてきたと私は思います。

しかし、前にも申し上げたように、
「流れに逆らわない」スタイルである為、
どうしても一流の一歩手前と見る人がいる。

ならば、そんな人をも頷かせてしまう品質を造ろう…
と取り組んだのが、このエディツィオーネ。
醸造責任者のF.バカラーノとフランス人醸造家JM.サブーアの
二人にその原材料を探させました。

結果的に原料葡萄が、アブルッツォ州とプーリア州にまたがったため、
法律規定により年号の表示ができません。
従って、03とか05…というように、
何度目に出したかを表記してます。

100107_18

年号を表記していないワインは偏見を持たれる…
という危惧を抱くカミッロ親父に、
ヒュー・ジョンソン(彼がブレンドに立ち会っている)は、

“良いワイン”を造りたいならヴィンテージは必要。が、
“真に偉大なワイン”を造り上げたいのであれば、
そんなことを気にかける必要はない。品質がすべてだ」

と言ったそうです。

セパージュは、

モンテプルチァーノ33%
プリミティーヴォ30%
サンジョヴェーゼ25%
ネグロアマーロ7%
マルヴァジア ネーラ5%

…と、かなり大胆に、そして緻密に組み上げられています。
(多分、前三者で大胆に外枠を造り、
後二者で隙間を埋めたのでは…と感じます)

単一品種はそれで美しい。
だけどブレンドをすれば、より高みに到達できるとすれば
是とするか否か…
いえ、もっと大胆に、制約を外してしまい、
自分の手元で最高のワインを造るには…
と考えて登場したのがこのワインかも知れません。

エディツィオーネ
チンクエ・アウトークトニ No.05
ファルネーゼ

一つ一つはただの切石でも、
最上の技術と、至高の目的を持って構成すれば、
精密な石垣となれる。
個々の石の生まれと、積み重ねた者の心を知れば
その集合体のエッジが描く曲線が、
空間を美しく切り取っている事が見えてくる。

初心者にはストレートで美しく、
エキスパートには、緻密で深く、そして隙がない。
見事な構成のように思います。
色は濃く深い。詰まった果実味、タンニンはきめ細やかで滑らか、
どの要素も巧みにバランス。

セールス・トークとして、
シューマッハがパレット買いする…
ってのは有名な話ですが、カミッロ親父も「本当だ」
と言っておりました。

まぁそれはF1のファンに任せておいて、
イタリア・ワイン好きとしては、

イタリアソムリエ協会のドゥエミラヴィニで最高評価の5つ房獲得!

ワイン評価本ルカマローニ(イタリア赤ワイン部門)で第1位獲得!

って方が重要でしょう。

そして何より重要なのは、カミッロ親父が
心血を注いで造った、プレスティージ・ワインだということ。
彼の人生が、そのままこの液体には表現されている。

愛すべき親父=ドン・カミッロ。
ファルネーゼはいつもあなたを
「おいしい!」と言わせようと頑張っているのです。

(生産量が少なく、現在は奪い合いになってます。
市場に出てたら買って損はない…と私は思います。)

06-0819今、最も魅力的なイタリア…ファルネーゼ5 カミッロ親父自慢の新DOCG[8]

1582年、当時のファルネーゼ王子と
オーストリアの王女マルゲリータが結婚、
この地を訪れた時に、風景と気候に我を忘れ
生活場所に決めた…と記録されているそうです。

それからここのワインは間もなく
ヨーロッパの王室のテーブルに
使われ始める事になったそうです。

この流れを受け継いでいるからこそ、
現在も自家所有畑が合計80haあり、
かなり良好なテロワールを持っているのです。

その優秀性は、2003年に制定された新DOCG
Montepulcian d’Aburuzzo Colline Teramane
(モンテプルチアーノ・ダブルッツォ コッリネ・テラマーネ)
に指定される地域に、多く所有畑が含まれている事からも
お分かり頂けるでしょう。

100107_16
流れに逆らわない生き方だからこそ、
カミッロ親父はこの新DOCGもすばやく
発売してます。

果実味と細やかなタンニンが売りだった
カサーレ・ヴェッキオの上級的な位置づけで、
しっとりと上品な味わいが自慢です。

100107_17
モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
コッリーネ テラマーネ
[2003] ファルネーゼ

カカオやベリー、プラムの凝縮した香、
しっかりと詰まったボディは飲み応え十分。
外観も派手でカッコ良いです。

10数年前には田舎の安ワインだ…と言っていた
モンテプルチアーノ・ダブルッツォは
ここまでスゴいワインに進化してしまったんだ…
と感動させられる充実ワインです。

06-0818今、最も魅力的なイタリア…ファルネーゼ4 カミッロ親父はwise or clever[7]

伊=ファルネーゼのカミッロ、
独=フリッツ・ハークのヴィルヘルム
二人のセミナーが終わった後、夕食の場所への移動は
近場という事もあり徒歩となりました。

輸入業者の女性スタッフが、
夕食の時に飲むワインを運んでいたら、
ドイツ人のハークさんは、
「俺が持ってやる」声をかけます。

おぉ、お堅いイメージのドイツ人にすれば…
と思ってたら、イタリアのカミッロ親父は、
何も言うことなく、サッと取って
そそくさと歩き出してしまいました。

さすがに女性に対する動きは一枚上手。

100107_14

レストランに入りまして、
まずは自分の白ワインが皆に注がれているのを見て
カミッロ親父は言いました。

このグラスはどこの国が作ってる?

ツィーゼル。ドイツです。

と誰かが言ったの聞いて、
やっぱりそうか。
ドイツのおかげで、俺のワインが旨くなった!

…さすがにイギリスで30年のビジネスマン、
見事なリップ・サービス。

わっはっは!
と喜ぶフリッツ・ハーク氏。

ここからは、ハーク氏・カミッロ氏二人揃って、
こちらに向かって「飲め飲め!」の嵐。

その溢れかえるワインの中で私は気づいたのです。

ドン・カミッロは、何もかも捨て去って、
理想だけを追い求めるスタイルではない。
現代に生じた激流を、
逆行してでも理想へ行こうとするのではない。
ストィックなそんな造り手の姿は格好が良いのだが…。

理想を追い求める心は同じでも
激流を巧みに利用しながら、その場所へと至る…
そんなwise、あるいはcleverな造りを
彼は行っているのだ…と。

例えばこのシャルドネ。
バトナージュ(味香を深める為の澱とワインの撹拌)は
普通の蔵元は棒で掻き混ぜますが、彼の蔵では
樽を転がして行います。

100107_15
シャルドネ [2005] ファルネーゼ

これによって酸化やバトナージュの程度の差が少なくなり
美しい熟成と色彩、程良い厚みと
オイリーな口当たりを得るのです。

樽も、アメリカ産・フランス産・新樽・1年樽を
数学的かつ合理的に組み上げ
このワインに的確な風味を与えているのです。

だから価格に比して評価が高くなるのです。
このトレッビアーノ・ダブルッツォも
ガンベロ・ロッソ ヴィニ・イタリィで1グラスを獲得。
トレッビアーノ・ダブルッツォ
[2004] ファルネーゼ

この品質が、この価格で出るならば、
まだまだイタリア・ワインの優位性は失われていない…

そう感じさせてくれるカミッロ親父のワインなのです。

06-0817今、最も魅力的なイタリア…ファルネーゼ3 カミッロ親父の「月」[6]

月というのは日本人にとってはメルヘンの象徴。
滴る夜露を煌めかせる、美しい明かり。
だけど西洋では違った存在のようです。

ハイド氏はジキルに変貌、
狼男はその光線に変身する。
月の光は、怪しげな能力で人の心を惑わせる。
滴るのは透明な夜露ではなく、ともすれば血のようなイメージ。

決して闇でなく見渡せる濃紺の夜、
その頭上に黄色い月。滴る赤い血…
怪しげでいて、何かしら騒ぐ心が抑えられない…
そんな心を抱きながら、グラスを傾けるならこのワイン。

カサーレ・ヴェッキオ
“ルナ・ビアンカ” [2004]
ファルネーゼ

ソーヴィニヨン・ブランをメインに使ったその液体からは
ハーブや青草の香。これは
どんなお料理にも合わせられる魔法の薬。

辺りが暗くなってきた時に色付く月の薄い黄色、
生まれは標高500mという涼しい位置、
だけど程良い肉付きと厚み、
開けばたくさんの果実の盛り合わせ。

すべてのシーンに対しフレキシビリティを持つ
このワインも
カミッロ親父のプロデュース。

100107_13

さぁ、右手にグラス、左手には…
キャット・ウーマン?

見えないものが見えてくる月夜の闇、
じっくりと、じっくりと楽しめそう…。

06-0815今、最も魅力的なイタリア…ファルネーゼ2 カミッロ親父[5]

日本に輸入されてくるワインには、
大別して二種類があると思っています。

一つは芸術品。
その価値を認められたものは青天井価格、
だけど時として無名のものが2000円程度の
リーズナブル価格で入手できたりもします。

もう一つは、そんな100点満点を目指すワインではなく、
言わば80点を目指す物。
ここまでの品質に達すればOK。あとは販売促進費に…
って感じの、ワイン達。
言わばマスプロダクトのもので安価を旨とします。

ファルネーゼのワインは、どうも後者のような
臭いを感じてしまっていたのです。
確かに生産量の点では後者の要素を否定できないものの、
80点では決して止めない。

コストの許す限り品質を上げようとしている…
90点以上を取って喜ばせようとしてくれる。
それがカミッロ親父の魅力なんだって事に気づいたのです。

例えば樽の使い方でも、新樽をシャルドネに使い、
その後に、赤のヘヴィー級ワイン用に使い、
そして最終的にはバルサミコ酢の会社に売却…
という流れを作り、浮いたコストを品質に回しているのです。

もちろん、赤・白そして色んなキャラクターの
ワインを造っているからこそ為し得る技ですし
アブルッツォ州の物価や人件費の安さも味方にしてます。
ランニング・コストの安い倉庫を物色したり…と、
美味しさを届けようとするカミッロ親父の奮闘は続くのです。

100107_12
彼こそがドン・カミッロ

こんなオーナーを戴くファルネーゼ社のスタッフにとって、
看板商品のカサーレヴェッキオと双璧をなす
ワインを出荷しようとする時、
その名前を「ドン・カミッロ」とするのは
当然の流れだったと思います。

「ドン」とは聖職者、人格者だ。
自分はとてもそんな人間ではないので恥ずかしい…
と、ガラにもなくはにかむカミッロ親父が可愛らしかったです。

ドン・カミッロ [2004] ファルネーゼ

サンジョヴェーゼ70%、カベルネソーヴィニヨン30%
バリックで4ヶ月の熟成。
赤色フルーツと胡椒そしてバランス感ある樽の香、
濃縮したタンニン、ふくよかな果実味と力強さがあります。

根っこはイタリアに深く降ろしながら、
さりげなく国際派。そして手抜きのない内容。

76歳にして、まだまだこれから世界中の人達を
俺のワインで美味しいと言わせたい
…と言いたげな「ドン」のワイン。

グラスを揺すると
おいしいだろ?と言ってるカミッロ親父の顔が
浮かびそうな1本、
本日はこれにてcin cin!

06-0814今、最も魅力的なイタリア…ファルネーゼ1 モンテプルチアーノ・ダブルッツォ[4]

ファルネーゼっていう造り手に対しては、
どうもコマーシャリズムに則った
お調子者っぽい…という印象を
勝手に抱いていました。

それは多分、外観から無意識に感じていたのでしょう。
飛びっきり洗練されたイタリアの粋はなく、
積み重なる歴史の荘厳さもそれほど見えず、
一つ一つを磨き上げた丁寧さを完全には受け取れないのです。
(私の感性の欠如とお許しを。なお、新しいワイン達は
変化してそれぞれが良くなっているように思います。)

何かしら昭和の時代の日本製品と似たような…
そんな匂いさえ感じていました。

しかし、本人に会って熱き思いを聞いた時、
自分の抱いていたのは偏見である事に気づきました。

100107_11
ファルネーゼ当主=カミッロ・デ・イウリイス

彼は根っからの
故郷を愛する者、そしてワインを造る者、
何よりも美味しさを伝えようとする者…
に違いないのです。

ファルネーゼの当主=カミッロは
イギリスで35年間、ビジネスを展開していました。
レストランを3件経営する傍ら、
ワインの輸入や販売も行っていた…
という成功を収めていたのです。

普通の人生ならば、ここで終わり。
余生を楽しむって事になるのですが、彼はここから
再スタートを切るのです。

ワインを造りたいという気持ちを実現する為に
60歳になってそれらを売却し、
故郷のアブルッツォに戻り、
ワイン生産者として活動を開始したのです。

言うのは簡単です。
しかし故郷を愛し、ワインを愛する者以外、
こんな決断ができるでしょうか。

写真だと、いつも渋くキメているのですが、
実際は笑顔の絶えない男。
それでいて細かい気遣いができるオヤジ。

意外にも小柄で、親しみ易さは最高。
何よりも自分の故郷を愛し、誇りを持ち、
より良いものを良心的に出荷し、
美味しさを共有しようとしている。

コイツはホンモノだ!
と感じずには居られなかった人物です。
76歳という年齢は私の父親じゃないか。
でもこのパワフルさ。腰の低さ。
綺麗な英語でのプロモート。

低価格帯のものに加えて、これから徐々に
レベルの高いプレミアム・ワインを登場させて来るのです。

それらを飲んだなら、私と同じ印象を抱いていた人の印象は
きっと変わっていくに違いありません。
モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
ファルネーゼ [2004]

私は保証します。
このワイン達は、間違いなく
カミッロ親父のハートが詰まってます。

06-0813今、最も魅力的なイタリア…モンテプルチアーノ・ダブルッツォ[3] マシャレーリ

アブルッツォ州のトップは、ヴァレンティーニに違いないのでしょう。
もはや神格化されているこの造り手、
販売側の私としては、入手できたとしても、
求める人に向けて売るしかありません。

一方、入手できれば、1ロットの内、1本は
必ず飲みたい造り手として、マシャレーリこそ
私が筆頭に挙げたい造り手です。

ガンベロロッソさえも取材拒否していまう神に比べ、
マシャレーリは、1997年リリースのヴィラ・ジェンマから、
連続でずっとトレビキエリを獲得し続けています。

そして2000年には、同蔵元の造るマリナチベティッチ白も
揃って3グラスを獲得、その内容の高さを印象づけました。
この奥さんの名前を冠した白、そして同名を冠した
コストパフォーマンスが高い赤も、私が最も好きな銘柄の一つ。

マシャレーリさんは神格化されてはいませんが、
ある意味、気難しい?造り手として知られています。
ずっと取引をしている輸入業者が注文しようとして
電話しても、いつも事務所や家には居ない。

どこに行ってるかといえば、畑。
朝から晩まで畑で葡萄樹のメンテナンスに余念がないのです。

人と話をして売り込むよりも、
最高の葡萄を造り、それで飲み手に語りかける。
口下手だから…とマシャレーリは言うそうです。

しかし、言葉で語りかけられるよりも
心に響くのは、そのワインの味と香の方かも…。
いえ、彼の造るワインは、間違いなくそうです。
どんな饒舌な人物の言葉も、グラスから湧き出してくる
この味と香には敵わない。

ヴィラ・ジェンマ
モンテプルチャーノ・ダブルッツォ DOC[2004]

それは木漏れ日がやっと通る樹々の下、
何かありそうな…誘惑にも似た森の誘い。
もしかして危険かもしれない、その誘いに一歩ずつ入っていくと、
森の下草や今まで経験した事のないような木の香。

薄暗く、深い森の中に、道が分かるだろうかという
不安と共に迷い込みながらも、その懐に抱かれていく…。

深く濃い、透けて見えないほどの暗さの中、
そして溢れ来る味と香の道を抜けて行けば、
遙か向こうに、輝くアドリアの青い海が見える…
そんな最高のストーリーを楽しませてくれる造り手です。

06-0806オリーブオイル(エクストラ・ヴァージン)のテイスティング

100305_2
エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルを
並べてテイスティングをしてみました。

それぞれに特徴があり、軽いからダメということも、
濃いから良し…ということもありません。
それぞれに美しさがあり、楽しさがありました。

中でも私のお気に入りはバローネ・コルナッキャとグラーティー。
オリオ エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ
バローネ・コルナッキャ

優しく柔らかくマイルドで落ち着く味わい。
オリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ
グラーティー [2004]

後者は草原の上を強く吹き付ける風のように、
むせかえるほどの青さを運んでくれました。