09-0715 調和へ

2007 アスマンズホイザー・ヘーレンベルク
シュペートブルクンダー Q.b.A トロッケン
Dm.アスマンズハウゼン,
スタッツヴァインギューター・クロスター・エベルバッハ
Assmannshauser Hellenberg Spatburgunder Q.b.A Trocken
Domaine Assmannshausen,Staatsweinguter Kloster Eberback

アスマンズホイザー3アスマンズホイザー2プログレッシブ。

今、アスマンズホイザー・ヘーレンベルクに
私が捧げたい言葉です。
その姿は、ただのピノノワールではありません。

ブルゴーニュが持ち得ない、我々日本人には
嬉しい特性をしっかりと持っているのです。
それは、和のもの、魚介類との巧みなマッチング。

まずは、海苔で試すと一目瞭然。
バーガンディーは海苔を拒絶してしまいます。
磯臭さが強められ、とても食べられたものではありません。
どちらかを放棄するしかありません。

しかし、この地獄の山は、いとも簡単に
受け入れてしまうのです。

そして、焼き魚。青身よりも白身の方が
一段と分かり易いですが、
気持ち良く調和します。
ブルゴーニュが臭さを煽ってしまう
おろし和えやみぞれあんかけ。
恐ろしいほどの調和を見せていきます。

ニシンそば、蛸の梅肉たれ…
ブルゴーニュがはね付けてしまう
和の素晴らしい食材達を、受け止め、
巧みな世界を構築していくのです。

特別な日のフルコースではなく、
我々が毎日食べて美味しい食事。それに合わせるワインは?…
と考えた時、これほど調和が取れて上手く合う存在はありません。

ドイツは甘い…だなんて言うのは、日本=ちょんまげ・芸者と喩えるようなもの。
それから幾世代も進化を繰り返し、美しく進化した最先端のワインが
ここにあるのです。

ぜひお試し下さい。

09-0715 進歩のもたらす感動

2007 アスマンズホイザー・ヘーレンベルク
シュペートブルクンダー Q.b.A トロッケン
Dm.アスマンズハウゼン,
スタッツヴァインギューター・クロスター・エベルバッハ
Assmannshauser Hellenberg Spatburgunder Q.b.A Trocken
Domaine Assmannshausen,Staatsweinguter Kloster Eberback

アスマンズホイザー125年ほど前のことでしょうか、
「ドイツ最高の赤!」
って判で突いたような文言を頼りに
アスマンズホイザーの
各グレードをいくつも飲みました。

その時、これを最高と言うのなら、
ドイツの赤は視野に入れる必要なし…と判断。

再度、10年ほど前に集中して飲んだ時も
ことさら変化はありませんでした。
いかにドイツ好きの私とて、
テロワールの悪さを嘆き、
ご無沙汰にならざるを得ませんでした。

しかし、すべてがいつまでも変わらずにいる訳ではありませんでした。
造り手の技術、飲み手の意識も、テロワールでさえも。
久々に出会ったこの銘柄、

前のスタイルのままだったらもう向き合うのも終わりだな…
などと半ば高飛車な態度で抜栓、グラスに注ぐと、

むむっ…
赤とすれば標準的?いや、そこそこ濃い。
少なくともかつての姿とは大きく違っている外観が
グラスの中で揺らめいています。
これがドイツのピノ?
少し紫っぽい黒さを中心に持った赤です。

香は、赤い果実。イチゴ、チェリー。ゆで小豆。
森の下草。ヨード。ハーブも…。
舌触り滑らかで優しさがあります。
マロラクティック発酵が完璧に行われているからこその複雑さと旨味、
それは間違いなく、残糖0を意味する構成です。

ボディは軽やかながら、後味は結構長くて豊か。
複雑さも持っています。
スリムだけど、筋は通ってしっかり。
角の取れた飲み口は、ついもう一杯!と言いたくなる…
飲み手を楽しませる力が内包されているようです。

アスマンズホイザー2ゆったりとした余韻に身を委ねながら、自分自身を戒めました。
誰が昔と同じだと言った?誰が進化してないと言った?
旧態依然で、座して居られるほど、ワインの世界は甘くない。

地球温暖化も影響しているでしょうが、それ以上に
飲み手の要望を受け止め、確実に、そして大幅に進歩しています。
それを理解しようとしないようでは飲む資格がないよ…
ってこのワインの美味しさに叱られたような気がしました。

ヘーレンベルク。
地獄の山は、私の心を赤く染め、
進歩のもたらす感動で私を揺さぶってくれました。
[To Be Continued…]
———————-

09-0815したたかに生き抜く女性のような…

2006 ロルッヒャー・カペレンベルク
シュペートブルクンダー Q.b.A トロッケン
カール・オッテス
Lorcher Kapellenberg Spatburgunder Q.b.A Trocken
Weingut Karl Ottes

100225_37カール・オッテス。近年評価急上昇。
その生き生きとしたリースリングを飲めば、
人気の高さも納得できます。

でもそれだけ白の造りが上手だからこそ、
赤の方には期待をしていなかった…
というのが本音。
オールマイティーな造り手なんて、
そうそう居るハズはないから。

グラスに注げば、色は薄め。しかし中心部分には
黒っぽさと紫を感じる色合い。
香はドイツのシュペートブルクンダーならでは。
赤い果実、茹で小豆はお約束ながら、
焦げて香ばしい風味。下草、ヨード。
オレンジ、苦みが締まる風味。
そして、微弱発泡が仄かに隠れています。

100225_38舌触り滑らか。丸さがあるのは、
ほんの僅かの甘みがそう感じさせるのか…。

ライトボディ。でも決して味が薄いのではない。
スルスルと喉を落ちていく曲者。
旨味はいっぱい。
心地良い苦み・締まりへと味の曲線はつながっていく。

樽の風味が味の要素を豊かにしている。
飲み残して、二日目になって、冷蔵庫に入れていた温度から飲み始め。
すると、一段と美味しい!
間違いなく美味しい。
昨日は、甘さが気になる…と言ってた傍らのソムリエも
今日の方がおいしい!と言ってます。

したたかに生き抜く女性のような、
潰れそうで、実はそこから実力を発揮…という
芯の強さを持っているワイン。

09-0715進歩のもたらす感動

2007 アスマンズホイザー・ヘーレンベルク
    シュペートブルクンダー Q.b.A トロッケン
Dm.アスマンズハウゼン,
スタッツヴァインギューター・クロスター・エベルバッハ
Assmannshauser Hellenberg Spatburgunder Q.b.A Trocken
Domaine Assmannshausen,Staatsweinguter Kloster Eberback

25年ほど前のことでしょうか、
「ドイツ最高の赤!」
って判で突いたような文言を頼りに
アスマンズホイザーの
各グレードをいくつも飲みました。

その時、これを最高と言うのなら、
ドイツの赤は視野に入れる必要なし…と判断。

再度、10年ほど前に集中して飲んだ時も
ことさら変化はありませんでした。
いかにドイツ好きの私とて、
テロワールの悪さを嘆き、
ご無沙汰にならざるを得ませんでした。

しかし、すべてがいつまでも変わらずにいる訳ではありませんでした。
造り手の技術、飲み手の意識も、テロワールでさえも。
久々に出会ったこの銘柄、

前のスタイルのままだったらもう向き合うのも終わりだな…
などと半ば高飛車な態度で抜栓、グラスに注ぐと・・・
                                      ⇒続きはコチラ

07-0514 特別試飲会・壁ワイン(マウワーヴァイン) [08] 前座7

一体、いくつ前座が出て来るのか?
と思ったりしながら次のワイン。

(08)1995 リューデスハイマー・ベルク・ローゼンエック
リースリング シュペートレーゼ
アウグスト・ケッセラー

img10132752204
4,830円 (税込)

前座と言いながらも、思惑がちゃんとあった。
これは、三野氏が、 [03]で出した赤ワインと、
同じ蔵元のワインを私が所有していたので、当時の腕前を感じてみたい…
とリクエストされたので、私が提出した。

アウグスト・ケッセラーは4房蔵元だけど、それほど馴染みが無い。
歴史的な部分に絡むのがラインガウ地方の蔵元だが、
貴族とか騎士…といった地位でもないからだろう。
しかし、品質は高く、20年以上前から高い評価を受けている。

貴族的な歴史やネームヴァリューが無い割には、高評価で価格が高過ぎ、
輸入業者が敬遠したのかも…。

造り、品質、価格、そしてネームヴァリュー…
という事でワインが売れるとすれば、
最後の部分だけがアウグスト・ケッセラーに欠落していたのかも知れない。
これを世に知らしめる為には、大きなコストがかかるので、
それよりは、既に知名度が高い蔵元を扱っていた方が良い…
というのが、輸入業者達の考えだったのだろう。

今回、飲んでみると、その素晴らしさに驚かされる。
優しく柔らかい。熟成色がしっかり出ている。
外観と比べて、味わいはどちらかと言えば若い。
大阪の輸入業者が、セラーにじっと寝かせていたワイン。
セラーの最も低い温度の場所に置いていたと主張していたが、
今回の試飲でそれは実感できた。

活きの良い酸。バランスの良い味わい。
外観の色が濃いので、抜栓後は、ワインが長持ちしないか…
と考えたのだが、別の場所で開けたこのワインは
1日・2日・3日・4日…までは、残った物を冷蔵庫に保存し、
チビチビ飲んでいても、酸化する事なく生き続けた。

十分な残糖…恐らく60g/L程度、時の流れによって優しく飲み易く、
そして美しく熟成している。
しかし、元気の良い酸があり、健全さを主張し続ける。
外観だけは、深く濃い黄金色、
深く広い超一流ラインガウワイン。
アウグスト・ケッセラーの腕前の冴えを
十分に堪能できた1本だった。
[To Be Continued..]