06-0731ポール・マス来訪 [11] 市場が創り出すワイン

味良し、価格良しのポール・マスに対して、
私が少々気に入らなかったのは、
土地への愛着が、やや希薄に感じてしまう点である。

トワベー・オーモンについて、特に白は、
AOCなのだからもっと「リムー」を前面に
押し出して欲しいような気がする。

トワーベー・オーモン 白
ジャン・クロード・マス
(ドメーヌ・ポール・マス)

しかし、赤と同様、芸術家ラベルにして、
「III B & Auromon」(トワべー・エ・オーモン)の白
というブランドにしている。

ラベルは美しく、確かに消費者に訴求するものはある。
それ以上に内容が優秀だから、ワイン屋としても
お客に勧めたいと思う。

…ってところで気づいたのだが、
では、「ACリムーを謳うメリットはあるのか?」
という点である。

100106_07

リムー?何それ?って消費者ならずとも、
(ワイン屋でさえ)言ってしまいそう。
まして白のみのAOCで、シャルドネが認められている…
なんて小理屈は、買う側としてはどうでも良い。
いや買う側が認知していればメリットがあるけど
浸透していない今、このAOC名を出しても
何のメリットもないのが現実かもしれない。

消費者としては、え~?それどこの国?
って言って終わりのような気もする。

マーケティングのクールな目で見れば、
このAOCは今は使わず、違うイメージを前に出せ…
というのが、現時点での正解なのかも知れない。

そう考えれば、地名を必ず表記せよ!なんて事を、
まだ名が売れてないAOCに強要するのは、当事者でない者の
勝手な思い入れなのかも知れない。

その地で葡萄を、そしてワインを造っている者が
土地を愛していない訳はない。
その気持ちなくして造り続けられるはずはない。

100106_08

その名を名乗れないのは、
流通と市場側にこそ、表記しない原因がある…
と考えた方が自然なようである。

一方、トワべーの赤。
これは、ヴァン・ド・ペイ・ドックでしかない。
有象無象が溢れ返っている中、それだけに、
実力本位で見られるこのカテゴリーは、
圧倒的な品質と、目を引く外観があればOK!
…なのだ。

※画像は別年号の写真を使用しております。
トワーベー・オーモン 赤
ジャン・クロード・マス
(ドメーヌ・ポール・マス)

実際、旨い。
価格をかなり超えた迫力がある。
濃度がある。樽香もある。果実味もある。ボディがある。
アフターがある。好バランスがある。
この価格のワインとして、ちょっと文句はつけ難いワイン。

派手なラベルが、ワイン通にとっても
マイナス要因にならぬワイン。
つまりは、ホンモノと言わねばならぬ内容。
このカテゴリーを創り出したのは、
結局は“市場”そのものなのかも知れない。

06-0730ポール・マス来訪 [10] 気候の差

つい「南仏」…という一言で片付けてしまう
ラングドック&ルーション地方だが、
広範囲に渡って造っているため、
生産されるワインが持つテロワールは大きく違う…
とポール・マスは言った。

100106_06
コトー・デュ・ラングドックは、海洋性気候。
穏やかで温暖な気温、豊かな日照。

一方、リムーはかなり内陸に入り、
標高が高い上に盆地で、寒暖差が激しい。
完璧ではないにせよ、大陸性気候に近づく。

ラングドック地方で唯一の白専門AOC、
その気候から、1993年にシャルドネも
認められるようになった地区。

ポール・マスが造る中でも最も注目すべき白は、
ここから生まれる。

自分の本拠から離れている為、
醸造はリムーで行われる。
葡萄の選別を極めて厳しく行い、
仕上がったワインをさらに三段階に厳選、
最もレベルの高いワインを8ヶ月オーク樽貯蔵。

年産1000箱を切る生産量しかできない
厳選されたワイン。

「ワイン王国」で過日、2000円以下の
ベスト・バイに選出されているのも頷ける品質。

トワーベー・オーモン 白
ジャン・クロード・マス
(ドメーヌ・ポール・マス)

ラベルが派手なワインは怪しげだ…
という前に御一飲を。
シャルドネの持つ味香をふんだんに楽しめる上に、
巧みな樽使いを感じる事ができる。

オレンジ、ナッツ、バター、ハチミツ、
ロースト香、オークの香…
まったりとオイリーな舌触り、
しっかりとしたボディ、なめらかに続いていく余韻…

ゆったりとした時の流れの中、
南仏の太陽が山の斜面に当たる。
その刻々と変わっていく姿を描き上げた
アンリ・パウエラの作品がエチケット。

グラスに注がれた黄金色の液体を揺すれば
目の前にその風景が浮かんできそうに感じる。

コストパフォーマンスに優れるポールマスのワインの中でも、
白ではトップと言って良い味わい、
それは、ラングドックの中でも少し個性的な
リムーのテロワールを生かし切っているからこそ
生まれ得るのだろう。

06-0725ポール・マス来訪 [09] 葡萄品種Nr.2

私自身、ブラインドで出された時の葡萄品種の選別は
当然ながら香で探る。
もちろん、舌触りやタンニンの量などの情報も加味するが、
基本的には香を頼りにする。

しかし、彼のフラッグ・シップである、シャトー・ポール・マス。
このワインのセパージュは、シラー90%、グルナッシュ10%
と公表(年により多少増減あり)されているが、
シラー臭さがほとんど無い。
少なくとも2000年以降~2004年に関しては。
コトー・デュ・ラングドック ルージュ
シャトー・ポール・マス[2004]

ブラインドで、このワインを飲んで、
シラー90%と言う人がいたとしたら、
その人の舌と鼻を疑うか、もしくは答案を見たもの…
と判断するしかない。

シラー葡萄の香の特徴は?
獣、皮革、土…などの言葉がまず浮き上がってくる。
もちろん、土壌による特性差はあるにせよ、
ケモノ臭ってのは、まずは典型的な特徴だ。

しかしポール・マスのこのワインには
その臭みが極めて少ない。
それよりも果実風味や焦げ臭、樽のオーク臭などが前に出て、
非常にバランス良くまとまっている。

ヴィエイユ・ヴィーニュであるとはいえ、
この香ばしさとバランスの良さは、
ボルドーワインのファンにも受け容れられる
スタイルと言えるだろう。

この点について聞いてみた。
すると彼は、

「シラーは、造り手の思いに敏感に反応してくれる品種だ。
心を込めて育てれば、南仏の太陽を吸い込んで
本当に繊細かつ美しいスタイルになる。
一方、大まかでぞんざいな扱いをすれば、より荒くなる。
土壌、そして日照の具合など、テロワールは影響するが、
それにも増して造り方を心を写す品種と言える」

とのこと。

100106_05

もう一つ、南仏の白葡萄としては、唯一貴重な品種、
ヴィオニエについて問うと、

「ヴィオニエは人間が介在できる要素が少ない。
樹と天候が思うようにしか育たない。
気むずかしく、人の努力を余り理解してくれない葡萄だ。
だけど芳香は貴重だから必ず栽培し続ける」

とのこと。

人間が努力を重ねていけば、必ず美味しさで
答えてくれるシラー。
だからこそ、彼のフラッグ・シップには、
セパージュ90%、しかも最所有する畑の中で
最も日当たりの良い、樹齢の高い
ヴィエイユヴィーニュの原料が使われるのだろう。

彼のハートが、努力が、そしてもしかすればすべてが
詰め込まれたワイン。

蛙の横柄さは、そこに賭ける思いが大きいから…と、
このワインを飲む度に私は思うのだ。

06-0723ポール・マス来訪 [08] 葡萄品種

南仏・ラングドックの男、ポールマス。
夕食を一緒に楽しんだ次の朝、店にやってきた。
梅雨の季節だというのに晴れていた。

もしかしたら太陽の国ラングドックの男は、
晴れ空を持って来る力があるのだろうか。

100105_30
彼に向け、昨日の食事の時には話せなかった
部分に切り込んでいく。

シャトー・ポール・マスについて、なぜ
赤は、“カベルネ・ソーヴィニヨン&シラー”
白は、“シャルドネ&ヴィオニエ”
といったブレンドにしているのか?と訊ねた。

それが私の考える理想の味バランスだから…
といった答を考えていたのだが、
チョッと違っていた。
ポール・マスいわく、

「1990年に家に戻った。
そしてワイン造りを始めた時、
まともな状態の畑は、カベルネ・ソーヴィニヨンとシラー
だけだった。あとは、シャルドネとヴィオニエが僅かに使える程度。
だから最初にカベルネ&シラーを造った。
そうするしかなかった」

素材は決まっていた。それを使って何を造るか?
…という選択だったようだ。
現在は、自社・契約農家など多くの畑と原料を確保しているが
スタート時点はそんな苦しい時もあったのだ。

しかし、彼の目にとまったカベルネ・ソーヴィニヨンとシラーは、
樹齢も高く、素性の良いものだったのである。
スタート以来、彼のワインは好評を博し、
どんどん売れていくようになったのである。
ドメーヌ・ポール・マス
カベルネソーヴィニヨン-シラー[2004]

きっと彼が、原点に帰るワイン。
そして南仏に我々が求める味の典型。
飲み応えあっておおらか、
豊かなタンニン、それほど前に出ない酸味、
旨味に満ちた気の張らないバランス。

もしかしてこのワイン、
クールなポール・マスにとって
アルバムの昔のページをめくるような…
そんな存在かも知れない。

06-0717ポール・マス来訪 [07] 和食との妙 Nr.3

お料理は佳境に、次は揚げ物。

【揚物】はもの梅しそ巻き揚げ
枝豆と海老のかき揚げ

100105_25
軽やかとは言えど、油分を持つ食物である。
辛口の白ならば、どれでも合う。
問題は無いだろう。
(枝豆と海老のかき揚げは先に食べてしまって写ってません)

【箸休め】つぶそば蒸し
100105_26
【汁物】鱧の茸類の土瓶蒸し

この二品については、残念ながらワインと
合わせるべきものではなさそうだ。
でも、次のメインディッシュに向けて
口の中をリフレッシュするのに役立ったように思う。

和食のメインディッシュはご飯物だろうか。
東田のこのコースの場合は、まさにそうだろう。

【ご飯物】穴子の押し寿司
100105_27
赤ワインで合わせられる。
余り強烈でない方が、繊細なお料理とも
相性が良い。

と言うことで、やはり同じル・ニ・ド・マの
カリニャンを対応させた。

100105_28
ル・ニ・ド・マ [2004]
カリニャン ヴィエイユ・ヴィーニュ
ドメーヌ・ポール・マス

タンニンはやや控えめのミディアム~ライト・ボディ
10%の樽貯蔵とポール・マスは主張するものの、
殆ど影響は感じられない。
ほぼステンレス・タンクの熟成と判断。
それだけにお料理の邪魔をせず、良く合う。

東田自慢のメインディッシュ=穴子の押し寿司、
これにはカリニャンでバッチリ。

【デザート】フルーツみつ豆
100105_29
を食べながら、ポール・マス氏に言った。
和食とのマリアージュは、まだまだ可能性を秘めています。
これから先、面白い組み合わせがあればどんどん紹介し、
販売に結びつけたい…。

彼は頷きながら
フルーツみつ豆を平らげた。

この日、和食を望んだのは輸入業者であり、
質の高い和食と、ポール・マスのワインとの
マリアージュを我々(私と妻)に確認させるのと、
自分達も試したものだと思う。

相応の結果を得たと喜ぶ輸入業者、
そしてポール・マス。
東田から出て彼らがすぐ近くのホテルに着く頃、
雨が降り始めた。

梅雨の季節だった、と思い出すまで少し時間がかかったのは、
クールなビジネス・マンという印象だったポール・マスが
食事の間に、南仏・ラングドックの雰囲気を
我々にもたらしたから…かも知れなかった。

06-0715ポール・マス来訪 [06] 和食との妙 Nr.2

「刺身には、ミュスカ・セック!」
余り経験した事がなかったこの組み合わせの
意外なマリアージュに、自信を持って言った。

が、対面して座っているポール・マス氏から、
「シャルドネ・ヴィオニエの方が相性が良い!」
と反論が出た。

ドメーヌ・ポール・マス[2005]
シャルドネ-ヴィオニエ

ル・ニ・ド・マ  ミュスカ・セック[2005]
ドメーヌ・ポール・マス

近年ヨーロッパ、特にフランスなどでは和食の普及が進んでおり、
寿司も当たり前のメニューになりつつある…
と同席した輸入業者の人間が言ったばかりである。

同席していた、“魚食い”の我が女房殿にお伺いを立ててみた。
彼女は私と同じく、シャルドネ・ヴィオニエは
余韻の中に少し臭みが浮き上がる事を指摘し、
ミュスカ・セックとの相性を推した。

100105_21

全くの憶測に過ぎないが、このビジネス・マン、
噛む回数が少ないまま飲み込んでいるのかも…。
余韻の中の臭みを感じる前に飲み込んでる?

とりあえず、刺身を食べ続けて50年弱、
ワインを飲んでは30年弱の私としては
刺身にはミュスカ・セックを推したい。

さて、メニューは展開されていく。次は、

【小鉢】ずわいがに、かに味噌和え

100105_22

上に載っている木の芽はミュスカの芳香と相性が良いが、
本体部分の蟹・そしてかに味噌和えとなると、
先ほどのシャルドネ・ヴィオニエの方が良いように感じる。

これに関しては意見のブレは無く、全員一致。

そして次は

【焼物】ウナギの出し巻き

100105_23

となるが、どうもミュスカ・セックのイメージでなく、
シャルドネ・ヴィオニエで良い。
だが、いろいろ試してみるのが面白いので
次のワインを出して貰った。

100105_24
ル・ニ・ド・マ
マルサンヌ[2004]
ドメーヌ・ポール・マス

Le Nid de Mas(ル・ニ・ド・マ)という名を付けた
マルサンヌ(葡萄で造ったワイン)。
Nidは鳥の巣・Masは農家の意味で、
鳥が巣を作れるような環境である事を主張。

鳥は食料である虫が居なければ定住できない。
虫が生息できるのは、農薬を殆ど使わない事の証明。
自然の力を大切に伸ばしている象徴が
この名前に凝縮されている訳である。

さらに地葡萄マルサンヌを使う事で
より地域性・自然…というイメージを前面に押し出している。

その味わいは、まろやかで程良い酸味、
白い花・梨・フルーツの香りがあり、
舌触りは極めて滑らか。

出し巻き部分にはこちらの方が合うように感じた。

06-0713ポール・マス来訪 [05] 和食との妙Nr.1

鮨・東田での食事がスタートした。
それぞれにワインを合わせていく。

【前菜】ふぐの白子の豆腐

人によってはこのお料理にワイン…
というのは変に感じるかも知れない。
日本酒なら簡単、それも間違いない。

だけど、障害物だらけに見える中で、
レーザー光線が突き抜けるように
一筋の糸が結びつく事がある。

その、コネクト感、そして共振を味わえた時の感動は、
当たり前の世界に安住していたのでは味わえない。
まして、目の前にワイン造りの本人、
傍らに腕の切れる料理人がいるのだ。

100105_19
東田の大将、ポールマス、酔ってる私

淡泊ながらも素材の味わいを伝える豆腐に
深みと旨味を与える白子を練り込んでいる。
アクセント的なワサビが添えられ
ワインとは難しいと言われる醤油。

登場するのはこのワイン。
ドメーヌ・ポール・マス[2005]
シャルドネ-ヴィオニエ

これは、巧く合った。
究極ではないにせよ、相応以上に合っている。
ワインと、料理の優秀性が巧く噛み合った取り合わせ。

しかし問題は、次だ。

【刺身】さわら、しまあじ、ひらめ

これは難しい。
これさえクリアーできれば、ワインはもっともっと
和食に取り入れられていくだろう。

一番の難物、ナマ魚の典型、“刺身”。
ワインとは大きな川で隔てられた存在なのだが、
この川に背を向けていてはワイン屋の将来はない。

イタリアンのお料理とワインが、すべて合ってしまうのは?
それは両者の間にオリーブ・オイルという橋が架けられるからだ。

ナマ臭さが際だつ「ワイン+刺身」に
臭みが消え、脂の乗った食べ物と感じられる
掛け橋はないのか…。

最も簡単な手法は、イタリアンを模して、
刺身にオリーブ・オイルをかけてしまえば良い。
しかし、料理人を目の前に
そんな失礼はできない。
家庭でカルパッチョ…というなら、この手法もアリかも知れないが、
人間として許されぬ行為になってしまう。
ならば?…
って考えるほどの事はなく、刺身の付属物=ワサビを使えば良い。

ワサビは、ハーブである。
オリーブ・オイルと同様に、架け橋になれる存在である。
そこで、しまあじの身にチョンッとわさびを載せ
同じワインで挑む!

危ない感じの橋ながら、
何とか渡り切る事ができたような気がした。
が、ワインを変えてみた。

100105_20
ル・ニ・ド・マ
ミュスカ・セック[2005]
ドメーヌ・ポール・マス

文句なくこれは合う。
刺身にワサビを添え、飲むならばこのワイン。
マスカット香の華やかさが、ワサビの芳香と溶け合って
面白いハーモニーを奏でる。

余韻の中の臭みも感じない。
刺身にはこれ!
ってポール・マスに向かって
自信を持って主張した。

06-0711ポール・マス来訪 [04] 横柄な蛙Nr.2

自分を“高慢ちきな蛙”と言える人物に対してなら
ワインの悪い点があったら言って構わないだろう…
という気になっていた。

飲み飽きすると思えば、そう言えば良いし
味のバランスが悪いと感じれば、
忌憚なく伝えれば良い。

蔵元の本人を目の前にして、こんな気持ちになっている事は
普通はあり得ない。

やはり、造り手を目の前にしたら
普通は遠慮している。
そしてワインを造った努力に報いたい…と思ってしまう事で、
悪い部分が伝えられなかったり、
オブラートに包んだような言葉を使ってしまう。

100105_17
しかし彼に対しては言っても構わないような気になっていた。
いや、彼がそれを求めているように感じられた。
既に彼の術中に陥っているに違いない。

これから食べようとする料理は和食、
しかも地元素材を地元の人間が味利きするのだ。

合わせるワインを問う時、
これほど確かな味利き役はいないだろう。
しかもその本心を引き出せるステージを
創り上げているのだ。

遠慮のない、本当の感想。
彼が求めているのはきっとそれに違いない。

横柄な蛙?
いや違う。
彼こそはワインの味をハイレベルまでチューニングできる人物、
それはスタイルこそ違うが、ワインを愛する者の姿。

100105_18
ル・ニ・ド・マ [2004]
カリニャン ヴィエイユ・ヴィーニュ
ドメーヌ・ポール・マス

批評はすべて聞き、答えはワインに語らせるのだろう。
そんな高みへと向かう連鎖の中にあるワイン、
グラスに注いだだけでワクワクしてしまったのは
私だけではなかった。

06-0709ポール・マス来訪 [03] 横柄な蛙Nr.1

イギリス人はフランス人の蔑称として
「蛙」を使うらしい。

日本人を狐というならば、
認めざるを得ない部分を感じるが、
フランス人は私には蛙とは見え難い。

でも、フランス人にとってそう呼ばれる事は
心地良い事ではないだろう。
土地に誇りを持ってワイン造りをしている者には
ことさら我慢ならない言葉ではないだろうか。

100105_15
しかし、ポール・マスはその蔑称さえも
プラスにしている。
現在、フランスの大衆レベルのワインは、
オーストラリア・南ア・チリなど
ニューワールドから攻勢を受けている。

しかし、ポール・マスは逆にオーストラリアに
輸出しているのだ。

ボルドー格付品などは高価である上に、
他に無い存在だから当然だとしても、
南仏のラングドックのワインがオーストラリアに
輸出される事は、実にスゴい。

ある意味、中国に向けて日本が衣料品を
輸出するようなもの?かも。
“価格”という最も高いハードルを越えるモノを
ポール・マスのワインは持っている…
と言わねばならないだろう。

彼がオーストラリア向けに販売している
ワインの銘柄が、この名前なのである。

100105_16

ARROGANT FROG
つまり「高慢ちき(横柄)な蛙」なのである。

ワインのためには、自分自身さえ
アイロニーの対象にできる…
この点でポール・マスに対し
“クール”という印象を抱いてしまうのかも知れない。

彼はただ者ではない。
オーストラリア向け輸出ワインは、
それを強く感じさせるものと言えるだろう。

06-0708ポール・マス来訪 [02] 切れ者のビジネスマン?

彼の銘柄については、すべてのラインナップを
年号を変えるだけでなく、入荷するロット毎に
確認の為に飲んでいる。

そして、それぞれの銘柄のセパージュも覚えているので
予備知識は問題なし。
まずは、来訪前日の、夕食を食べる店から
選定を任される事になった。

本質的な美味しさを持っていること。
できることなら、当地の食材と文化が詰め込まれた店…
という事で、“鮨・東田”を選んだ。

100105_13
ここの大将には無理が言えるし、
地元素材を生かしたメニュー、
その繊細な技巧、何よりも美味しいものを
食べて欲しい…という姿勢を
私は高く評価しているから。

もちろん、その料理のレベルは高く、
某芸能人御用達だったりもする点も
プラス要因ではある。

約束の8時に行くと、ポール・マスとその一行は
既に来ていた。
遅れた事を詫びながら、名刺を差し出す。

100105_14

いかにもフランス人…という外観。
ややクール、きっちりとしたビジネス・マン。
情熱は内に秘めていたとしても、
それを外側には出そうとはしないタイプに見えた。

最高のワインを!…とオーラを発しまくる、
情熱的な造り手とは一風違って、
鞘に入ったナイフのような
凄味に似たものを感じた。