長編記事 総合インデックス[index]

連続物になった話題は、以下にリンク表を作りました。このページから飛んで下さい。

マリアージュ(食事会)

テイスティング

訪問

ストーリー

映画タイアップ

2009年 ボージョレ・ヌーヴォー レビュー一覧

091121_1
09-1121 今年のヌーヴォー
2009 ボージョレ・ヌーヴォー
09-1119 今、飲んでます。2009ヌーヴォー!
2009 ボージョレ・ヌーヴォー カンソン社
09-1121 超実力派、今年も旨い!
2009 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォードメーヌ・シャサーニュ
09-1121 今年はやはり凄い!
2009 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー シャトー・マラドレ
09-1121 南仏ヌーヴォー、旨安が魅力…
2009 ヴァン・ド・ペイ・ヌーヴォードメーヌ・ラ・トゥール・ボワゼ
09-1121 隠れたNo.1!最高位獲得!!
2009 仲村わいん 新酒 仲村わいん工房
09-1120 明日飲むつもり…
2009 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォードメーヌ・レ・グリフェ(ピエール・デュルディリ)
09-1121 クリスマス的ルックス?
2009 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォードメーヌ・レ・グリフェ(ピエール・デュルディリ)
09-1121 驚きの濃度、凄い内容!
2009 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォードメーヌ・リュエ
09-1121 北向き急斜面の畑をブレンド!?
2008 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォードメーヌ・プラティエール
09-1121 今年もヌーヴォー
2009 ボージョレ・ロゼ・ヌーヴォードメーヌ・リュエ
2009年新酒・一番乗り!デアノイエ!
2009 デア・ノイエ ライニッシャー・ラントヴァイン ロマヌスケラライ社
デアノイエ第二弾
2009 デア・ノイエ プリメルス リヴァーナ ファインヘルプ エルンスト・ブレッツ家
デアノイエ 第3弾! 赤!!
2009 プリメルス ドルンフェルダー ロートヴァイン トロッケン エルンスト・ブレッツ家

09-1121 超実力派、今年も旨い!

2009 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
ドメーヌ・シャサーニュ
Beaujolais Village Nouveau
Domaine Chassagne

091121_18初めて、この蔵元の名前を聞いた時、
ボージョレのくせに仰々しいなぁ…
という印象を抱いた。

だけど、内容は、仰々しさを凌ぐ程のレベル…
である事が年を重ね、飲み続ける毎に分かった。

このヌーヴォーを買った人は、
『ヌーヴォーなんて…』と言わなくなるように感じている。
それだけ、味わい深く、本当の内容を届けてくれるのだと思う。

091121_19付き合いを重ねるに従って、
幾度となく聞く「ビオ」、
しかし、この蔵元は、その言葉を
前面に押し出すのではなく、
内容と味で勝負してくる。
こういったビオは、
微妙な否定派である私にとって
最も歓迎すべきものなのである。

さて、今年のシャサーニュ、
周囲のヌーヴォー達が濃かったので、
抜栓直後は、少し
ライト・ウェイトにさえ感じた。
が、空気に触れて開いてくると、徐々に
果実味が持ち上がり、
いつもの“お約束”をグラスの中で展開してくれたのでホッとした。

まとまりが見事で、凝縮感もあり、
イチゴやバナナの香、そして他のフルーツも
いっぱいに詰め込んだような味わい。
時間が経つごとに良くなっていき
この造り手のヌーヴォーを毎年買う人の気持ちが良く分かる楽しさ。

今回は、天候のおかげで
周囲に突出した造り手が出てきたようで、
人気投票は6位に甘んじた。
でも、素晴らしさは、全く不動。
超実力派に喝采、毎年飲む銘柄に指定するのも悪くないだろう。

09-1121 今年はやはり凄い!

2009 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
シャトー・マラドレ
Beaujolais Villages Nouveau
Chateau des Maladrets

091121_16昨年までは、濃度不足に感じ、
どうも力が入らなかったマラドレ。
しかし今年は全く違う。
瓶が白い事もあるが、グラスに注ぐ時、
昨年とは比べものにならない濃さを感じた。

注がれながら、透明な部分を赤く染め、
そして色づいた足が緩やかに流れ落ちるさまは
ヌーヴォーとしては未体験の濃度と言える。

立ち上がる香。
091121_17表層が砂質で、下に控えるのが
グラニテ土壌のおかげか
はたまた樹齢が30~50年の古木だからか、
香はイチゴだけの華やかなものではなく、
バナナや、他のスパイスも絡んでくる。
節度とバランスをもった綺麗な香。

舌触りがそこそこ滑らか、
そして味わいが生意気にも深い。
7月が気温が高すぎて、ともすれば
水不足になったという今年の気候は、
ヌーヴォーをここまで凝縮させたのか…
と感動しきり。

今回の人気投票では7位、
並み居る強豪の中で立派な記録を残した。

09-1121 南仏ヌーヴォー、旨安が魅力…

2009 ヴァン・ド・ペイ・ヌーヴォー
ドメーヌ・ラ・トゥール・ボワゼ
Vin de Pays des Coteaux de Peyriac Nouveau
Domaine La Tour Boisee,Marie-Claude et Jean-Louis Poudou

091121_14ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日は11月第3木曜日と
決まってますが、より温暖なラングドック地方では
当然ながら、それよりも早く収穫され、
市場に出てきます。

ミネルヴォア地区所在の、このラトゥール・ボワゼは
約1ヶ月以上前にワインを完成させて出荷できるのです。
以前は、日本到着が11月末になり、
ボージョレ・ヌーヴォーの後で登場する事になり、
売り難い…というのが本音でした。

が、最近は船便が高速化し、ボージョレ・ヌーヴォー解禁日に
間に合うようになりました。
価格はボージョレの半分以下にでき、気楽に飲めます。
それでいて、南仏の太陽一杯の力強さも持っているから魅力です。

091121_15…って事で、ボージョレ・ヌーヴォー試飲会で
一緒に飲んでみました。

グラスに注げば、やや濃い赤、紫のトーンはそれほどでなく、
しかし僅かに不透明感を感じます。
でも、それだけ果実が詰まっているのか…
なんて思ったりします。

香は赤の果実に加えて、ハーブが絡み、
華々しくはないですが、堅実、
南フランスらしい味わいを楽しませてくれます。
ボディはミディアムで、軽すぎず、かと言ってヘヴィーでなく、
お料理と合わせるには、適度な重量感です。

その南仏を感じさせる風味だけでなく、
リーズナブルな価格も大きな魅力。

2009年の実りを手軽に楽しむには、これに勝るもの無し!
って感じのラトゥールボワゼ(森の塔)のヌーヴォーです。

09-1121 隠れたNo.1!最高位獲得!!【仲村わいん工房】

2009 仲村わいん 新酒
仲村わいん工房
Nakamura Wine ,Nouveau
Nakamura Wine Atelier

091121_12ボージョレ・ヌーヴォーの試飲会で、
このワインもまた、ブラインドで提出→
実は、到着したのが12本のみで、
この会用に1本のみを確保していたもの。

「葡萄の主体はメルロー」と、仲村現二さんは
添付のメモで教えてくれたが、今年の気候は
特にメルローには厳しかったはず。

7月中降り続いた長雨が8月にもずれ込み、
収穫が早いこの葡萄のダメージはかなり…
と言っていただけに、余り期待はしなかった。

が、出席者のグラスに注いだ時点から、
十分な濃度がある事がすぐに分かり、安堵。
そして、「これ、何だと思います?」
という私の問いかけに

091121_13「出足からダシ味!」と一発即答。
すぐに見抜かれてしまった。

でもそれ以上に、新酒らしいフレッシュさを持ちながらも、
楽しめるタンニン、十分な濃さ、味わいのバランス…
どれをとっても文句無し!
と、出席者全員が絶賛。

もし、ボージョレ・ヌーヴォーのランキングでなく、
新酒すべてをエントリーさせたら、間違いなくNo.1を獲得する評価。

仲村わいん、新酒も見事。
来年は、もっと早めに、もう少しの量を回して下さい!

09-1121 クリスマス的ルックス?

2009 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
ドメーヌ・レ・グリフェ(ピエール・デュルディリ)
Beaujolais Villages Nouveau
Domaine Les Gryphees Pierre Durdilly

091121_8この輸入業者は、いつも違ったドメーヌを紹介してきます。
前年が良かっただけに、変えるのはもったいないなぁ…と感じてます。
が、今年も、全く初めてのドメーヌを輸入してきました。

何せ、昨年飲んでないので、お客様に問われた時、
飲んでない私は、味わいを伝える事ができない…
という苦しさがあります。
「この輸入業者の持ってくるものは、毎年変わって、
毎年品質が極めて高いです」
と、言い訳めいた事を言わなければならないのがネック。

外観を見て、参加者の中から
『クリスマスを感じさせる』  という声が上がりました。
確かに。でもルックスだけじゃなく、内容は??

091121_9期待通り、濃い!
色濃く、紫のトーンを持ちながら、
美しいく艶のある外観。
しかし濁らずクリアーさを持ってます。

抜栓すぐに立ち上がってくるのは、
ストロベリー等の赤い果実系の香。
それに加えてバナナ。パイナップルなども。
まとまり良く、しなやかでエレガント。
多分、この日飲んだヌーヴォーの中では
最もまとまり良い美しさ。

どの要素も前へ出すぎようとはせず、
節度をもってバランス。
どれもが美しくまとまります。

いや、これは…、やはり上出来。
濃度もあって、果実は派手でなくバランス、
旨味も滑らかさの中で引き立ちます。

飲み残した翌日は、果実味がより前へ出て、
フルーティーさと果実の甘さが楽しませてくれました。
これは上出来、そして間違いなく『上質』。

私の評価は、2009年No.1! 参加者全員での評価は3位を獲得。
当たり!のヌーヴォーです!!

[同蔵元の、ヴィラージュでない、通常のヌーヴォーもあります]

09-1121 驚きの濃度、凄い内容!

2009 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
ドメーヌ・リュエ
Beaujolais Village Nouveau
Domaine Ruet

091121_6昨年の濃度不足、一昨年の厚みのなさにガッカリして、
今年は当初、自信を持ってお勧め出来なかったのが
このドメーヌ・リュエ。

ところが試飲してみると、グラスに注いで一発、
驚く程の濃い外観、そしてブッちぎりの風味。
イチゴのケーキを連想させる果実味や、バナナの果実味だけでなく、
オークからのヴァニラのニュアンスも受け取る事ができる。
そしてボディは、ヌーヴォーのくせにミディアム。
いや凝縮感も含め、それ以上。

果実のつまり具合は、他のヌーヴォーを引き離し
一段上で美味しさを主張する。

昨年までの風味が、この造り手の限界…
と勝手に思っていたのをあざ笑うように、、
》》これほどのポテンシャルを持つドメーヌなのだ!!《《
と驚かされる結果となった。

091121_750年に1度!と、騒がれる豊作ゆえの、
並みいる強豪の中、堂々の2位!
それを肯定せざるを得ない内容なのだ。

驚かされる程のレベルではないから…
という勝手な思い込みや、
昨年も、一昨年も薄い味だったから…
というのは、常に通用する概念ではない、
と痛感させられたドメーヌ。

嬉しい誤算で、数量が残ってる。
急いで買ってください。
これは、豊作2009年、最もオススメできるヌーヴォーの1本です。

09-1121 北向き急斜面の畑をブレンド!?

2008 ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
ドメーヌ・プラティエール
Beaujolais Villages Nouveau
Domaine Des Platieres

091121_4地味な外観で、販売面で損をしてしまうのが
このプラティエール。
しかし、一度飲んだ人は、その実力の高さを知ってるから、
地味にリピートが繰り返され、隠れた人気銘柄とも言えます。

その秘密は、平均樹齢の高さ。
表記はありませんが、なんと60年に達し、
収穫はすべて手作業で、ていねいに仕上げられます。
ネット系の激しい謳い文句はないのですが、
凄く真面目に、手抜き無く、仕上げるとここまで美味しくなるのかな…
と感じています。

091121_5特筆すべきは、15haの所有畑が
標高300mにあり、3/4が南向き、
そしてなんと1/4は北向き急斜面。

北向き?急斜面?なんて…と思いながら
飲んでみると、他を圧倒してしまう内容。
不利に思える北向きという要素さえ、
プラスに転換できているのでしょう。

2009年の外観は、このドメーヌとしては
今まで出会った中で最も濃い赤色。
香は果実が盛り込まれていてしとやか。

ツヤのある舌触り、木の匂いや、腐葉土の香まで感じさせ、
本当にヌーヴォーなの?…って思えるほどの
深く旨味ある味。

時間が経って空気に触れると、一段とふくよか。
他の高額なヌーヴォーもひしめく中、4位を獲得。
このプラティエールも飲んで損の無い上出来品です!

09-1121 今年もヌーヴォー

2009 ボージョレ・ロゼ・ヌーヴォー
ドメーヌ・リュエ
Beaujolais Rose Nouveau
Domaine Ruet

091121_2どうでも良いと思ってたロゼだけど、
どっこい、今年は少しばかり上出来なようです。
2008年・2007年より、
明らかに、果実味とフルーティーさが増していて、
ロゼの楽しさを感じる事ができます。

昨年は、白の新酒と大差無いじゃないの…
と思うほどの頼りない内容だったと記憶してますすが、
色彩も美しいロゼ色で、残糖はほぼ0で、
ライトウエイトな豚肉や、和食全般には
合わせ易い味構成です。

091121_3ロゼなんて…って5年ほど前までは
悪口しか言わ無かった私が言うのですから、
このワインの実力はかなりのもの…!!

ん~、このフルーティーさ。たまりません!!