08-0614 ヴォナ村・YASUDA 3

前2回で記したヴォナ村YASUDAの食事、
写真が悪いので、どうも美味しさが伝えられず、
少し田舎っぽく見えたかも知れない。

しかし、お料理の本質を味に求めるならば、
都会派のスタイリッシュなフレンチを凌駕する本質を持つ…
と私は感じている。

心を込められた絵が、鑑賞する人の心を打つように
ここの料理からは、何かを感じずには居られないのだ。

そして、ちょっとばかり驚いて頂きたいのは、その価格だ。
ランチではなく、夜なのだ。
私がお願いしたコース、

┏━━━┓
スープ
┗━━━┛
イエローピーマンのスープ
img0fbfcd8czikezj

┏━━━┓
肉料理
┗━━━┛
牛バラ肉の赤ワイン煮込み
img4e5a51dezik0zj

┏━━━━┓
デザート
┗━━━━┛
チョコレートのムースブラックココアのグラッサージュ
木の芽のシャーベット
レモンライムのムース
img232481abzikfzj

以上3品目で、1575円!なのだ。
(もちろん、パンもコーヒーもついてます。)
imgf729943azik1zj

安くて申し訳ないので、オードブル盛り合わせも頼んだが、これが1,365円。
┏━━━━━┓
オードブル
┗━━━━━┛
自家製無農薬スナックエンドウのサラダと
スナックエンドウのエスプーマーフレンチキャビア添え
フォアグラとトリュフの田舎風テリーヌ
ホタテ貝のテリーヌ
サザエのブルゴーニュ風
imgce8121aazik5zj

合計2,940円で、こんな贅沢なメニューだ。

一品一品にしっかりと手間と心がかかっている
のがすぐに分かる。

最近小食になってしまった?私には、十分過ぎる量。
そしてこのコスト・パフォーマンス。

だからこそ、やや不利な立地なのだが
ランチなんて、いつも列ができている。
皆んな、知ってるんだなぁ…と感じる。

ジョルジュ・ブランのように、ヘリポートはないけど、
高速道路・鴨方インターからすぐだから、
ちょっとばかし遠出の際には、立ち寄ってみてはいかがだろう…。
それだけの、いやそれ以上の価値は十分にあるから。

[The End]

08-0612 ヴォナ村・YASUDA 2

娘が行きたいと言うので出かけた
ヴォナ村・YASUDA(岡山県浅口市鴨方町)、
体調悪かった私だが、元気が出るメニューに
食欲がどんどん呼び起こされてしまった。

┏━━━┓
肉料理
┗┳━━┛
娘  愛媛県産 伊予のめぐみ豚のグリエ
┃  ブラックココアのソース きのこと竹の子添え
┃牛フィレ肉の自家製ベーコン巻き
┃フランス産うずらのポワレ 北海道産山わさびのソース

img678e0783zik9zj

香ばしい豚のグリエ、竹の子、マイタケの風味とブラックココア。
絶妙な味わいのバランス。

春野菜の苦みに寄り添うようなワサビの香味と辛味。
うずらのを引き立てて、見事な仕上がり。


私 牛バラ肉の赤ワイン煮込み

img4e5a51dezik0zj

しっかりと煮込んであるバラ肉。
キノコの風味も凝縮され、もう耐え難いほどの魅力。
チョッと角の取れた熟成ボルドーを飲みたい!
下草の香をもったヤツ。
理性を無くしてしまいそうになるほど…
時間と手間、この中に煮込まれたのはそれ以上に料理人の心。

それでもって贅沢な量。
十分過ぎておなかがもう一杯。
そう言いながらも、パンにソースを染みこませて
ついつい食べてしまうほどの上出来品。

┏━━━━┓
デザート
┗┳━━━┛
娘  (1)ガトーピラミッド
┃ (2)バニラ風味のマカロン
┃ (3)自家製無農薬甘夏みかんのシャーベット
┃ (4)グロゼイユのムース

imgb1ecdb62zik0zj
(1)少し甘いけど食感と風味が堪らなく美味しい。
(2)よそではマカロンを食べたがらない娘もここでは別。
一皿の中でちゃんと味わいと香りのバランスのアクセントになってる。
(3)(4)は娘の皿なので食べられなかった…


私 チョコレートのムースブラックココアのグラッサージュ
┃木の芽のシャーベット
┃レモンライムのムース

img232481abzikfzj

少し強いほどに木の芽の風味を残したシャーベットは新鮮そのもの。
レモンライムのムースは酸が強く、スッキリ。
チョコレートムースは程良く柔らかい甘さ。
味わいの鼎立。
それぞれが主張を忘れず、また配役も見事にこなす。

imgc0857593zik6zj
img7a11335czik1zj
img488473a1zik3zj

ワインが飲めなかったのは残念だけど、見事な仕上がり。
距離があっても、この店は、いつも行って良かった…
と思える価値がある。

imge607b518zikfzj

今日も、最高の気分を貰って満足、満足。