哲多ビンヤード Nr.03 哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ

哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ
原料ブドウ生産者 (有)哲多ビンヤード
ヤマト葡萄酒株式会社

ワインのテイスティングをする時、色んな目的がある。
純粋に自分の楽しみ…というのであれば、気は楽だ。

でも仕事で行うとなると、意味はかなり違ってくる。
まずは、コストパフォーマンスはどうか?
ここがかなり大きな分水嶺となる。
この味で売れるかどうか…

で、売れないな、と判断すれば、
もう自分の楽しみへと転換。
しかし、これは可能性があると断じれば、
その味わいの楽しさを受け止め、
徹底的に良い部分を引き出し、
細部まで感じ取る味利きを行わなければならない。

まして、このワインの場合、造り・原料葡萄の(ポテンシャルまで含めた)良否、
そしてワインとして進んで行く場合の可能性を、
分割して、シビアに判断しなければならない。

栽培地として見た時、原料葡萄の要素は日本トップレベルだと感じた。
哲多ビンヤードの畑の傍らに、何と山梨の某有名醸造所が畑を所有し、
栽培している…という事実も、その証明になると思う。

しかし、以前哲多ビンヤードの人が、料飲店に試飲を持って行き、飲んで貰った際、
「軽いと言われた。」…と記録が残っている。
どんな料飲店かは分からないが、この丸く艶やかでバター&ナッツ風味で、
アルコール度数が十分に上がったシャルドネの事をそう表現したとすれば、
その判断は客観的に見て間違っている。

一日で、2時間余りをかけただけのテイスティングでは、
深い部分まで探っているとは言えない…と、更に翌日、飲み直してみた。
使う側の立場では(そしてワインのポテンシャルとしても)、
二日目以降に伸びるかヘタるか…は、極めて重要なファクターだ。

二日目になって、風味が落ちたという感覚はほとんどない。
むしろ昨日より空気に触れ、柑橘系のオレンジ等の香が膨らんでいる。
しっかりとしたボディや、滑らかさなど、このボトルが、悪い方向には進むことはなかった。

更に三日目も同様の展開で、余裕を持ってグラス売りができると感じた。

このワインに関して、問題があるとすればその価格だな
と思いながら、新見の社長さんの待つ場所へ車を走らせた。

———–to be continued…

石原延秋,Senior Wine Adviser,J.S.A
(c) Ishihara Nobuaki,2010

哲多ビンヤード Nr.02 哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ

哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ
原料ブドウ生産者 (有)哲多ビンヤード
ヤマト葡萄酒株式会社

ネット上では、誇大広告や、
“嘘ではない”(けど真実でも無い)
というスタイルの表現が闊歩している。
だから、哲多ビンヤードの原料葡萄を、
『日本屈指のポテンシャルだ!』
と言えば、百人以上が登場して、指を折って
数えるかも知れない…なんて言い訳を
用意していると思うかも知れない。
しかし、それは違う。

ワイン好きに問いたい。

どんな土壌にシャルドネを植える?
石灰質土壌の上に山土が被っている…
と答えが返れば嬉しいだろう。

そして、標高は?どの程度を望む?200m位?
…この哲多ビンヤードA-14区画は、約400mだ。

日照は?もちろん晴れが続くのが嬉しい。
県北と言えど岡山県、別名『晴れの国』。
多分、日本中の葡萄栽培地のどこよりも、
降水量が少なく、天気の日が多いと言って良いだろう。

そして岡山県は、基本的に、台風の直撃は少ない。
まして県の北寄りである哲多町を台風が襲う事は希だ。

さらに、地形が概ね盆地なので、
強風の直撃から守られるだけでなく、
夏暑く、春秋は温度差が大きくなる。

オマケに、この山の上にある区画には、
霧まで発生し、貴腐菌も発生する。
(実は、次にはセミヨンを栽培し、貴腐を狙っている)

そんな場所…と聞けば、ワイン好きは驚くだろう。
しかも土壌の石灰岩は、一部の層ではなく、
奥底のずっとずっと下までがそうなのだ。

葡萄が、ミネラル分を吸い上げる事ができるだけでなく
もし降雨があっても、水はあっという間に捌けていく。

論理的に、これ以上のテロワールを日本の中で見つけ出すのは難しい…
と言えるほどの内容なのだ。

『日本屈指のポテンシャル』
は誇張などではなく、控え目表現で、私としては、
『日本一!』
と思っている。
(実は、更に+αな要素が存在している…後述!乞う御期待!)

この2008年シャルドネA-14 の味わいは、それを示すに十分…だった。
私は、この味香に感動、
ヴィンヤードの見学に行かねば我慢ならなくなっていた。

———–to be continued…

石原延秋,Senior Wine Adviser,J.S.A
(c) Ishihara Nobuaki,2010

哲多ビンヤード Nr.01 哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ

哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ
原料ブドウ生産者 (有)哲多ビンヤード
ヤマト葡萄酒株式会社

ワインの味を利いて欲しい…という依頼が来た。
どんな物かは分からないけど、紹介者が世話になった方だけに、
一丁やってみるか!と引き受けた。

ワインに向き合った時、どこ?
そんなのあったの?
…とつい口から漏れてしまった。

『哲多』というぐらいだから、
哲多町にあるのだろう。
岡山県北にあるにせよ
県民でも、どの範囲を
哲多と言うか?…は
少々困ってしまうような
(と言うと叱られそうだが)
知名度の低さだ。

いっその事、新見ワイナリー
の方が良かったのでは…
と経緯を知らない私は心の中で思った。

抜栓すると、圧着コルク。
無駄なコストをかけないのは良い事だが、
このワインの仕上がり価格からすると、
このコルクでは少々役不足では…
と感じてしまうのは厳しい判断かも知れない。

葡萄の育成収穫までは哲多ヴィンヤード、
醸造やボトリングは大和葡萄酒だから、
後者の考えによってこの栓になったのだろう…。
今後、どうなるか…は興味ある所だ。

さて、これからが本題。
グラスに注ぐと、若いワインだから、緑のトーンを?
と思っていたが、薄い色彩ながら、黄色・黄金系で
緑は余り感じない。

ワインの足はかなり長い。粘性がありとろんとしている。
香は、フルーツ、そしてバターとナッツ。
これは、実に綺麗に、美しく出ている。
空気に触れると一段とツヤが出て来る。
果実系はやや控え目ながら、
それでも柑橘が後から立ってくる。

舌触りは適度に滑らか、温度が上がると
クリーミーでさえある。
酸はそこそこしっかりとあるが、リンゴ酸ではなく、
乳酸系で、複雑でキメ細やかな印象。

表記では13%のアルコールとなっているが、
飲んでみると、多分、それよりは高い!と感じてしまう。
ただ、アルコールの高さは、お料理との相性を考える時
フレキシビリティが増して、より合わせ易くなるので、
この特性は使い方次第だろう。
まして、ガイジンさんなどには、よりウケると推測できる。

造り手の大和葡萄酒は、アルコール度数によって
頭封の色を替えるという。
このワインに使われている青封は14.5%までだそうだが、
本当に14%程度の強さを感じてしまうのは
私だけではないだろう。

樽の貯蔵などは一切感じない、アンウッド状態。
お世辞でなく、このワインに驚いた…というのが本音だ。

大和葡萄酒という技術力も経験もある造り手だからこそ、
この風味に到達できた、という要素は確かに大きい。
でもそれ以上に、原料となった葡萄のポテンシャルの高さを
いやが上にも感じさせられてしまった。

この素材は凄い。
これをもし、より今様風に仕上げられたとすれば…
そう考えると、ダイヤの原石を見ているような気持ちになり、
居ても立ってもいられなくなってきた。

そう、この哲多ビンヤードの葡萄は凄い!
多分、日本屈指のポテンシャルだ!

———–to be continued…

石原延秋,Senior Wine Adviser,J.S.A
(c) Ishihara Nobuaki,2010

10-0528 マリアージュの王道

ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2006
ミッシェル・ピカール
Bourgogne Pinot Noir 2006
Michel Picard

倉敷美観地区・フテューラ・フルールのシェフが、
6月のランチmenuを持って登場!

鴨だ!
オレンジソースだ!!

マグレ鴨のロースト
オレンジソース
マスタード風味

ならばお約束のピノノワールを。
それもニューワールドでない、ブルゴーニュ産を。
これは、他のワインでは代え難い組合せ。

ニューワールドでも南仏でも、ピノを使った
おいしいワインはあるじゃない…
と言われても、合わせようとする領域が違う。
価格の高低でなく、もっと精神的なレベルの話。
コシヒカリを炊きあげて茶碗に盛った時、
コンソメスープではなく、澄まし汁に手が伸びる…
という、理屈でない世界の話だ。

ソースがまたこれ心地良く鴨肉を引き立てるからなおさら…。
あるフランス人ワイン生産者が、
「マスタードはワインに合わない」
と言ったので驚いたが、このマスタードの香を絡めた
オレンジソースは、ピノノワールに向けて
レールを引いているかのようだ。
鴨肉をフォークで口に運ぶ。
フォークを置いてグラスに持ち変えた途端、
それは軌道の上を進むように口に接する。
液体が流れ込んで来た時…
離れていた恋人が出会った時の感激。
口の中で抱擁,素晴らしいマリアージュが
繰り広げられる。

テーブルから口へ、グラスの通る軌跡は、
ヴァージン・ロードに違いない!
と思えるほど。

「王道」と言えるマリアージュ。そして
世界中のどのお料理も成し得なかった調和が
ここに繰り広げられていく…。

この組合せ、ぜひ一度。
ご体験頂きたいと思う。

10-0513 今月はブランケット!

イル・ラ・フォルジュ ヴィーニュ・デ・コトー シャルドネ 2008 ヴァン・ド・ペイ・ドック
Ile La Forge Vignes des Coteaux Chardonnay 2008 Vin de Pays d’Oc

倉敷美観地区・フテューラ・フルールのシェフが、
この日、例によってお料理を持って登場!

今月のランチメニューは、仔牛のブランケット。
脂っこさは少なそうだし、白いソースということで
今回は白を選択するのが妥当?
と思いを巡らせる。

ワイン自体が美味しいもの、
価格が控えめなもの、
抜栓して数日間は美味しさを維持できるもの、
そして、このお料理と美しく調和するもの…
という条件で考える。

ワインが主張し過ぎると
お料理とぶつかり合う。
と言って、引き過ぎると美味しく感じない。
微妙な均衡を狙わなければ
到達できない領域を目指す。
価格も上限を考えなければならないし
年数を経た物では日持ちがしないので
できれば若くて実力を発揮できるもの。

そして、結論として導き出したのがこれ。
南仏・ラングドックの巧者=ポール・マスが
造るシャルドネ。

舌触り滑らか、まったりとした印象のシャルドネ。
でもフルーティーさをきっちりと持っている。
派手でないオレンジ&蜂蜜香。
樽貯蔵を謳いながらも、抑え気味のオーク香、
そして心地良いナッツ風味。
どの要素も、一歩引いた部分で構成され、
それが懐の深さになってお料理を受け容れる。

ホワイトソース煮込みと無理なく調和し、
美味しさは違う次元へと進んでいく。

この心地良いマリアージュ、きっと
「おいしい!」
というお客様の言葉を引き出してくれるに違いない。

時代が追いついてきた…リアルワインガイド・旨安ワイン6本セット【関東~九州送料無料】
イル・ラフォルジュが含まれるセットです。

10-0325 トラミナー…

2006 ノルトハイマー・フォーゲライン
トラミナー シュペートレーゼ トロッケン
グラサー・ヒメルシュトス

Nordheimer Vogelein
Traminer Spatlese Trocken
Glaser Himmelstoss

フランケンの辛口シュペートレーゼ。
しかも造り手は超一流のグラサー・ヒメルシュトス。
葡萄品種が『トラミナー』。
このスペックなら、ワイン屋として
試さなければならない事項がある。

つまりは、辛口、フランケン…だけならば
食事との相応の調和を求めて終わり。だが
超一流蔵元・上級品たるシュペートレーゼ、そして
芳香溢れる葡萄品種なればこそ
挑まねばならない難問。それは、
“刺身との調和”。
もちろん、素の状態でなく、
ワサビをちゃんと使い、活きの良いネタ。

鯛の刺身。
どうだ!?
と口に運び、マリアージュを探る。
調和のみ追求して89点か。
十分に合ってる。多分、和食の店で出して良いレベルに到達。
だけど、飲み手・食べ手を驚かせる領域には届かない。
これほどのワインであっても、
「おいしいよ。合ってる。」という状態。
悔しいけど、刺身はやはり難しい。

そこで、他の素材に合わせてみると…
これはもう、非常に良い。
ハム類、和食、焼き魚、煮豆、肉じゃが…
我々が食べる日本食には、極めて相性が良い。

香は、バラ、白い花、マスカット、紅茶、カリン、
パイナップル、焦げた砂糖…など。
舌触り滑らか、旨味多く複雑、多くの要素が凝縮。
ボディしっかりの辛口、後味も豊かで長い。

この液体は、果実から滴ったもの…それを感じさせてくれる
美味しいワインだ。

ノルドハイマー フォーゲライン トラミナー シュペートレーゼ トロッケン[2006]グラザー・ヒンメルシュトス 750ml

10-0413 世の中の流れの中で…

2007 ピノ・ビアンコ
ヴェネツィア・ジューリア・IGT
ルカ&パウル
Pinot Bianco Venezia Giulia IGT
Luca & Paul

このワイン、抜栓すぐは
少々物足りない…
というよりもバランス感に欠けていた。
しかし、時間が経って空気に触れるとドンドンよくなる。
なかなか深い樽使いの本格派だ。

ピノ・ビアンコ100%。単位収量42hL/ha。
手摘みで、420箱/年の生産という零細醸造所。
発酵は、ステンレスタンクと樫樽。主発酵後、
樫樽とステンレスタンクでマロラクティック発酵。
熟成は、500リットル・新樽100%で15ヶ月の樽熟。
バトナージュも行う。

だからこそ、この深くて複雑な味わい。
乳酸がしっかりと増えていて、樽のニュアンスが凄い。
酒質が強く、二日目・三日目の方が味わいを発揮し、より楽しめる。

飲み残したら単純にスクリューキャップを締めるだけ。
そして冷蔵庫に入れておけば良い。
翌日は、より美味しいワインに化けてしまう…
という不死身のボディ。
香も、ヴァニラ、ナッツ、バターなど、
こってりした印象を助長させる要素が前に出て、
原材料の確かさ、醸造・熟成の手抜きの無さが味わえる。
舌触り滑らか、旨味もある上にミネラリー、
ふくよかでビターな締まりが何とも言えない世界へ誘う。

この価格は、超お買い得。
放出品だけに、早めに確保したいワイン。

10-0402 テルモは凄い。

2005 レメリュリ レゼルヴァ
リオハ DOC
レメリュリ・S.A
Remelluri Reserva Rioja DOC
Granja Ntra Sra. de Remelluri.S.A

レメリュリ2005年レゼルヴァ。
前のヴィンテージより更に良くなっている。

外観上はしっかりと濃く十分な風格。
果実・ヴァニラ・スパイス・ハーブ…と、
多くの香が湧き出してくる。

舌触り滑らかで旨み多く、凝縮感しっかり。
しかし圧倒してくるワインでなく、優しく柔らかく、
気持ち良い余韻を長く伸ばす。
時間が経つに従って、次々と
美しい姿を見せてくれる奥行きは見事。

17℃以上で飲みたい。
スペインの本当の美味しさを楽しませてくれる高級品。

 レメリュリは、現在スペインで最も注目すべき醸造家
=テルモ・ロドリゲスの実家。
親に乞われ醸造を手伝ったが、
1999年を最後に同醸造所を去った。

親は伝統的スペインの踏襲を、
テルモは世界品質を望んだ為、
道が合わなかったのではないかと思う。

歳月は流れ、スペインも世界も大きく変わり、
再び実家のワイン造りに手を貸す事になった。
互いの理想…スペインらしさの維持 &
世界市場に胸を張って出せる品質
…かつては不可能だった両立を
テルモの進化と、醸造経験が可能にしたに違いない。

レメリュリの畑は標高650mと高く、
区画を石垣で囲み、分割管理している。
平均樹齢50年以上の贅沢な葡萄樹を
25区画に分けて収穫・醸造し、
凝縮した高品質ワインを得る。

このワインはリリース直後ながら、5年経過している。
国内向は“グランリゼルヴァ”だが、
輸出向はランク・ダウンの“リゼルヴァ”表記。
「長く熟成したからといって良いワインになるとは限らない。
僕がワインの声を日々聞きながら決める」
…とは、いかにも彼らしい言葉。

葡萄比、テンプラニーリョ90%、ガルナッチャ5%、グラシアーノ5%。
小樽(仏産75%、米産25%)熟成は17ヶ月。
この2005年の評価は極めて高く、既に品薄。
美味しいスペイン、このワインに極まれり!

10-0502 倉敷でワインを飲むなら…

煉天地 イタリア・シチリア料理店
〒710-0055 倉敷市阿知2丁目19-18
TEL 086-421-7858

ワイン屋をやってると、
「倉敷でワインバーはない?」
「美味しくワインを楽しめる店はない?」と、
結構頻繁に尋ねられる。

しかし、複数の種類を抜栓して
飲み比べができるようなバーが無いのが悲しい所
(知ってる人がいたら教えて下さい!!)

でも、10:30閉店とは言え、このイタリア料理店は
ワインを何種類もグラスとして提供している。
ワインだけ飲むのも歓迎。気が引けるなら、
アンティパストミスト 1,800円
をオーダーして、複数人で分ければ良いし、
(2人なら十分過ぎる量)
一人なら 『ミニ』アンティパストミストを頼めば1,000円でアテにできる。

グラスワインは、5月1日、以下のようなラインナップ。
(旬を読んで不定期に変化させる。)


グラディウム(スペイン)  600円
フリウラーノ(イタリア)   650円


ラ・ミッション カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルヴァ (チリ) 650円
グラディウム テンプラニーリョ  (スペイン)          600円
ピノノワール フォンシュタインフェルド(オーストリア)     700円
ベネヴェンターノ アリアーニコ(イタリア)            650円
ヴァン・ド・ペイ・ドック シラー ジャン・クロード・マス(フランス) 600円

これらすべて、グラスで飲む事ができる。
1年ほど前までは、イタリア産に固執していたが、
他国のコスパが高く、味わいを重視してワールドワイドなセレクション。

何よりも、ソムリエールの奥さんが選び抜いているので
その味わいは折り紙付き。
「グラスワインって美味しい!」
とお客様に言って頂く努力を重ねたメニュー。

ちなみに、本日、面白いものはないか…
と尋ねられた私が、持ち込んだのが以下。

フェウド・アランチョ
グリッロ

シチリア島の地葡萄、そして造り手。
ルックスが良すぎて、少し警戒したけど、
内容はすこぶる良かった。
フルーティーで軽やかながらも滑らかさがあり、
さらにバランスが良く、微妙な奥深さを持ってる。
もう少し暑くなったら登場させるかも…

ドルチェット・ダルバ
イ・クワランタ

40歳にして独立してワイン造りを始めた…
という女性の造り手。
凝縮感も飲み応えもあり。
アルコールもしっかりと上がっていて、
開いてきたほうが、よりパワーを発揮。
かなり良いけど、グラスとして使えるかどうか
は検討の余地あり…

といった感じで、持ち込んで一緒に飲むワインを
徹底してセレクト。
(実は既に10数品目はNGが出てる…)
こんなブルスケッタやカポナータ…
これはもう、最高!
私の知人のイタリア人に、「日本に来て、初めてイタリア料理を食べた気がした!」
と言わせた料理、美味しいワインを飲めば気分はすっかりイタリアだ。

10-0501 ボルドー物語 [06-5]

シャトー・ラトゥール その5
最高のワインの一つ

第二次世界大戦後、ラトゥールは、
イギリスの財閥・ピアソン家に買い取られた。
もしかしたら、老将トゥールボットの求める心が
時空を越えて生き続けたのかも知れない。

ピアソン家は英国人の意地にかけ、この偉大なシャトーを
万全なものにしたように思える。
1989年からアルコール業界大手・アライド・ライオンズと共同経営し、
成果を上げている。

伝統的を確実に維持しながらも、ステンレスタンクなど
現代のハイテクをいち早く採用、最高の品質を常に提供する“塔”は、
ボルドーの1級の中でも、最高であると考える人は多い。

剛毅で情けを持ち、媚びず、しかし気品を鼻にかけず、
がっしりと頼もしいボディからは男らしさを放つ…
永年に渡り熟成を積み重ねていくラトゥールこそ、
ボルドーで最高のワインの一つと言って良いのだろう。

[To Be Continued…]

シャトー・ラトゥール[1994]Chateau Latour 1994