10-0322 千里丘~尾道へ…

凄い一日
9時間ちょうど、在来線乗り継ぎました。

11011p1この日、輸入業者ヘレンベルガー・ホーフの試飲会。
大阪、千里丘に向けて…行く!
この業者の紹介で、娘がドイツのフーバー醸造所に
お世話になったこともあり、
wifeと娘との3人連れで出発。

でもBinBawな我が家は、電車代節約のため、
青春18切符を使用しての千里丘行き‥となる。
在来線を乗り継ぐ場合、この切符が使える期間は、
座れないことが多くなる。だから、ルートと時間帯を
考慮して動かねばならない
倉敷駅発が、7:55 と 8:03。
c0178330_22562019前者は山陽線経由、後者は赤穂線経由。
一般的な移動は前者、だから
人が少なくなるのが後者ということになる。

従って30分近く多く時間を要するものの、
座っての移動を望むなら、後者を選択する方が正解となる。
それだけに、移動中も仕事を‥とばかり、ノートパソコンに
9時間駆動のバッテリーを装備させて出発。
8:03 倉敷

9:38 赤穂

10:04 網干

11:28 大阪

11:46 千里丘  Total 3:43c0178330_22555328
というタイムスケジュールの間、
しっかりと仕事をこなしながら移動。
ワイン解説を7つほど書き上げ、
通常営業日以上の作業結果を残す。

さて、千里丘到着後、まずは食事。
毎度おなじみのこの店だが、
いかにも大阪的に、うどんとカツどん。
何ともいえないこの組み合わせが嬉しい。
そして会場ハウスメッセへ。
しっかりと試飲。種類が少な目なだけに、
入念な試飲が可能。

c0178330_2353297ジャン・ブシャーさんが来場され、
セミナーが開かれていた。

提供されるワインの本数は、
近年の試飲会としては少なめ。
でもそれだけに2~3周して、徹底した
テイスティングできるのが良い所。

この日、最も心に残ったのは、有料試飲ながらも
ラッツェンベルガーのグローセスゲヴェックス。
その圧縮された風味は、今までにない世界。
感動モノでした。

c0178330_2257317さて、会場を後にして、
14:42 千里丘

14:51 新大阪

16:24 相生

17:41 岡山
↓ そして倉敷を通り過ぎて
18:58 尾道到着。  4:16→Total 7:59

一日何度でも乗降自由なのが青春18切符。
これで尾道のBAR らぱんへ。
c0178330_22574499c0178330_2305463
我が家揃って大ファンのお店。シックで、和める素敵空間。その上、ワインはもちろん食事も美味。
ワンプレート(噂に違わぬ驚きの内容)             お約束のほうれん草サラダc0178330_22581021c0178330_22584069


パスタセット
c0178330_2259226c0178330_22594923

c0178330_230874c0178330_230082c0178330_2259127
↑パスタセットに付くサラダ。
さらに次々と注文するメニュー

c0178330_2311510さすがに疲れて帰りは少しだけ早めて、
21:47尾道発。

22:48倉敷駅着。  1:01→Total 9:00

家に辿り着いたのは、ほぼ23時。
一日のうち、ジャスト9時間、在来線に乗っていた。
それで、大阪の試飲会と、尾道のお得意様‥
へ3人揃ってでかける、というハードながらも
充実した楽しい一日。

48種類のワインを3回り試飲し、
うどん&カツ丼だけでなく、
ワインを2本開けて、パスタや盛り合わせを食べた。
移動電車の中では、ワイン解説を9個書き、
撮りためたTV番組のターミネーターサラコナークロニクルズ
を8週間分見る‥というレジャーもこなした。

凄い一日でした。

ボルドー物語 インデックス[index]

ch_margaux

ボルドー物語[1]1855年ボルドー地方・メドック格付

ボルドー物語[2-1]ポンパドールとコンティ公

ボルドー物語[2-2]ポンパドールとリシリュー、そしてコンティ公

ボルドー物語[3-1]ロートシルト家 その1 タペストリーの裏側を

ボルドー物語[3-2]ロートシルト家 その2 五男ジェームス

ボルドー物語[3-3]ロートシルト家 その3 三男ネイサン

ボルドー物語[4-1]
シャトー・ムートン・ロートシルト その1 1級を、常に越えるワインを…
ボルドー物語[4-2]
シャトー・ムートン・ロートシルト その2 求められるのは論理や理屈でなく…
ボルドー物語[4-3]
シャトー・ムートン・ロートシルト その3 アートとの融合
ボルドー物語[4-4]
シャトー・ムートン・ロートシルト その4 されどムートンは変わらず。
ボルドー物語[5-1]
シャトー・マルゴー その1 ラフィット、ヴェルサイユを席巻
ボルドー物語[5-2]
シャトー・マルゴー その2 デュ・バリ夫人登場
ボルドー物語[5-3]
シャトー・マルゴー その3 ポンパドールに倣って…
ボルドー物語[5-4]
シャトー・マルゴー その4 退廃的な美の象徴。そして破滅…
ボルドー物語[6-1]
シャトー・ラトゥール その1 宮廷で持て囃されぬ者
ボルドー物語[6-2]
シャトー・ラトゥール その2 老将軍ジョン・トゥールボット
ボルドー物語[6-3]
シャトー・ラトゥール その3 奪還を望む理由
ボルドー物語[6-4]
シャトー・ラトゥール その4 もう一匹のライオン
ボルドー物語[6-5]
シャトー・ラトゥール その5 最高のワインの一つ
ボルドー物語[7-1]
シャトー・オーブリオン その1 境界を越えさせてしまう存在
ボルドー物語[7-2]
シャトー・オーブリオン その2 ポンタックから始まるエリートの系譜
ボルドー物語[7-3]
シャトー・オーブリオン その3 フランスの救世主
ボルドー物語[7-4]
シャトー・オーブリオン その4 国の存続を支えた存在
ボルドー物語[7-5]
シャトー・オーブリオン その5 自慢の栓抜きの横に飾りたいワインは…
ボルドー物語[7-6]
シャトー・オーブリオン その6 国外に向けても、輝き続けていた
ボルドー物語[7-7]
シャトー・オーブリオン その7 1855年格付けを完璧に
ボルドー物語[8-1]
シャトー・ラミッション・オーブリオン その1 ワインの守護神=聖ヴァンサン・ド・ポール
ボルドー物語[8-2]
シャトー・ラミッション・オーブリオン その2 石に変えられた聖者

ボルドー物語[8-3]
シャトー・ラミッション・オーブリオン その3 天上人を地上に、地上の人を天上に…

ボルドー物語[9-1]
シャトー・オーゾンヌ その1 右岸のトップ

ボルドー物語[9-2]
シャトー・オーゾンヌ その2 孤高という言葉がふさわしい

ボルドー物語[10-1]
シャトー・シュヴァル・ブラン その1 白馬亭

ボルドー物語[10-2]
シャトー・シュヴァル・ブラン その2 サンテミリオンの対極

ボルドー物語[10-3]
シャトー・シュヴァル・ブラン その3 ペガサスの立ち寄る場所

ボルドー物語[11-1]
シャトー・ペトリュース その1 スポットライトを当てさせた品質

ボルドー物語[11-2]
シャトー・ペトリュース その2 人生の教訓にしたい銘柄

ボルドー物語[12-1]
シャトー・ディケム その1 我々が手を出すのを拒む?…

ボルドー物語[12-2]
シャトー・ディケム その2 ジェファーソン、自分用に120本!

ボルドー物語[12-3]
シャトー・ディケム その3 その美味しさはコンスタンティン公に黄金の盃を作らせた

ボルドー物語[12-4]
シャトー・ディケム その4 『究極の味覚』に、限りなく近付ける

継続執筆中、続きをお楽しみに!

6355g3333g3330g4687g
シャトー・ラトゥール[1994]

10-0316 ボルドー物語 [05-4]

シャトー・マルゴー その4
退廃的な美の象徴。そして破滅…

mas009

ラフィットの気品を越えたセクシーさと膨らみを持つワイン。
そしてルイ15世が腹心達に漏らした言葉が、
すべて当てはまるような、退廃的でさえある美の象徴、
それこそがシャトー・マルゴーと言えるだろう。

小説家に好まれる要素をしっかりと詰め込んである点で、
ヘミングウェイがその美味しさに感激して娘に「マーゴ」と付けたとか、
日本の小説でも主人公が死ぬ前に飲むとか、
色んな場所に登場してくるのは、その味香がさせることだろう。

なんと、デュ・バリ夫人は、これを手に入れる為に
義弟のデュ・バリ伯爵を、マルゴーの所有者である
フュメルの一人娘と結婚させたのだ。

そうでなくても王におねだりして、城だ、貴金属だ…と、
富を築いていたデュ・バリ夫人の敵が
いっそう宮中に増える(*203)結果となった。

だからルイ15世63歳死去で、一挙に失墜。
義弟さえもアルジクール伯爵と変名し、絶縁してしまう。
周囲から完全に孤立し、デュ・バリ夫人は完全失脚した。

こんな、悲しさや破滅的な要素も匂わせる部分も、
もしかしたらシャトー・マルゴーの魅力の一つなのかも知れない。

[To Be Continued…]
————————————
(*203)デュ・バリ夫人の名前の 「バリ」は、仏語のワイン樽と
同じ発音。同じく樽を意味する「トノー」という言葉を使い、
宮中で風刺が横行した。つまりデュ・バリ夫人そっくりの
化粧をさせた高級娼婦を 「デュ・トノー夫人」と称して、
ヌードにさせ、樽の鏡を抜いた筒状になった物を着せて、
皆の前を連れて歩いたという。

6355g3333g3330g4687g

10-0316 ボルドー物語 [05-3]

シャトー・マルゴー その3
ポンパドールに倣って…

460px-Du_Barry

ルイ15世の愛人の座をゲットしたデュ・バリ夫人、
彼女が若い肉体と美貌を武器に、宮廷入りする前に
関係した男は数知れない。
警察の調書にさえ、それらしき記述があるのは驚きだ。

「美人で色っぽく、生気あふれて」…までは良いのだが、
「願ったり叶ったりの蓮っ葉女」と記されている。
取調官との何かを感じずには居られまい。

さらに、ルイ15世が腹心達に、彼女の事を
漏らしている言葉が呆れるほどだ。

リシリューに、
「朕はデュ・ヴァリに満悦しておる。この身が
60歳であることを忘れさせてくれる秘法を知り尽くす
フランスでただ一人の女だ」

アヤン公には
「今まで知りもせなんだ全く新しいやり方での快楽をむさぼっておる」

ノアイユ公に
「こんなにも燃え上がる欲情と、とろけるような快感があるとは、
彼女を知るまで思いもしなかった」

…こんな卑猥な言葉を、60歳を越えた爺様に言わせるのだから
よほどの人に違いない。

デュ・バリ夫人とルイ15世の関係は、お互いの
欲望で保たれており、愛は余り存在しなかったのだろう。
しかし、彼女は、心得ていた。
宮廷第一の愛人の座を保つには、それだけでは
ダメなことを知っていた。

そこで貴婦人としての言動や生き方の手本を、
すぺてポンパドールに求める。
ポンパドールが手に入れたものは自分も手に入れ、
ポンパドールが考えた事を自分も行動に移して行く。
そこで当然ながら、シャトー・ラフィット・ロートシルトを飲む事になる。

ラフィットがポンパドールによって愛され、
宮廷にセンセーショナルに登場したのを見て、
当初デュ・バリ夫人もシャトー・ラフィットを愛飲する。
しかし、ラフィットに勝るものを宮廷に紹介する事により、
心の師匠=ポンパドールに並ぶことができると考え始める。

そこで彼女がヴェルサイユに持ち込んだのが、
天下の美酒と誉れ高い「MARGOUZE」(マルゴーズ)。
そう、ボルドーの女王として誰もが知る、偉大かつ深淵な、
シャトー・マルゴー(*202)なのである。

[To Be Continued…]
————————————
(*202)当然ながら1855年の
格付け第1級指定。5大シャ トーの一つ。

6355g3333g3330g4687g

10-0316 ボルドー物語 [05-2]

シャトー・マルゴー その2
デュ・バリ夫人登場

Madame_Dubarry1

最上のワイン=ラフィットをコントロールし、
常に晩餐会でイニシアチヴを握り、
ヴェルサイユで権勢の限りを誇っていたポンパドールだったが、
1764年4月15日の雨の夜、42歳の若さで死んでしまう。

ルイ15世はショックを隠せず、それから当分の間、
愛人を作ることはなかった…。
が、2年経ち3年経つとあまりの寂しさに
心の中をすきま風が吹くようになる。

そして5年後、58歳になったルイ15世は、
25歳のジャンヌ・ベキューを愛人にした。

彼女は貴族の世界とは関係のない、平民の出。
だが、ポンパドール同様、とてつもなく
権力の座が好きな女性だった。

ポンパドールほどの策略・知謀は無いかわりに、
よりセクシーで肉感的な魅力に溢れ、
それを徹底的に武器にしてのし上がった。

貴族でなかった彼女は、20歳の時、
デュ・バリ子爵の情婦となった。
彼は、「札付きの大山師」、「極道の帝王」と
悪評高い男だったが、この男によって、
ジャンヌ・ベキューは
『デュ・バリ夫人』
という称号を得る。

平民の彼女にとっては、貴族の一人という証明書を
発行してくれるならどんな相手でも構わなかった。
いや、この子爵と共に過ごした数年が、
デュ・バリ夫人のセクシーさに
より一層磨きをかけた事は間違いない。

彼女もまた、セクシーさだけでなく、
生来の頭の良さ、そして溢れる野望を持っていた。
そして、それら持てる物すべてを駆使し、
ルイ15世最後の愛人の座に着いたのである。

[To Be Continued…]

6355g3333g3330g4687g

ひるぜんわいん新ワイナリー【全7回】[index]

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 1 蒜山で腹ごしらえ&新ワイナリーの所在

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 2 ワイナリー外観と内部

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 3 自慢のグラッパ設備

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 4 醸造設備

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 5 ワイナリーで販売するチーズ

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 6 ラッテ・バンビーノ

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 7 蒜山のテロワール

6355g3333g3330g4687g

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 7

蒜山のテロワール
〒717-0602 岡山県 真庭市 蒜山 上福田 1205-32
TEL 0867-66-4424

100315_9蒜山というテロワールは、
どういったワインを生み出せるのだろう。
晴れの国・岡山…というイメージとは
全く異質の冷涼な気候。
倉敷で最高気温9℃だったこの日、
蒜山の最高気温は3℃、最低気温は0℃。
粉雪が路面で踊っている様など、
瀬戸内生まれの私には、初めての経験。
「当たり前だがね。」と、一笑された。

100315_10だが、奇しくも私が訪れた翌朝、辺りは一転銀世界。
蒜山は60センチと、今年一番の積雪に見舞われた。
ワイナリーの前が雪に埋もれてしまい、
雪かきしないと入れない状態になった…
とワイナリー長の植木さんから送られた
画像がこれだ。

そして、冷涼な気候以上に特徴的なのは土壌。
『暗土』と呼ばれ、やや柔らかく、黒く、栄養価が低い。
火山灰系土壌の、この痩せた土壌は、
葡萄にとって、結構理想的な土壌ではないか…
と思える。

100315_11例えば、ベスビオス火山の麓に、
アリアーニコやグレコが育つように、
この地にも、もっともっと適する葡萄が
ありそうな気がしてならない。
もちろん、ずっと栽培してきた山葡萄は財産で、
ずっと栽培して欲しいが、ワインとしては、
さらに広い展開を見せて欲しい…と願っている。

現在、人材も揃い、やる気満々。
さらにワイナリー新設で、設備が揃えば
岡山県民ならずとも、本当に楽しみな
ワイナリーと言えるだろう。

100315_12日照はしっかりとあり、
朝晩の寒暖差もある、冷涼なテロワールから、
より美味しいワインが生まれ、
それを皆が楽しめるようになる…

そんな日を夢見ながら、
今回はお話を伺ってきた。

いずれ遠からぬ春を夢見ながら
ひるぜんワインのより高品質への歩み
を願ってやまない。

ひるぜんわいん 新ワイナリー[index]に戻る
ブログトップに戻る

6355g3333g3330g4687g
[The End]

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 6

ラッテ・バンビーノ
〒717-0602 岡山県 真庭市 蒜山 富山根 681-1
TEL 0867-66-2925

100315_4新ワイナリーをスタートさせた時に、
セット・メニューとして使うチーズを造る人…
の所へ連れてって!
とお願いしたら、ご多忙の中
時間を割いて下さいました。

『ラッテ・バンビーノ』
というブランド。
造り手の川合省吾さん登場!

100315_5確かに、少し気難しそう…
って言えるほど、私も丸い人間じゃないので
色々とお願いしてみました。

すると貯蔵庫からチーズを出して下さり、
試食させてくれました。

まずはゴルゴンゾーラ・ドルチェ。
そんな変わり種、国内で造ってる人が
いること自体おどろきです。

100315_6そして、このゴルゴンゾーラ・ドルチェ、控え目な塩加減で
ミルクの風味が生きています。その上エキゾチック。
なかなかのバランスと言えます。
国産でマトモなブルーなんて存在すると思っていなかった
私には感動モノでした。

100315_7
次に川合さんが出してくれたのが、マンステール。
ワザと繊細で優しくなるように仕上げた…
と言うだけあり、ウォッシュ系が苦手な私も
楽に食べられた。

逆に、ウォッシュ好きのWifeは少し物足りない…
とのこと。
100315_8賛否両論、あってしかるべきだと思うし、
私は、この優しさと繊細さを賞賛したい。

帰りがけに、モッツァレラと、スティルトンを買いました。
モッツァレラは、翌日食べてみると、とてもミルキーなのですが、
火を通した方がいいかな…と感じました。
スティルトンは、なかなかの出来です!
ちょっと驚き。赤ワインとすんなり合います。
フルボディでなくても、チーズが穏やかなので
概ね綺麗なマリアージュを見せます。

特にカマンベールと共に、お薦めです。

こんなチーズを造る人が、同じ岡山県に
居るというだけでも嬉しい…。

これから先、ワイナリーのスタートと共に
話題を提供してくれそうなチーズです。

[To Be Continued..]

6355g3333g3330g4687g

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 5

ワイナリーで販売するチーズ
〒717-0602 岡山県 真庭市 蒜山 上福田 1205-32
TEL 0867-66-4424

100315_1新ワイナリーオープン後、
カフェで販売するフードメニューには、
チーズ&ワインセットがある。

使うチーズは、従来までの物でなく
蒜山で、気合いを入れて造っている
個人生産者の物にしたいとのこと。

チーズ用に…と、牛の品種改良にまでこだわった
ということで、その試食はいやが上にも盛り上がる。

まず、カマンベール。
これはミルキーさも十分で、国産の物としては
秀逸と言って良い。
内部の色が凄く濃いのは何故?と、思ったら、
くちなしの色素で着色したとか。
ありきたりでは面白くないって事か??
繊細で、とても濃いミルクの風味が口いっぱいに広がる。
100315_2土地のワインには土地の食べ物!
蒜山のワインとのマリアージュが楽しみなクォリティだ。

次に出されたカチョカバロ。
ギュッと詰まったコク。
贅沢に焼いた状態で食べてみたかった。
でも、そのままでも、ミルクの濃さはしっかり!

100315_3チェダー。
これは汎用性が高く、ハイレベルな仕上がり。
場面を考えて使うと、かなり面白い素材。

他にスチルトンも造っているとのこと。となると、
フランス系・イタリア系・オランダ系・イギリス系…
と、国籍にこだわらない取り組みは、
なかなか難しい事に違いない。

これほどの、個性あるチーズが生産されるのは、
立派な造り手が居るからに違いない。
よく聞いてみると、かなり偏屈な熱中人らしい。

良い物を造るのに、偏屈さがなければ不可能。
是非その造り手の所まで連れて行ってくれ!
と、忙しいワイナリー長にお願いした。

[To Be Continued..]

6355g3333g3330g4687g

10-0308 ひるぜんわいん 新ワイナリー 4

醸造設備
〒717-0602 岡山県 真庭市 蒜山 上福田 1205-32
TEL 0867-66-4424

100309_11設備が新しくなったのは
ホールや貯蔵設備だけではない。
ワイナリー裏に内包する醸造設備も
クリーンな最新機器にリニューアル。
より理想に近い醸造が可能となった。

醸造タンク・貯蔵タンクも規格を揃え、
すべてを効率良く生産貯蔵できるよう
整えたのがわかる。

100309_12オゾンの発生装置も常備し、
雑菌繁殖を防ぎ、
より綺麗な発酵が進むようにしている。

懸案だったポンプも新型になり、
より理想的な液体の移動が可能になった。

これから先、どこまで伸びていく?
その品質を見守ってみたい…という期待を抱かせる設備だ。

[To Be Continued..]

6355g3333g3330g4687g