哲多ビンヤード Nr.03 哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ

哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ
原料ブドウ生産者 (有)哲多ビンヤード
ヤマト葡萄酒株式会社

ワインのテイスティングをする時、色んな目的がある。
純粋に自分の楽しみ…というのであれば、気は楽だ。

でも仕事で行うとなると、意味はかなり違ってくる。
まずは、コストパフォーマンスはどうか?
ここがかなり大きな分水嶺となる。
この味で売れるかどうか…

で、売れないな、と判断すれば、
もう自分の楽しみへと転換。
しかし、これは可能性があると断じれば、
その味わいの楽しさを受け止め、
徹底的に良い部分を引き出し、
細部まで感じ取る味利きを行わなければならない。

まして、このワインの場合、造り・原料葡萄の(ポテンシャルまで含めた)良否、
そしてワインとして進んで行く場合の可能性を、
分割して、シビアに判断しなければならない。

栽培地として見た時、原料葡萄の要素は日本トップレベルだと感じた。
哲多ビンヤードの畑の傍らに、何と山梨の某有名醸造所が畑を所有し、
栽培している…という事実も、その証明になると思う。

しかし、以前哲多ビンヤードの人が、料飲店に試飲を持って行き、飲んで貰った際、
「軽いと言われた。」…と記録が残っている。
どんな料飲店かは分からないが、この丸く艶やかでバター&ナッツ風味で、
アルコール度数が十分に上がったシャルドネの事をそう表現したとすれば、
その判断は客観的に見て間違っている。

一日で、2時間余りをかけただけのテイスティングでは、
深い部分まで探っているとは言えない…と、更に翌日、飲み直してみた。
使う側の立場では(そしてワインのポテンシャルとしても)、
二日目以降に伸びるかヘタるか…は、極めて重要なファクターだ。

二日目になって、風味が落ちたという感覚はほとんどない。
むしろ昨日より空気に触れ、柑橘系のオレンジ等の香が膨らんでいる。
しっかりとしたボディや、滑らかさなど、このボトルが、悪い方向には進むことはなかった。

更に三日目も同様の展開で、余裕を持ってグラス売りができると感じた。

このワインに関して、問題があるとすればその価格だな
と思いながら、新見の社長さんの待つ場所へ車を走らせた。

———–to be continued…

石原延秋,Senior Wine Adviser,J.S.A
(c) Ishihara Nobuaki,2010

10-0413 世の中の流れの中で…

2007 ピノ・ビアンコ
ヴェネツィア・ジューリア・IGT
ルカ&パウル
Pinot Bianco Venezia Giulia IGT
Luca & Paul

このワイン、抜栓すぐは
少々物足りない…
というよりもバランス感に欠けていた。
しかし、時間が経って空気に触れるとドンドンよくなる。
なかなか深い樽使いの本格派だ。

ピノ・ビアンコ100%。単位収量42hL/ha。
手摘みで、420箱/年の生産という零細醸造所。
発酵は、ステンレスタンクと樫樽。主発酵後、
樫樽とステンレスタンクでマロラクティック発酵。
熟成は、500リットル・新樽100%で15ヶ月の樽熟。
バトナージュも行う。

だからこそ、この深くて複雑な味わい。
乳酸がしっかりと増えていて、樽のニュアンスが凄い。
酒質が強く、二日目・三日目の方が味わいを発揮し、より楽しめる。

飲み残したら単純にスクリューキャップを締めるだけ。
そして冷蔵庫に入れておけば良い。
翌日は、より美味しいワインに化けてしまう…
という不死身のボディ。
香も、ヴァニラ、ナッツ、バターなど、
こってりした印象を助長させる要素が前に出て、
原材料の確かさ、醸造・熟成の手抜きの無さが味わえる。
舌触り滑らか、旨味もある上にミネラリー、
ふくよかでビターな締まりが何とも言えない世界へ誘う。

この価格は、超お買い得。
放出品だけに、早めに確保したいワイン。

10-0502 倉敷でワインを飲むなら…

煉天地 イタリア・シチリア料理店
〒710-0055 倉敷市阿知2丁目19-18
TEL 086-421-7858

ワイン屋をやってると、
「倉敷でワインバーはない?」
「美味しくワインを楽しめる店はない?」と、
結構頻繁に尋ねられる。

しかし、複数の種類を抜栓して
飲み比べができるようなバーが無いのが悲しい所
(知ってる人がいたら教えて下さい!!)

でも、10:30閉店とは言え、このイタリア料理店は
ワインを何種類もグラスとして提供している。
ワインだけ飲むのも歓迎。気が引けるなら、
アンティパストミスト 1,800円
をオーダーして、複数人で分ければ良いし、
(2人なら十分過ぎる量)
一人なら 『ミニ』アンティパストミストを頼めば1,000円でアテにできる。

グラスワインは、5月1日、以下のようなラインナップ。
(旬を読んで不定期に変化させる。)


グラディウム(スペイン)  600円
フリウラーノ(イタリア)   650円


ラ・ミッション カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルヴァ (チリ) 650円
グラディウム テンプラニーリョ  (スペイン)          600円
ピノノワール フォンシュタインフェルド(オーストリア)     700円
ベネヴェンターノ アリアーニコ(イタリア)            650円
ヴァン・ド・ペイ・ドック シラー ジャン・クロード・マス(フランス) 600円

これらすべて、グラスで飲む事ができる。
1年ほど前までは、イタリア産に固執していたが、
他国のコスパが高く、味わいを重視してワールドワイドなセレクション。

何よりも、ソムリエールの奥さんが選び抜いているので
その味わいは折り紙付き。
「グラスワインって美味しい!」
とお客様に言って頂く努力を重ねたメニュー。

ちなみに、本日、面白いものはないか…
と尋ねられた私が、持ち込んだのが以下。

フェウド・アランチョ
グリッロ

シチリア島の地葡萄、そして造り手。
ルックスが良すぎて、少し警戒したけど、
内容はすこぶる良かった。
フルーティーで軽やかながらも滑らかさがあり、
さらにバランスが良く、微妙な奥深さを持ってる。
もう少し暑くなったら登場させるかも…

ドルチェット・ダルバ
イ・クワランタ

40歳にして独立してワイン造りを始めた…
という女性の造り手。
凝縮感も飲み応えもあり。
アルコールもしっかりと上がっていて、
開いてきたほうが、よりパワーを発揮。
かなり良いけど、グラスとして使えるかどうか
は検討の余地あり…

といった感じで、持ち込んで一緒に飲むワインを
徹底してセレクト。
(実は既に10数品目はNGが出てる…)
こんなブルスケッタやカポナータ…
これはもう、最高!
私の知人のイタリア人に、「日本に来て、初めてイタリア料理を食べた気がした!」
と言わせた料理、美味しいワインを飲めば気分はすっかりイタリアだ。

長編記事 総合インデックス[index]

連続物になった話題は、以下にリンク表を作りました。このページから飛んで下さい。

マリアージュ(食事会)

テイスティング

訪問

ストーリー

映画タイアップ

10-0428 外壁塗装工事

外壁塗装工事
いつの間にか10年が…

c0178330_13142596店の横を流れる川、
桜の名所・酒津から流れて来る疏水。
長持ちした今年の桜がやっと川面を流れ始めました。

現在の店を建てて10年、春が来る度に
こんな形で桜を楽しんできましたが、
年月の流れと共に、建物も手入れを求める
微かな悲鳴が少しずつ聞こえ始めました。

外部照明と、塗装を施さなければならない
時期の訪れのようです。

c0178330_1314787
足場を組んで外壁を清掃し、
塗料で塗っていきます。
ゴールデン・ウィークまでには完成を…
と思っていましたが、不順な天候がたたって、
現在もまだ足場と幕が張られたまま。

こんな外観では、閉店してるのでは?
と思われるので、
「営」「業」「中」
という3文字をA4で、外に貼ってアピールしてます。

IMG_6807[3]

外側のみの工事ですので、
普段と変わらぬご愛顧のほど
よろしくお願い致します。

10-0424 聖者に向かう竜 part2

1996 コート・ド・プロヴァンス ルージュ
キュヴェ・サン・ミッシェル
ドメーヌ・デュ・ドラゴン
Cotes de Provence A.C
Cuvee Saint Michel Eleve en Fut de Chene
Domaine du Dragon

八田商店のスタッフの求めに応じて送ったこの1996年。
14年前のワイン…と簡単に受け止められるかも知れない。
しかし、その依頼には、大きな価値が隠れている。

まずは、八田商店が、最高の取扱で当店へ届けていること。
元来、ドイツワインなどで実績があった同社は、
抜群の品質で安心感があった。
リーファー・コンテナがまだまだ常識とは言えない時代から、
同社は信念を持ってリーファーを使っていた。
ズサンな輸入業者の場合、当店に届く迄にダメージを
受けている場合も多かった。
(そんな業者とケンカし、取引を止めた事も多々…)

そして、当店の貯蔵。
世界基準を自負するセラーは、確実に12℃±0.5℃、湿度約70%を維持。
このワインが届いて以来、10年以上、その環境下で寝かせていた。

並列に配備した冷却機は、万一の際に片方でも零下に導ける能力。
その上、停電が最も少ないエリア(市の中枢地域)に所在しているので
平成16年台風18号の塩害の時でさえ、停電は僅か5分で解消。
ワインを育てる為に、心血を注いだシステム。

更に、私が開催するワイン教室で、「熟成ワイン」として定期的に抜栓、
品質のチェックも行う…という盤石の体制。

お互いが持つ揺るぎない自信が、
この依頼を生み、応えられた理由なのだ。

抜栓して注げば、色彩は、充分過ぎるほど深く美しいルビー色…
と評したのは1999年の5月。今は、
エッジから中心にかけて煉瓦色。熟成を充分に感じさせる魅惑的色合い。
香はハーブの香にスパイシスが絡み、微妙な果実が加わる、
角が落ちたタンニンは、熟成の長さを感じさせる。
複雑さは十分、余韻もしっかりとある。
ハーブのソースを使った肉料理と試したい魅惑の熟成ワイン。

これが、ハートのある人達の手を経て流通する
ホンモノのワイン。
入荷して右から左に動かすだけでは、決して手にできない。
至高の品質がここには生まれているのだ。


コート・ド・プロヴァンス ルージュ キュヴェ・サン・ミッシェル[2007]ドメーヌ・デュ・ドラゴン 750ml

コート・ド・プロヴァンス ルージュ キュヴェ・サン・ミッシェル[1996]ドメーヌ・デュ・ドラゴン 750ml

10-0204 ゴルゴンゾーラが…

ゴルゴンゾーラ ドルチェ パック 200g
Gorgonzora Dolcificato Costa
Mario Costa

100205_1チーズは、出荷側の都合で
どんなスタイルが来るか分からない…
というのがウチの入荷状況。
今回は、ゴルゴンゾーラのドルチェの
パック物が多く入荷してきた。
200gと、なかなかの量。ならば、
チーズとワインのマリアージュを追求し、
お料理にも使って頂こうと考えた。
チーズの定価は1,995円なので、この際、
思い切った価格設定で、送料も無料にしたい。
まずはお料理。
100205_2《ゴルゴンゾーラのパスタ》
超・簡単レシピ↓〈1人前〉
1.パスタ 80gをアルデンテに茹でる

2.ゴルゴンゾーラ 50g・牛乳50ccを
パスタを茹でる間に別鍋に入れ弱火で
煮溶かす。

3.茹で上がったパスタと2.を絡め、仕上げに黒 胡椒を少々。
あっという間に、我が家はご機嫌イタリアンオステリア!!
100205_3てぇことで、仕上がったお料理の
ゴルゴンゾーラソースのパスタと、
ワインを合わせてみる。
手っ取り早く、イタリアンが手元にあったので、
とりあえず飲んでみた。
このワイン、極めて上出来。凄く美味しい。
ソアーヴェなのに、南国の果実や、干葡萄、
蜂蜜の香などが立ち上がる複雑な味香。
が、このソースには、少々負けてしまう。

と言うことで、取り出してくるのが、このワイン。100205_4
イタリアを左向き長靴とするならヒールの部分、
プーリア州の代表的な赤。
造り手によって品質差が大きいが、
このロッカ・ディ・モリのレベルの高さには感服。
沢山の果実が詰め込まれた風味、しっかりしたボディ、
豊かな後味と長い余韻。
パスタに引き合わせてみると、これはもう、最高!

イタリア人…ってこんな美味しい物ばかり食べてるのかな…
と思えるほどに、うまく調和。

お料理が面倒…と仰る方には、このチーズをアテにして
ワインをお楽しみいただけば、それはそれで上々のマリアージュ。

チーズはワインと何でも合う? とんでもない!
選りすぐったパートナーを引き合わさなければ
ちぐはぐな出逢いになってしまう。
だからお試し頂きたい、このセット。

5744set

定価合計4,095円を、超特価 2,980円で
しかも関東~九州を送料無料で設定しました。
ぜひお試しあれ!!

10-0111中華へのチャレンジ

中華料理 一品楼
〒710-0042 岡山県倉敷市二日市324-1

100116_01100116_02100116_03
中華とのマリアージュは、日本人として
どうしても避けて通れない課題の一つ。
しかし中華は、日本に根付いて様々のスタイルに変化、
香辛料や素材の使い方で、味香に大きな差があるため、
セオリー的な対応ワインを確立するのが難しい状況。

本格的な中華は、存在感は大きいが、毎日は食べられないし、
一般家庭での再現も難しい。
そういった店が出す中華と、ワインのマリアージュを探求するのは、
当該店のソムリエに任せておけば良いだろう。

そんなスタンスで、中華にワインという組合せを避けて
今まで時が流れてしまった。
が、日本人の、一般的な家庭に登場する中華、
我々が食生活に取り入れている『普通の風味』にワインを合わせたい…
という気持ちになったのは、この店のお料理を食べてから。

美味しくて、食べ応えがあって、何かしらノスタルジック。
暖かみを感じさせてくれる風味につい微笑んでしまいそう。
リーズナブル価格であっても
確固たる技量に裏打ちされた仕事の積み重ね。
スープ一つとっても、化学調味料を感じない、ホンモノの風味。
クドくなくて美味しい…その味に魅せられてしまったのだ。

100216100216_2100116_06
そのお料理に、私が考えるワインを合わせさせて戴く喜び。
話を通して、とりあえず持ち込んだ10本のワイン。
マリアージュ?いかがなります事やら…。

[To Be Continued…]

09-1218 お買得赤6本セット

ヴァン・ルパン倉敷のお買得!赤6本セット
Set of delicious red wine
by Vin LePin Kurashiki

091227_1合計5,980円というと、
1本当たりが1,000円を切る事になる。
これが、実は、とんでもなく苦しい選択。
1本で考えてみると分かり易いけれど、
消費税だけで50円が削られる。
その他、税金関係があと400円程度。
と、いうことは、残額が550円。

その中で、美味しいワインを見つけ出す事が
どれほどの難しさか簡単にご想像頂けるだろう。

この価格帯で私が納得できるのは、本音を言って
1/500本で見つけられればラッキー…というレベル。
つまり、ここに並べるまで、どれだけのワインの
試飲を繰り返しているか?がご想像頂けると思う。

あくまでも、大前提は納得できる味!!
この価格内で、ベストを尽くし、選び抜いた。

プリマテッラ・シラーは、シチリア島産。
葡萄農家を徹底指導して質の高い葡萄を生産、
合理的かつクリーンな醸造を行い、巧みに仕上げたワイン。
分かり易い風味、しっかりしたボディ、
旨味一杯のシラー。

テラノブレ・メルロー。
タンポポをデザインしたラベルがかわいい。
内容は充実して、しっかりとした飲み応え。
樽こそ効いていないが、十分なタンニンとボディ。
チリにもバランスが良いワインがある…と感じさせてくれたワイン。

モンカロのロッソ。
ミディアムながら、巧みなバランス。
イタリアはやはりグルメの国…と納得できる
お料理との調和を楽しめるワイン。

カリニャン ヴィエイユ・ヴィーニュ ドメーヌ・ファバス。
お買得で美味しいワインなんて、フランスでは無理…
という概念を覆した、大豊作2005年産。
カリニャンは多産系だが、古木の最も陽当たりの良い畝=
ヴィエイユ・ヴィーニュからの収穫は、
十分な凝縮感と飲み応え・濃度を確保。
コイツは、旨くて濃い南仏。

コート・デュ・リュベロン ルージュ キュヴェ・スペシャル。
コート・ド・リュベロンの協同組合が造る、選りすぐりの樽。
…と言ってどれほどの物?と思うだろうが、ここのノーマルバージョンは、
ガソリンスタンドのように、ポリタンクを持って、ノズルから
放出して貰う…という買い方。
その中での選りすぐりの樽を瓶詰めしたもの。
決して大げさでなく、複雑さと飲み応えあり。

グラディウム テンプラニーリョ ホーヴェン。
某雑誌でも表紙を飾った『旨安ワイン』の代表。
スペインのラマンチャ産にありがちな土臭さはなく、
ミディアムちょいのボディで、美味しさ満載。
特にお肉などお料理との相性は最高。
もちろん、ワインだけ飲んでも美味しい!

…という6本。
税込み5,980円は、いかに選抜と考慮を重ねた結果か…
を御理解いただくに十分だと自負している。
ぜひ、お試しいただきたい!!

09-1217 おいしい赤のセットを…

ヴァン・ルパン倉敷の美味しい赤6本セット
Set of delicious red wine
by Vin LePin Kurashiki

1005set2美味しい赤のセット!
と言って、ボトルの写真だけ、
しかもワイン名だけでは、
売りたいワインを並べたんだろ…
と思われても仕方がない。
が、しかし、分かっていただきたい!!
安易に並べているのではなく、
年間3000本を試飲する人間が、何らかの
感動や衝撃を受け、試飲会やワイン会で、
また上々の反応を得たものばかりを組んだもの。

全くの本音として、これれらのワインは、きっと
「美味しい!」と言って下さる…その言葉を期待して組み上げたもの。
私の手元のレポートから、一部を抜粋して…とも思ったけれど、
実は、どれも心底お勧めしたいワインばかりなので、
記録を見ずとも書けてしまう。
私の心に焼き付いたこのワイン達‥・
この感動をみなさんと是非とも共有したい!!

091217_1■夢あすか
仲村わいん工房 [Non]

まず、日本のワインという事で偏見を持たれるだろうが、
飲まずに断じてはならない…とつくづく感じさせてくれるワイン。
仲村わいん工房では、最もベーシック・ラインとなるが、
それでも脈々とその技と心は詰め込まれている。

マスカット・ベリーAが主体ではあるが、
安易な知識と経験で味わえる領域には無いワイン。
でも、誰にでも美味しい!と分かるのが良いところ。
コストパフォーマンスは、世界水準にある。

091217_2■アリアーニコ・デル・ヴュルトゥーレ
バジリウム[2004]

アリアーニコは赤い果実の可愛らしさを持ちながらも
十分なタンニンと力強さを持ち合わせた南イタリアの
代表葡萄。
実はこのワインは、オーナーが変わる前の
トップ・キュヴェがセラーに貯蔵されていたもの。

新しいオーナーは、実力派だが、自分の目指す味とは微妙に違うため、
放出していまった…という、「ワケあり」品。
飲んでびっくり!すぐさま買える数を全数買ったワイン。
プロとして味わい的に判断すると3000円級の品質。

■モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
ヴェレノージ・エルコレ [2007]
元来、コストパフォーマンスが良い銘柄だけど、
造り手によってそのランクが、大きく変動する。
この造り手の2006年のは凄く分かり易く美味。
しかしこの2007年、樽の香が強いかな?
と思いながら飲んでいると、45分以上経つと
かなりバランスが良くなってきた。
翌日に持ち越したら、更に良くなってた!
試しに1週間、チビチビ飲んでみたけど、
ヘタるどころか、ずっと元気の良い果実味が続き
最高の味わい。つまり2007年は、
翌日の方が美味しくなってしまうワイン…
と言えそう。
1日で飲みきる場合は、早めの抜栓か、
しっかりとデキャンティングを。

■グラディウム テンプラニーリョ クリアンサ
ボデガス・カンポスレアル [2006]

スペインのラマンチャのワイン。
この下のグレードのホーヴェンでもブッ飛んだけど
(リアルワインガイドの↑表紙になったようですな…)
このクリアンサは輪をかけて凄い。
某米国評論家が、90点を付けた…とうのが納得できる濃度。
凝縮感、果実味、樽などの風味。ボディもフルで
アフターテイストがしぶとく続く。余韻も長い。
これは、超旨安時代のスペインを思い出させる内容。
焼き肉なんかの時に、使ってみたいパワフルワイン。

091217_3■ラ・ミシオン カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルヴァ
ウイリアム・フェブレ[2007]
シャブリの造り手として知られるWフェブレがチリで造る赤。
フランス人が、そして白しか造らなかった名手が仕上げる…
となれば、自ずと期待も膨らむ。
マスプロダクトで、米国人に媚びたような造りでは無いのだ。
ちゃんと、造り手の意志を反映させて造るカベルネ。
ボディもしっかり、樽も米国系だがしっかりと風味を支え
飲み手をエキゾチックな世界へと誘ってくれる。
ちょっとそこらのチリとは違う…綺麗なバランスを持っている。

■コート・ド・リュベロン グラン・マレノン ルージュ
セリエ・デ・マレノン[2004]
ボディは、ミディアムから僅かにフル側に寄った程度。
しかしこのワインの複雑さと、絶妙な調和感は凄く魅力的。
造り手は、巨大な組合で、近くの人は灯油タンクを携えて
ガソリンスタンドのシステムで、セルフでワインを買う。
そんな造り手のトップキュヴェがこのグラン・マレノン。
フランスの評論誌=ギド・アシェットで高評価を得て、
造り手はそれを誇りにしている。
大量生産?いやこの繊細さと旨味、そして調和は見事。
ミディアム・ボディはお料理との相性も極めて良い。
力押しでない、美しい風味…難しそうで我々は
簡単に理解できるように思う。

一つずつを思い出しながら書いても、すべてが記憶に残るほど
印象的かつ高品質。
ソムリエ&シニア・ワインアドバイザーが選りすぐったワイン、
完璧に管理されているヴァン・ルパン倉敷のセラーからお届けします!