10-0325 トラミナー…

2006 ノルトハイマー・フォーゲライン
トラミナー シュペートレーゼ トロッケン
グラサー・ヒメルシュトス

Nordheimer Vogelein
Traminer Spatlese Trocken
Glaser Himmelstoss

フランケンの辛口シュペートレーゼ。
しかも造り手は超一流のグラサー・ヒメルシュトス。
葡萄品種が『トラミナー』。
このスペックなら、ワイン屋として
試さなければならない事項がある。

つまりは、辛口、フランケン…だけならば
食事との相応の調和を求めて終わり。だが
超一流蔵元・上級品たるシュペートレーゼ、そして
芳香溢れる葡萄品種なればこそ
挑まねばならない難問。それは、
“刺身との調和”。
もちろん、素の状態でなく、
ワサビをちゃんと使い、活きの良いネタ。

鯛の刺身。
どうだ!?
と口に運び、マリアージュを探る。
調和のみ追求して89点か。
十分に合ってる。多分、和食の店で出して良いレベルに到達。
だけど、飲み手・食べ手を驚かせる領域には届かない。
これほどのワインであっても、
「おいしいよ。合ってる。」という状態。
悔しいけど、刺身はやはり難しい。

そこで、他の素材に合わせてみると…
これはもう、非常に良い。
ハム類、和食、焼き魚、煮豆、肉じゃが…
我々が食べる日本食には、極めて相性が良い。

香は、バラ、白い花、マスカット、紅茶、カリン、
パイナップル、焦げた砂糖…など。
舌触り滑らか、旨味多く複雑、多くの要素が凝縮。
ボディしっかりの辛口、後味も豊かで長い。

この液体は、果実から滴ったもの…それを感じさせてくれる
美味しいワインだ。

ノルドハイマー フォーゲライン トラミナー シュペートレーゼ トロッケン[2006]グラザー・ヒンメルシュトス 750ml

長編記事 総合インデックス[index]

連続物になった話題は、以下にリンク表を作りました。このページから飛んで下さい。

マリアージュ(食事会)

テイスティング

訪問

ストーリー

映画タイアップ

10-0322 千里丘~尾道へ…

凄い一日
9時間ちょうど、在来線乗り継ぎました。

11011p1この日、輸入業者ヘレンベルガー・ホーフの試飲会。
大阪、千里丘に向けて…行く!
この業者の紹介で、娘がドイツのフーバー醸造所に
お世話になったこともあり、
wifeと娘との3人連れで出発。

でもBinBawな我が家は、電車代節約のため、
青春18切符を使用しての千里丘行き‥となる。
在来線を乗り継ぐ場合、この切符が使える期間は、
座れないことが多くなる。だから、ルートと時間帯を
考慮して動かねばならない
倉敷駅発が、7:55 と 8:03。
c0178330_22562019前者は山陽線経由、後者は赤穂線経由。
一般的な移動は前者、だから
人が少なくなるのが後者ということになる。

従って30分近く多く時間を要するものの、
座っての移動を望むなら、後者を選択する方が正解となる。
それだけに、移動中も仕事を‥とばかり、ノートパソコンに
9時間駆動のバッテリーを装備させて出発。
8:03 倉敷

9:38 赤穂

10:04 網干

11:28 大阪

11:46 千里丘  Total 3:43c0178330_22555328
というタイムスケジュールの間、
しっかりと仕事をこなしながら移動。
ワイン解説を7つほど書き上げ、
通常営業日以上の作業結果を残す。

さて、千里丘到着後、まずは食事。
毎度おなじみのこの店だが、
いかにも大阪的に、うどんとカツどん。
何ともいえないこの組み合わせが嬉しい。
そして会場ハウスメッセへ。
しっかりと試飲。種類が少な目なだけに、
入念な試飲が可能。

c0178330_2353297ジャン・ブシャーさんが来場され、
セミナーが開かれていた。

提供されるワインの本数は、
近年の試飲会としては少なめ。
でもそれだけに2~3周して、徹底した
テイスティングできるのが良い所。

この日、最も心に残ったのは、有料試飲ながらも
ラッツェンベルガーのグローセスゲヴェックス。
その圧縮された風味は、今までにない世界。
感動モノでした。

c0178330_2257317さて、会場を後にして、
14:42 千里丘

14:51 新大阪

16:24 相生

17:41 岡山
↓ そして倉敷を通り過ぎて
18:58 尾道到着。  4:16→Total 7:59

一日何度でも乗降自由なのが青春18切符。
これで尾道のBAR らぱんへ。
c0178330_22574499c0178330_2305463
我が家揃って大ファンのお店。シックで、和める素敵空間。その上、ワインはもちろん食事も美味。
ワンプレート(噂に違わぬ驚きの内容)             お約束のほうれん草サラダc0178330_22581021c0178330_22584069


パスタセット
c0178330_2259226c0178330_22594923

c0178330_230874c0178330_230082c0178330_2259127
↑パスタセットに付くサラダ。
さらに次々と注文するメニュー

c0178330_2311510さすがに疲れて帰りは少しだけ早めて、
21:47尾道発。

22:48倉敷駅着。  1:01→Total 9:00

家に辿り着いたのは、ほぼ23時。
一日のうち、ジャスト9時間、在来線に乗っていた。
それで、大阪の試飲会と、尾道のお得意様‥
へ3人揃ってでかける、というハードながらも
充実した楽しい一日。

48種類のワインを3回り試飲し、
うどん&カツ丼だけでなく、
ワインを2本開けて、パスタや盛り合わせを食べた。
移動電車の中では、ワイン解説を9個書き、
撮りためたTV番組のターミネーターサラコナークロニクルズ
を8週間分見る‥というレジャーもこなした。

凄い一日でした。

09-1222 うまい!熟成フランケン

2002 ノルドハイマー・フォーゲライン
シルヴァーナー カビネット トロッケン
グラサー・ヒンメルストス
Nordhimer Voglein Silvaner Kabinett Trocken
Glaser Himmelstoss

091229_1091229_2ギフトにフランケンのワインを…
という御依頼を受け、
セラーにあるものをピック・アップ。
と、箱の中の一本が、液面が下がり、
漏れた痕跡がある。

かなり液面が下がった状態→
これは販売する訳にいかないので
とりあえず開けてみる事にした。

温度変化の激しい一般的な貯蔵環境ならば
当然劣化が疑われるが、
温度12℃湿度70%の片隅で静かに眠っていたそれは、
表面への液漏れなど物ともせず、
美しい熟成を見せてくれるか…?と期待を持ってスクリューを入れる。

091229_3コルクを見ると、一本の細い筋が通っていて、
その道から液体が出た事が分かった。
そしてグラスに注ぎ、香って…
飲める!…いやそれどころか、これは旨い!!
それもかなり。

外観はやや薄めの黄金色。決して濃くはない。
香は熟したリンゴ・柑橘類・桃・梨・森の下草
マンゴーやライチなどトロピカル系も微かに…。
舌触りは極めて柔らか、熟成ワインだけが成し得る触感、
艶やかな旨味、懐の深い味わい。

この美しい熟成の美味しさは、決して偶然では到達できない。
前年収穫や、2年前収穫のワインでは、
達し得ない桃源郷がここにある。
まだ若いうちに、そのワインの優劣を語る事の愚かさを
改めて思い知らされたワインとなった。
4年前に飲んだ時、とてもこんな評価はできなかったから…。

091229_4角が落ち滑らか、熟成フランケンらしいミネラル感たっぷりの
ぬめっととした触感に包まれた舌が喜ぶ。
それでいてフルーティーさも失っていない。

実験的に1週間かけてチビチビ飲んでみた。
すぐに酸化するのでは…という恐れを抱きながら。
なかなかどうして、大丈夫。
7日後でも、十分に美味しさを維持できた。
安心して翌日に飲み残して良い、と断言できる
酒質の強さを持っている。

熟成、そしてその領域に達してからのパフォーマンス。
それは、高いレベルの造り手の本物のワインを、
惜しみないコストを費やしながら貯蔵した者に対して
神が下さる御褒美なのに違いない。

09-1030 森の番人

2008 ツィリケン ザール リースリング トロッケン Q.b.A
ツィリケン・フォルストマイスター
Zilliken Saar Riesling Trocken
Zilliken,Forstmeister Geltz

091218_1ワインの造り手は、代々農民の場合だけでなく、
貴族や政府要職に就いていた家系も多い。
多くは、それを誇り高く記されていて面白い。
“枢密顧問”や、“帝国伯爵家”といった響きは、
何かしら荘厳でノスタルジックな気持ちになる。

このワインの造り手は、なんと
『森林マイスター』…
どうやら“森林監督官”という役職があったようで、
それを掲げている。

もしかしたら、雪に埋もれながらも常に緑を保つ針葉樹…
とラベルに対しても清く澄んだ印象を抱いてしまうのは
私の独りよがりだろうか。

近年、増加が報告されているコルク不良を回避する策として、
スクリューキャップを採用。品質の保持に余念がない。

グラスに注いだ液体は、極く薄い黄金色。
ほんの僅かだけ緑のトーンを持った外観。
香りは、柑橘系のグレープフルーツ・レモン・ライチ…。
ストレートな印象だ。飲み残して翌日になると、蜂蜜香が出たが、
開けたては隠れていて、さほど感じられない。
すっきりとシャープでスリム。新鮮な風味は、レモネードを
連想させるようなバランスだ。

ストレートだが、アルコール度数もそこそこ上がっていて、
後味も適度にあり、スッキリと切れ上がる。

温度が上がってくるとジューシーさが増して飲み易くなるので、
ゆっくりとお楽しみ頂くのも一興だろう。

森の番人とラベルに掲げるだけあり、清冽かつクリアーな印象、
でも木樽は使ってないらしく、果実の味わいが前面に出て来る。
設定温度は9℃付近。特に和食系のお料理と合わせたい辛口だ。

09-1212 十字架山。いつの間にか引き込まれていく…

2008 クロイツベルク シュペートブルクンダー
クオリテーツヴァイン トロッケン
ヴァイングート・クロイツベルク
Kreuzberg Spatburgunder Trocken Qualitatswein
Weingut H.J.Kreuzberg

091212_08旧来赤ワインが有名なアール地方、
その中でも近年注目を浴びている造り手。
ケラーマイスターは、ヘルマン・ヨゼフ・クロイツベルク。
所有面積は8.5ha、シュペートブルクンダー70%を筆頭に、
ドルンフェルダーやポルトギーザ-など、赤品種をメインに栽培。

ゴーミヨ・ドイツワインガイドでは3房を得ていて、
その実力の高さは間違いない。

とりあえず、ベーシックなシュペートブルクンダー。
この造り手の看板とも言える銘柄をテイスティング。
コルクはシンセティックだった。

091212_09外観は若さを感じさせる紫のトーンを持つ赤。色彩的には薄め。
近年のドイツでも濃いワインは多いが、
この造り手は、外観よりも味を追求したのだろう。

香は、赤い果実…チェリーやストロベリー、
樽がよく効いていて、森の下草、ヨードなど。
さらに茹で小豆、ハーブ、杉の木。
時間が経つと柑橘のミカンのようなニュアンスも現れる。
樽の使い方が深い。

スタート時点では超微弱発泡、
外観は薄いが、味構成は決して薄くない。
ボディ自体は軽やかで、ミディアム(ちょいライト寄り)だが、
深みが十分にあり、旨味も多く、薄っぺらでなく飽きさせない。

091212_10いつの間にか引き込まれている自分に気付く。
ピノノワールはさほど好きでは無かったが、
ドイツのピノノワールに次々と接し、
その美しくも控えめなキャラクターに触れ
ついには虜となりつつある…ような気がする。

味わい(と言うよりも造り)の根底に、
手抜きないGerman の魂を感じるからだろうか。
それとも、ブルゴーニュのピノが苦手とする
海苔や蕎麦、焼き魚などの和食と
なぜかしら合ってしまうからだろうか…。

いずれにせよ、このワイン、軽やかながらも深い。
薄い外観ながらも旨さが詰まる。
繊細でいて、複雑な構成。
これこそが、和食ととのマリアージュを可能にしてしまう
秘密なのかも知れない。

09-1212 究極の一番搾り

2004 フーバー ピノ・ゼクト ブリュット
ベルンハルト・フーバー醸造所

Huber Pinot Sekt Brut Jahrgang
Weingut Bernhard Huber

091212_03収穫した葡萄を搾る最初の一搾り、それがフリーラン。
純粋無垢なこの液体、雑味が無く
有無を言わさぬ美味しさ。
しかし、美しい外観の赤ワインを造る為には、
その透明感が邪魔をしてしまう。

特に、ピノノワール単一で赤ワインを仕上げる時、
この一番搾りをどう使う?という点が
ワインのキャラクターを決定する。

091212_04例えばベルッヒャー醸造所
多分、外観の色が薄くなっても良いと考えている。
だからフリーランもワインの原料として使う。
色は薄いが、旨味と味わいが十分なスタイルに
仕上がっている。

例えばゲオルグ・ブロイヤー醸造所
ほとんど白の『ジュー』というワインを造る。
(ヴァイスヘルプストというカテゴリー)
ピノノワール100%で、この旨味も圧倒的。

091212_05そしてこのベルンハルト・フーバー醸造所。
究極の一番搾りは、ゼクト(スパークリング)の
原料とする。

ピノノワールで、世界トップの一つとなった同醸造所。
その秘密の一つは、
『トラウベン・ハルピエーレ』(収穫半分)。
葡萄の房の数を間引くだけでなく、その房自体を
部分的に切り落としてしまう。
横に広がる1/2程度、下は2/3以上。
従って、半分などでなく、残る房は卵程度。
091212_06この選びに選んだ葡萄の、
そのまた一番搾りで造ったゼクト。
当然、原材料は極く限られてしまう。
動瓶や澱抜きなどの行程すべて手作業、
貯蔵期間が長いので、収穫からリリースまで
4年以上を費やす。
(現時点の最も新しいワインが2004年産)

当然生産数は僅かなものになり、一本一本、
奥さんのバルバラさんの文字が書かれる。
地味だが、心を込めたその文字が、ロゼ色に映えて美しい。

091212_07先日、大阪で有名ソムリエ達に飲ませた所、
「これはいくら?一万円以上?」
「この繊細さと旨味は凄い」
「ややガスは弱めだが構成が緻密で素晴らしい」
と絶賛され、やはり分かる人には分かるのだ…
と自信を持った。

華やかなステージも、有名人のパーティーにも
使われることはないこのゼクト、
品質を求め続けた本物を理解できる方にこそ
飲んで戴きたいと考える。

きっと造り手もそう考えているに違いないから…。

09-1121 最も濃く、ボディのある赤。

2009 プリメルス ドルンフェルダー ロートヴァイン トロッケン
エルンスト・ブレッツ家
Primerus Q.b.A Dornfelder Rotwein Trocken
Ernst Bretz

091121_10輸入業者からの最初の連絡では、
フランケン地方の農協のロゼが来る予定。
荷物が届いてびっくり!
ラインヘッセン地方のワイングート=エルンスト・ブレッツの新酒、
しかも赤だ。

基本的にこの蔵元が得意としている赤品種は、
このドルンフェルダーであり、
通常のワインの在庫も持っている。

しかしどうする?
お客様には、フランケンの農協が造るロゼと広告し、
注文を集めているのだ。
それに向けて、赤。しかもヘッセンが来ました…
なんて、どれだけの人が納得するだろう?

輸入業者としての業務にもう少し誇りを持って頂きたいものである。

091121_11さて、そんな具合で手にしたこのワインだが、
実は、今回、結構驚いた…というのが本音。

「ドルンフェルダーなんて…」と言い続けた。
少なくとも5年前、それは正しかったと
今でも思ってる。しかし、今は違う。

2009年の新酒、ボージョレの濃度には
かなり驚かされるものがあった。
が、実は最も濃い色、味を出していたのが、このワイン。
(今回は袋に入れたブラインドで登場させた→)

北方で色が乗らない、薄い色、そして味も浅薄…
というのは、成長前の子供を見ただけで、
大人の姿を知らぬ者の批評だと実感。

圧倒的な濃度。さらに滑らかな舌触り。
かつて嫌味にさえ感じた香が、巧みにまとめられ、
新酒だというのに、ミディアムボディを越えて
フルボディ一歩手前まで到達。

このタンニンのきめ細やかさ、
どこにも真似のできない領域に達している。
テロワールを越えて、テクノロジーと勤勉さ、
積み重ねで世界の赤のレベルに肉薄していくドイツの赤。

赤の生産比が40%に届こうとする今、
これからは、決して目が離せないカテゴリーとなったようである。

09-1028 5房の実力

2008 デンホフ リースリング Q.b.A トロッケン
ヴァイングート・ヘルマン・デンホフ
Donnhoff Riesling Q.b.A Trocken
Weingut Hermann Donhoff

Dennhoff01毎度お馴染みのナーエの雄、
ヘルマン・デンホフの造る
リースリング Q.b.A トロッケン。
無理なく、造り手の味わいを表現できる
カテゴリーと言えるだろう。

一昔前だと、薄っぺらになったり、酸が走ったり…
厳しい評価を下さざるを得ない物も多かったが、
昨今は、造り手も手慣れたからか、
実に美味しいものを世に送り出してくる。

それぞれのテロワールや醸造技術の差を
読み取るには、最適な存在に違いない。

Dennhoff02そんな思いを抱えながらグラスに注ぐ。
年号の若さから、非常に薄い外観?と想像していたが、
黄金のトーンを持って、存在を主張してくる。

香りは、柑橘系のグレープフルーツ・レモン・シトラスなど。
スッキリと切れる中に微かな青リンゴ。
クリアーという感じではなく、どこか暖かみを感じさせる。
更に上面発酵ビールにも似た複雑なフルーツ香。
時間が経つと杉のような森の印象を抱かせる香り。

芯のある酸が中心を通り、複雑さと深みが配されたよう。
これがもしかしたら、木樽発酵のせいだろうか、
と思いながらグラスを重ねる。

スタートではビリッとする微発泡が、時間経過の中で和らぐ頃、
旨味が立ち上がってきて、デンホフの存在感を主張する。

これが、デンホフ。5房の実力。
和食を中心にして、お料理全般に合わせたい辛口リースリングだ。

2007年,2008年 ボージョレ・ヌーヴォー レビュー [index]

2009年ボージョレー・ヌーヴォー購入のご参考に
過去のレヴューを再掲載いたしました。

ボージョレ・ヌーヴォー2007 かつての反逆者が…
ボージョレ・ヌーヴォー2007 有名なドメーヌ…
ボージョレ・ヌーヴォー2007 造っているのは?
ボージョレ・ヌーヴォー2007 文化の融合
2008 今年もヌーヴォー
2008 ロゼのヌーヴォー
2008 今年の一番は?
2008 超高品質のヌーヴォー。今年3位獲得。
2008 全世界に僅か5百箱のヌーヴォー
2008 ボージョレ大使のヌーヴォー