自然派。SO2フリーのカベルネ・フラン TETTA 2015年


TETTA カベルネ・フラン SO2フリー 2015年
Tetta Vingne Cabernet Franc SO2Free 2015

so21『SO2フリー』…亜硫酸塩無添加…
つまりは自然派で造られたワインです。
この事が、『亜硫酸塩無添加』という要素よりも、
ワインの味により影響を与えているように私は感じました。

TETTAの他ラインナップは、各々に適する培養酵母を使い、
綺麗な発酵をスタートさせています。
しかし、このSO2フリーは、TETTAに存在する
天然酵母で発酵させているのです。
前者は18時間程度で発酵がスタートして
アルコールを生成していくのに対し、
SO2フリーは発酵スタートまでに6日間を要した、
というデータが手元に届いています。
しかし、TETTAの、太陽・土壌・水そして空気さえも
取り込んだ、土地の息吹を感じられる存在に
違いありません。

アルコールは、前者がほぼ13%超に達しているのに比べ、so22
12%と僅かに低めではあります。
発酵のスタートまでに6日間を要している
(培養酵母は18時間程でスタート)だけに、
柔らかな味に仕上がっています。

グラスに注いた時の、外観差は大きくないですが、
ルビー色のトーンが増し、
僅かにえんじ色が被っているように感じます。
口に入れた一瞬、柔らかい印象です。
間違いなく丸い舌触りです。
アタックが低めで少し平坦に感じられるかも知れませんが、
緩やかにボディーが盛り上がってきます。
香は、青いベジタブルがほのかにあります。
TETTA赤ほどの引き締まりは感じず、
柔らかい味わいのトーンが静かに盛り上がっていきます。
後味の押しは、優しげなこのワインも、緩やかに立ち上がってきます。

香は、フルーツ…桃、いちぢく、スモモなど果実の楽しい印象、
優しい舌触りの立ち上がりながら、テロワールの
凝縮感を感じさせてくれます。
最後の締まりは十分にあり、ちゃんとまとまっている。
SO2をフリーとしただけでなく、酵母を人工的なものを使わず、
天然酵母を使って造られているからこそ、
この味わいに到達できたのでしょう。

自然をギュッと詰め込んだSO2”フリー、TETTA カベルネフランSO2フリー
100本のみ生産され、ワイナリーだけで販売されます。
価格は、3,900円(税別)程度になります。

カベルネ フラン SO2 フリー [2015] ドメーヌ テッタ 750ml【赤/ミディアムボディ】【岡山】

カベルネ フラン SO2 フリー [2015] ドメーヌ テッタ 750ml【赤/ミディアムボディ】【岡山】


Copyright (C) 2016 Ishihara.Enshoe, All rights reserved.