07-0531 休日は慌ただしく過ぎて…[01]和食「寿」~倉敷

休日は慌ただしく過ぎていく…のは誰も同じだろう。
ただ、零細な自営業の上に、健康に不安を抱えていて
ついでじゃなくて父親もやっていれば
その動きにも拍車がかかる。

定休日を月曜にしているから、
自分は休みでも世の中は動いている。
従って自営業者が休日の朝起きて、一番にするのは、
先週売れた欠品&今週売れそうなワイン達のオーダー。

多くのアイテム数をチェックしながら
慌ただしく注文、気がつくと11時を過ぎてしまっていた。

すると中間考査中の娘が帰宅。
彼女のグルメぶりは我が家一番。
中間考査の最中だというのに、和食の店へランチに行こう…と言う。

いつもは部活動で行く事ができないが、
試験中なので部活動はなく、しかも昼前に帰って来てタイミングが合うので
急いで「寿」 (“ひさ”と発音)へ。
いつも盛況なこの店、ランチは特に人が多い。
グルメなおばさま達が押し寄せる。

ここのランチは手がこんでいる。

imgb0d447bfzik1zj

野菜サラダ、
豆腐
漬け物、
小松菜の煮浸し

お造り(鯛・カンパチ)
卵焼き(千種焼き)
エビ天(しそ巻き)
マイタケのかき揚げ
ヨモギ麩
サワラの西京漬け
ひじき

…いつもながら多メニューに、
そしてそれぞれの味の質に感心。

もちろん、ご飯、すまし汁(三つ葉・豆腐・小さな蛤入り)も付く。
ご飯はおかわりOK。
これで1000円(税込み)なのだから凄い。

お造りは地の魚のようだが、それ以外は
地の物の料理ではないので、観光ガイドなどには載りにくい。
その為、観光客は少ないが地元のグルメ達は
まず知っている店。

ただし、私はこの店の大声の歓待は苦手。
客へのもてなしの気持ちは料理の味と技で十分だ。
声は小さくても料理に心が通っていれば、心は間違いなく伝わる。
音楽も信じられないジャンル(プログレのロックなど)が
流れたりして、それが好きな私でさえ違和感。

…ただし、お料理が極めて良くて、価格がリーズナブルだからこそ
それが浮きあがってしまうのだろうが…。

美味しい昼ご飯をリーズナブル・プライスで食べたい人は、
現時点の倉敷では、これ以上の店はない…と
言って良いだろう。
[To Be Continued…]

大林宣彦監督 [index]

07-0520 大林宣彦監督 [1] 洋画好きがなぜかしら見ていた邦画

07-0521 大林宣彦監督 [2] 癒され続けた…

07-0525 大林宣彦監督 [3] 監督のお好み

07-0526 大林宣彦監督 [4] タイル坂

07-0526 大林宣彦監督 [4] タイル坂

時をかける少女の中で、
時間を移動する撮影をした場所と聞いたのが「タイル坂」。

正式には、“タイル小路”か“タイル小径”らしいのだが、
伝説として響きを大切にするなら「タイル坂」と呼ぶ方が
私にとっては心地良いので、勝手にこう呼ばせて頂きたい。

監督ゆかりの地である尾道にあるという。
それを初めて知った時、胸が高鳴った。
行ってみたい…と思いを膨らませた。

しかし、いい年した男が一人で行くのはどうも抵抗がある。
彼女ができたなら、連れて行く、とかデート…
という口実でなら可能かも知れない。

いやこんな胸がわくわくしそうな場所だからこそ、
彼女ができたら、ぜひ行ってみたいと思った。
そう考えた時から、タイル坂は私の心の中で聖地となった。

しかし生来の無骨者、そう簡単に彼女などできるはずもなかった。

時は流れ、なんとか結婚は決まったものの、
デートなどする余裕はなかった。
思いは片隅に追いやられたまま十年以上が過ぎていた。

結婚して二人の娘が生まれ、かなり大きくなってから
尾道に家族で出かけた。
千光寺公園・文学のこみち…

そして、念願のタイル坂に差し掛かった。
道に迷いながら着いたので、坂に上がるのではなく、
上から降りるスタイルとなった。
はやる気持ちは、私を家族より先に…と進ませていた。

振り返ると、坂の上から降りてくる少女が居た。
そして続けて4歳年上の娘、
最後にはwifeが降りて来るのを見た時
私の永年の思いは帰結した。

時を駆けた彼女たちを見た私はタイル坂を後にし、
右に曲がって細い路地になった階段を降りた。

自分の心も間違いなくこの時、時を駆けた。

img0e599afczikazj
大林監督と並んで写真が撮れるとは思わなかった…

それはかつて大林宣彦監督のくれた
ファンタジーという切符のおかげだった。
[The End]

07-0525 大林宣彦監督 [3] 監督のお好み

でも、他人のそら似だったら?
長髪・サングラスの、変な爺ぃさんだったら?
…っていう恐れもあるので、レストランのテーブルに着いた後、
ソムリエールに聞いてみる。

img6204b997zikbzj

するとやはりホンモノ。
倉敷芸術科学大学に、特別講師として講演に来たらしい。

私が客として席に着いた時、監督のワインのオーダーが入ったので
ソムリエールが相談に来た。
(最悪、難しいオーダーで、適合在庫がここに無い場合、
私が自分の店まで取りに帰らねば…という覚悟を持って聞いた)

が、優しい監督、そんな難しい注文など出す訳もない。
でもそれだけに下手なものなど出せない。
このリストランテの在庫の中で、監督の舌に最も適合するワインは…
と考え、モンテピローロ(サン・パトリニャーノ)2000年をチョイス。
モンテピローロ[2000]
サンパトリニャーノ

4,200円 (税込)

ソムリエールは、監督の席にワインを選んだ…という事で、
挨拶に行っても良いだろう…と言ってくれたので、
ずぅずぅしくも挨拶に行った。

気が動転しているので、懸命にワインの説明をするだけに終始した。
ワインを飲んだ監督、
「おいしいよ。僕の好みに合ってる」
と優しい言葉。

良かった…と思うその後、ファンである事を伝えたかったのに、
興奮していて、「ハウス」や「転校生」なんていう
作品名さえ出てこなかった。
邪魔しては悪いので、
写真を撮らせて貰った後は、早々に退散し、
興奮を抱えながらこの日のディナーを楽しんだ。

この日は、来店客がやたら多い。
後ろにはドイツから来た技術者集団がワイワイやってる繁盛ぶり。

帰りがけに色紙へのサインをお願いし、
帰宅した。
[To Be Continued…]

07-05-21 大林宣彦監督 [2] 癒され続けた…

TVでの芸能人のコメントなどは、まず虚像だろう。
それは仕方のないこと。
しかし、この大林宣彦監督が出演して、
発する言葉は優しく、もしそうだとしても、実に心地良い。

決して甘やかしているのでなく、若手に優しい。
結構、ボロを出させようと突っ込むような
番組もあったように思うが、
それでも優しく切り返すのは人格のなせる技なのだろう。

芸術家というのはともすれば、協調性が無い。
才能が鋭ければ鋭いほど、それが顕著となっても仕方がないのだろう。
しかし大林監督は全く違っていた。
決して創り上げた役柄でなく、優しい。
その言葉に、私もwifeも幾度となく癒された。

思い起こせば、作品でも常に癒されてきたような気がする。
中学校で自我が強く、友達が出来にくかった頃
ハウスの出演女優の美しさで、共通する話題を提供してくれ、
友達の輪が一挙に広がった。

転校生の小林聡美。活きの良さが可愛くてたまらなかった。

時をかけた原田知世。
ラベンダーの花ってどんな匂い…
と一生懸命に花屋の友達に聞いてみたりもした。

何か心くすぐられ、夢と想像の世界へ引きずり込まれる。
現実にはあり得ないのだが、そのトリップで
心は癒され続けたのだ。

img46c73ec5zik0zj
その人が、そのテーブルの向こうに座っている!

[To Be Continued…]

07-0520 大林宣彦監督 [1] 洋画好きがなぜかしら見ていた邦画

今日がバスケの試合だった娘が、しっかり食べたいので
夕食は、行きつけのシチリア料理=煉天地へ行こう…と言う。
私も異存はなかった。

歩いて5分もかからない、リストランテへ向け
ヨタヨタと春の宵を楽しみながら歩く。
レストランのドアを開け、一歩踏み込んだ最初の席に
座っている人に一瞬目を奪われた。
あ、あれ?
この人は…

お、大林宣彦監督??

何も分かってない中学校の時、初めてこの監督の作品に接した。
よく宣伝されていたから面白いのだろう…と思い、
友達と出かけた、“ハウス”という映画だった。
tdv-2619d

現実的な話しか許容しなかった当時、
それでも小遣いをはたいて出かけたのは、
出演した女優達に華があったからだろうし、
またその魅力を画面の中で引き出した
大林監督の手腕だったに違いない。

映画という同一ジャンルで判断していた当時、
どうしても比べてしまう洋モノの映画からは
数段遅れている印象を抱いたものの、
なぜかしら心に焼き付いた作品だった。
同時に「大林宣彦」、この監督の名前がしっかりと心に残った。

高校時代はそれほど映画は見る事ができなかったが、
大学生になって少しずつ、そして社会人になってよく見たように思う。

と言っても邦画はほとんど目もくれず、ほぼハリウッド・オンリー
という、ありがちなスタイル。

しかし、イーストウッドのマグナムの炸裂や
シュヴァルツネッガーの繰り出すパンチに酔いながら
なぜかしら必ず見ているのが

「転校生」
「時をかける少女」
…っていうのが、自分自身でも理解できなかった。
でも、バック・トゥ・ザ・フューチャーを見た時に気づいた。
私は大林宣彦監督の創り出した“ファンタジー”に
身を委ねていたのだ…と。

中学生の時見た「ハウス」のストーリーは荒唐無稽、
だけどその画面の中に引き込まれ、
リー・トンプソン以上に可愛らしかった大場久美子に恋をして、
神保美喜の肢体に憧れ、池上季美子の色気に酔った。

画面に登場する蚊遣り豚が気に入り、
蚊取り線香も使わないのに、
映画を思い出して買ったりもした。
大林宣彦監督の創り出したファンタジーの存在を嗅ぎ取り、
それに共感し、年を重ねて来たような気がする。
仕事の為にCPUの画面に向かい続ける自分、昨今では
映画さえも余り見なくなったような気がするが
それでも、この監督の産み出して来たモノに
影響され続けたのに違いなかった。
[To Be Continued…]

07-0515マッキオーレ ボルゲリ・ロッソ 2005

ここの所、イマイチ驚きが少ないイタリアワイン。
コストパフォーマンスの良さはピカイチだったのに…

そんな思いを抱えている時に、今年もやって来ましたマッキオーレ。
相変わらず、と、メッソリオ(メルロー)に対する
厳しい抱き合わせ条件ではあるが、今回はちょっとばかり期待が持てる。

なぜなら、スクリオとメッソリオが共に2003年、
マッキオーレのボルゲリ・ロッソが2005年
と、共に超豊作年の組み合わせなのだ。

思い出せば昨年に入荷したベーシックラインの2品、
この年号が最後になる…という、看板ワインのマッキオーレのセカンド、
ウルティマアンナータ2003年は結構気に入った。
だけどもう、これは蔵元が造らないとのこと。残念!

同じく昨年入荷したマッキオーレ ボルゲリ・ロッソ2004年は、
セカンドでなく、この銘柄として独立させる…と聞いていたが、
相応のデキで、価格を大きく上回る品質とは感じなかった。
(各紙絶賛だったようだが、私自身としては相応の品質と評価)

この銘柄が、初めての試みであった事もあるだろうし、
どうも私自身にとって、2004年というヴィンテージの
このワインは、ピンとこなかった。

しかし今年の入荷は、超豊作年と言われる2005年だ。
蔵元も昨年よりは必ず良いものを出して来るに違いない…
と判断し、いつものようにエノテカ・オステリア煉天地で
(大きな期待を持って)試飲をしてみた。

ボトル外観は、2004年と同じ。
ウルティマアンナータの可愛らしいイラスト
0206_18
ではなく、
道とそこに生えている一本の木をデザインした筆絵。
個人的にはウルティマアンナータのイラストが好きなのだが…
と思いながら、ソムリエールがグラスに注いでくれる液体に見入る。

0206_19

こ、濃いなぁ…。
これはイケそう。
外観からだけでも、十分に期待を持たせるものがある。
コルクは並級の長さ、しかしテーパーがきつい印象。
一方がかなり広がっている。
ボルゲリ・ロッソ[2005]
レ・マッキオーレ

2,688円 (税込)

抜いてすぐは、香は閉じ気味だが、
赤の果実系とスパイシーなフレンチオーク系の香を感じる。
少しだけ口に入れてみて、わぉ!…という感じ。
これは昨年とは違う。
3分ほど間をあけて再トライ。

十分な果実味と、力強いボディ。余韻が止まらない。
余韻が何秒続くか…と考えなければならないほど。
上出来だ。
いくら?これ…と煉天地のソムリエールが聞いて来るほど、
高そうな味わいを持っている。

0206_20

「小売り希望価格が3,360円」
と私が言ったのを聞いて、
「十分5,000円超級、最近の感覚なら7~8,000円と言われても
仕方がないほどのワイン」
とお気に入りの模様。

実際、この2005年はコストパフォーマンスが極めて高い。

深い色合いから、様々な果実が湧き上がる。
メルロー50%、カベルネフラン30%、サンジョヴェーゼ15%、
シラー5%…と、緻密な構成から立ち上がる香は、
ブラックチェリー、プルーン、レッドカラント、
そして胡椒などのスパイス、ほのかなヴァニラ…。

そして必要十分しっかり詰まったボディは、
オーク樽で10ヶ月熟成(新樽使ってないそうだ)に支えられながら、
止めどない余韻へと続いていく。

ここで煉天地特製のナポリ風ピザと合わせてみる。
一段とマイルドで滑らかに感じられ、
より美味しさが湧き上がる。

ゴルゴンゾーラのピザも良く合ったが、
0206_21

トマトソースとツナ・モッツァレラの方が更にマッチ。
0206_22
お料理との相性が、かなり良いと感じられる。

このワインは、買って損はない。
久々のイタリア・ワインのヒットと言えるだろう。

07-0513ニーロン2005年 [07]ファンから見て…

狂乱の高騰(輸入側の人間にとっては…)を続けるユーロ。
満ちれば欠けるのが世の習い、
という法則に従って、近々下がって欲しいと淡い期待を抱く…。

2000年は1ユーロがほぼ100円だったじゃないか。
単純計算すると、今、10000円のワインならば、
1ユーロ100円になったとすれば、6200円位にはなるはず。
運賃や、保険や、税金や…すべてがユーロ立てだからこそ
輸入業者やワイン屋は苦しんでいる。

しかし、我々の思惑をきっちり裏切って、
恐らく3年程度は、160円を中心にした状態が続きそう…
という長期予想が立てられているようだ。
このユーロ高の状態は、3年位は動きそうにないという事のようだ。

もしそうだとすれば、フランス系の高級ワイン達の
値下がりの要素が、ほぼ無い。
…と言うことになると、健全なコンディションの場合、
この価格が下がる事は考えられない。

現時点の、一応の上代価格が7,350円であり、
値引き出来る分を考えて掲載しているのがこの価格である。

0206_16
シャサーニュ・モンラッシェ
ブラン [2005]
ミッシェル・ニーロン

6,000円 (税込)

なお、1級は、定価が11,200円と10850円で
実勢価格を見ると、まぁ、こんなもの…と言えると思う。

0206_17
シャサーニュ・モンラッシェ  シャサーニュ・モンラッシェ
プルミエール・クリュ    プルミエール・クリュ
レ・ショーメ[2005]    クロ・ド・ラ・マルトロア[2005]
ミッシェル・ニーロン     ミッシェル・ニーロン

9,240円 (税込)         9,200円 (税込)

品質から考えれば、割安なのかもしれない。
ただ、2005年に対する、全世界からの吸引力は、
前年までよりは強い点だけは注意が必要だろう。

2004年も命は長そうだが、2005年は一段と充実しており、
多分、長寿を望める内容である。
実際、2005年ショーメとマルトロワを飲んで、
未来があるのは間違いないと実感できた。

新樽の使用比率が低く、葡萄の素性が浮き彫りになるようなスタイル。
繊細だが厚みがあり、複雑だが分かり易い。
透明感もあるが丸く暖かい。
私はこのワインを飲んだ時、
澄んだ空気の中で日向ぼっこをしているような、
自然の息吹をすべて受け止めたような気持ちになれる。

年々飲み続けてみれば、
ブルゴーニュに行かなくても、天候さえ分かってしまいそう。
いや、空気の温度さえ感じとれるような気にさせてくれる。

ニーロンのファンである私は、
比較的若めの樹齢(と言っても他と比べるとかなり古木)である
レ・シャンガンを毎年飲み続ける。
シャサーニュ・モンラッシェ
プルミエール・クリュ
レ・シャンガン[2005]
ミッシェル・ニーロン
    9,200円 (税込)

確かに高価だが、なかなかフランス旅行が出来ないこの身としては、
シャサーニュの丘のテロワールを
陽当たりを、空気を、土の匂いを…感じさせてくれ、
その地へと誘ってくれる造り手なのである。

[The End]

07-0507ニーロン2005年 [06]年号毎の仕上がり具合は…

~年のできは良い、とか、~年は駄目だ…なんて、
ワインのデキは、年で一括りにできるほど、
大まかであるはずはない。

誰かの聞きかじりや、情報の断片を勝手につぎはぎして
語るならいざ知らず、正面から対峙すると、
まさに千変万化、それぞれの造り手のそれぞれのワインが持つ
個性について語らざるを得なくなってしまう。

それは、蔵元の力量によるものだったり、
天候の爪痕だったりもするし、
葡萄樹の樹齢や斜面の影響という事もあるようだ。

とりあえず、ニーロンのベーシックラインである村名を
2003年、2004年、2005年と垂直に飲み比べて
その味わいの違い(もしかしたらさほど違わない?)を
複数の確かな口で判断する。

結果は…
異口同音に「全く違う。同じ造り手?同じ銘柄?」
という声が聞こえる程だった。

まず2003年
無茶苦茶暑かった年である。
葡萄の表面は焼け、思い通りのワインが仕上がった蔵元は少ないだろう。
糖度は上がっただろうが、発酵が思い通り行かなかったとか
酸が不足した…などと言われる年。
0206_14
シャサーニュ・モンラッシェ
ブラン [2003]
ミッシェル・ニーロン

5,850円 (税込)

ふくよかでボディ豊か。バターやナッツ香に溢れ、
果実の甘みさえ感じてしまいそう。
2003年の特性と言われるスタイルは出ている。
ニーロンの葡萄樹は、古木で根が深いので、
非常に暑かった2003年でも恐らくは、
水分を十分に得る事ができたのだろう。
円やかで旨みが最も多い印象。

次に2004年
前年に比して冷涼だった年。
巷では、色んな評価が溢れている。
この村名ついていえば、ボディは確かに2003年に比して小さい。
しかし繊細。複雑。緻密。
まるで精緻なガラス細工のような趣。
(あくまで2003年・2005年のニーロンと比しての表現だが…)

シャサーニュ・モンラッシェ
ブラン [2004]
ミッシェル・ニーロン

5,850円 (税込)

そして明らかにスパイシー。
2003年の方はハーブ系が前に出ようとしていたが
この年は一転してねずの木、茴香、アニス…など
スパイス系の香が複雑に絡み合っている。
もちろん、香とすれば、シャルドネ特有の
柑橘系やハチミツなどがメインとなっているのだが、
それに加えて隠れた場所から湧き出して来る香の玉手箱…
とでも言いたいような仕上がり。

そして今年入荷した2005年
理想的な天候と言われる年である。
2003年と2004年の良さを両方とも持っている…
と、良く聞かされた。
実際、その言葉は、ニーロンの村名にとって嘘ではないようだ。
0206_15
シャサーニュ・モンラッシェ
ブラン [2005]
ミッシェル・ニーロン

6,000円 (税込)

ボディは2003年ほどではない。でも十分に凝縮。
繊細さと複雑さは2004年を越えるほど。
さらに明確な、薫香。トースト香が加わる。
スパイシーさはあるが、それらを上回る香ばしさ。
伸びやかで美しい味わい。
確かにデキの良さは、この3ヴィンテージでは
最もバランスが取れている。

不謹慎を恐れず女性に例えれば、
2003年爆乳のプレイメイト系
2004年スマート・スリムなスーパーモデル系
2004年すべてが整ったミス・ユニバース系
…と表現したい。

これほどの違いを見せつけるニーロン、
本当にテロワールをきっちりと表現しきっていることを
痛感させる結果となった。
[To Be Continued…]

07-0505ニーロン2005年 [05]2005年物の供給量は…

昨年、ニーロンの仕入はそこそこ楽だった。
今年、考慮を重ねていたら、注文が少し遅れ、
ギリギリで入手できたような状態だった。

輸入業者に聞けば、2005年物は入荷量が少なく
組み上げたセット数が少ないのだ。
(2004年は85組ほど、2005年は25組)

2004年と同じように適当に仕入れられる…と思っていた自分の愚かさを知った。
なんと1/3以下しか入荷していないのだ。
生産量が急激に落ちた訳ではないから、
世界中からの引き合いが強いからと考えられる。

0206_13
シャサーニュ・モンラッシェ
ブラン [2005]
ミッシェル・ニーロン

6,000円 (税込)

これほど人気ならば、やはり試飲をするしかないだろう。
しかもできる事ならば、2005年がどれほどかを感じ取る為に
2003年、2004年と比較してみたい。

ただし、私個人のテイスティングでは、思い入れがあり過ぎるだけに
判断が甘くなってしまう可能性がある。
そこで、ワイン教室に出す事にした。

比較試飲の結果は、生徒さんの声と共に後日、
レポートを掲載する予定。
本当に2005年は突出しているのか?
もしくは、この蔵元のレベルになると大差がないのか?

このワクワクは、ファンならではのときめき。
[To Be Continued…]