哲多ビンヤード Nr.02 哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ


哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ
原料ブドウ生産者 (有)哲多ビンヤード
ヤマト葡萄酒株式会社

ネット上では、誇大広告や、
“嘘ではない”(けど真実でも無い)
というスタイルの表現が闊歩している。
だから、哲多ビンヤードの原料葡萄を、
『日本屈指のポテンシャルだ!』
と言えば、百人以上が登場して、指を折って
数えるかも知れない…なんて言い訳を
用意していると思うかも知れない。
しかし、それは違う。

ワイン好きに問いたい。

どんな土壌にシャルドネを植える?
石灰質土壌の上に山土が被っている…
と答えが返れば嬉しいだろう。

そして、標高は?どの程度を望む?200m位?
…この哲多ビンヤードA-14区画は、約400mだ。

日照は?もちろん晴れが続くのが嬉しい。
県北と言えど岡山県、別名『晴れの国』。
多分、日本中の葡萄栽培地のどこよりも、
降水量が少なく、天気の日が多いと言って良いだろう。

そして岡山県は、基本的に、台風の直撃は少ない。
まして県の北寄りである哲多町を台風が襲う事は希だ。

さらに、地形が概ね盆地なので、
強風の直撃から守られるだけでなく、
夏暑く、春秋は温度差が大きくなる。

オマケに、この山の上にある区画には、
霧まで発生し、貴腐菌も発生する。
(実は、次にはセミヨンを栽培し、貴腐を狙っている)

そんな場所…と聞けば、ワイン好きは驚くだろう。
しかも土壌の石灰岩は、一部の層ではなく、
奥底のずっとずっと下までがそうなのだ。

葡萄が、ミネラル分を吸い上げる事ができるだけでなく
もし降雨があっても、水はあっという間に捌けていく。

論理的に、これ以上のテロワールを日本の中で見つけ出すのは難しい…
と言えるほどの内容なのだ。

『日本屈指のポテンシャル』
は誇張などではなく、控え目表現で、私としては、
『日本一!』
と思っている。
(実は、更に+αな要素が存在している…後述!乞う御期待!)

この2008年シャルドネA-14 の味わいは、それを示すに十分…だった。
私は、この味香に感動、
ヴィンヤードの見学に行かねば我慢ならなくなっていた。

———–to be continued…

石原延秋,Senior Wine Adviser,J.S.A
(c) Ishihara Nobuaki,2010