長編記事 総合インデックス[index]

連続物になった話題は、以下にリンク表を作りました。このページから飛んで下さい。

マリアージュ(食事会)

テイスティング

訪問

ストーリー

映画タイアップ

10-0110 サヨナライツカ イメージワイン探求 index

SAYONARA ITSUKA
サヨナライツカ イメージワイン探求 index

一瞬の恋が、一生の愛へとつづく。

100114_05真中 沓子 のイメージワイン 1.探索

真中 沓子 のイメージワイン 2.邂逅

真中 沓子 のイメージワイン 3.展開

東垣内 豊 のイメージワイン

Vin LePin倉敷は、サヨナライツカ の協賛キャンペーンを行っています。
キャンペーンは終了いたしました。

6355g3333g3330g4687g

10-0108 サヨナライツカ その3

SAYONARA ITSUKA
一瞬の恋が、一生の愛へとつづく。

100114_01踏み外すことなく、一つずつ積み重ねていく。
順風満帆とは、その努力を知らぬ人達の嫉み。

分かれ道では、周囲の評価の得られる方を選ぶ。
『好青年』とは間違いのない選択を
繰り返してきた者への称号。

秘かに、力と知識、そして経験を蓄えていく。
その裏打ちを自信として進む人生の道。

100114_02門の向こうに続く並木道。
目指すのは…遙か向こうに見え隠れする宮殿。

日陰もあれば逆風も吹くだろう。
しかし、陽の当たる場所を、そして足下の良い所を
着実に踏みしめて進みたい。

困難や誘惑、不運や妨害があったとしても
めげず、諦めず、目的に向けて着実に進む。
それこそが『好青年』の生き様。

何があっても、生き様を貫く自信はあった。
上司の命に背いたのも、より良い結果を
つかみ取る自信があったから。
そして結果さえ出せば、認めてくれる確証があったからだ。

100114_03しかし、この女、出逢った瞬間から
こちらをコントロールした。
それが当たり前であるかのような動き、
言葉。振り回されるしかない自分の歯がゆさ。

これが本当の自分なのか…と抗う気持ちさえ
蕩かせてしまう魔力。

負けない。負ける訳にはいかないのだ。
元の世界に戻る。
そして宮殿の前に立つ。
振り向いた時、見えるものは…

100114_04グラスに注げば、美しいルビー色。
綺麗な色合いで、足にも色が見えるるほどの濃さ。
香は、レッドカラントやチェリー、そして黒系果実が追いかけてくる。
クレバーに配された焦げ臭。
華麗さとほろ苦さ…まるで人生の縮図を
見せてくれるような気さえする。

嫌味のない酸は、少し強いが美しく、
程良い旨味と、深い味わい。

必要十分な、ミディアムちょい重めのボディは、
美味しさのツボを押さえ楽しませてくれる。
これはまさに優等生のワイン。

振り向いた時に見えるもの、
それは 本当の愛 であると思いたい。

6355g3333g3330g4687g

10-0107 サヨナライツカ その2

SAYONARA ITSUKA
一瞬の恋が、一生の愛へとつづく。

100113_05100113_06職場まで平気で電話してくる強引さ。
憶することもない、誘い。
俺は優等生だ!と抗えば抗うほど
押し倒され、波打つ髪の波間に
溺れる自分の姿を見ることになる。

押し切られる自分の弱さを楽しむ…
そんな開き直りが心の中に生まれた頃、
違う姿の彼女が見えてくる。

100113_07自分に潜む色んな部分…
優等生の皮を剥がれ、
核心に迫り来る。

その行動を受け容れた時、
見えた彼女の本当の姿。

これは難題だ…。
と苦しみを抱えながら探す私の前に、
真中沓子のイメージそのままのワインが
偶然現れるから、人生は面白い。

実際、ここまでの経験では、記憶データの中で
最もイメージに近いのが(不思議だが…)
シャトー・デュクリ・ボーカイユの2004年。

4687g

10-0106 サヨナライツカ その1

SAYONARA ITSUKA
一瞬の恋が、一生の愛へとつづく。

100113_01映画が好きでたまらなかった。
だが、それに関わる仕事に就くほどの
冒険心は無かった。

そして全く違う分野であるワイン屋になった自分が、
今になって映画に関わる仕事ができるなど、
思っていなかっただけに、
配給会社からの依頼に、心が躍った。

試写会に出かけ、イメージのワインを選出する…
という、夢のような仕事だ。
自ずと気合いが乗って、肩に力が入り、
勢い込んでいる自分の姿に年を考え少し失笑。

100113_02今回、イメージを絞り込むのは、
中山美穂演じる主人公=真中沓子のイメージ。
強引。
正体が蟻地獄と分かっても、引きずり込まれる。
有無を言わせぬ仕草の裏に、圧倒的な自信。
光に透ける肢体は、理性を蕩けさせる溶解剤。

支配を欲し、自分の道を進もうとする男が、
絡め取られてしまう屈辱、いやそれを
快感に感じさせるほどの存在。

100113_03破滅さえ見え隠れするセクシーさを見せつけられては、
やはりマルゴーの系譜か?とパヴィヨン・ルージュを選んでみる。
2007年。

普段の年より少しスリムなこのヴィンテージ。タイトな曲線が
沓子のイメージをトレースするかと思いきや、
どうもソリが合わない。描く曲線が違う。
これではないなぁ。

100113_04そこで、もう少し下流域であるサンテステフ村。
愛の化身、カロンセギュールの一族を引き出してみた。
ラ・シャペル・ド・カロン 2002年。

美味しい!極めて美しいが、
しなやか過ぎる。こんなに柔らかではいけない。
これも違う。

もっと強引でなければ。
かと言って、エッジがガチガチに立った味では、
沓子のイメージから離れてしまう。

これは思いの外、難しい選択になる…と、
グラスを置いて考え込んでしまった。
———–
to be continued…

6355g3333g3330g4687g