哲多ビンヤード Nr.02 哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ

哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ
原料ブドウ生産者 (有)哲多ビンヤード
ヤマト葡萄酒株式会社

ネット上では、誇大広告や、
“嘘ではない”(けど真実でも無い)
というスタイルの表現が闊歩している。
だから、哲多ビンヤードの原料葡萄を、
『日本屈指のポテンシャルだ!』
と言えば、百人以上が登場して、指を折って
数えるかも知れない…なんて言い訳を
用意していると思うかも知れない。
しかし、それは違う。

ワイン好きに問いたい。

どんな土壌にシャルドネを植える?
石灰質土壌の上に山土が被っている…
と答えが返れば嬉しいだろう。

そして、標高は?どの程度を望む?200m位?
…この哲多ビンヤードA-14区画は、約400mだ。

日照は?もちろん晴れが続くのが嬉しい。
県北と言えど岡山県、別名『晴れの国』。
多分、日本中の葡萄栽培地のどこよりも、
降水量が少なく、天気の日が多いと言って良いだろう。

そして岡山県は、基本的に、台風の直撃は少ない。
まして県の北寄りである哲多町を台風が襲う事は希だ。

さらに、地形が概ね盆地なので、
強風の直撃から守られるだけでなく、
夏暑く、春秋は温度差が大きくなる。

オマケに、この山の上にある区画には、
霧まで発生し、貴腐菌も発生する。
(実は、次にはセミヨンを栽培し、貴腐を狙っている)

そんな場所…と聞けば、ワイン好きは驚くだろう。
しかも土壌の石灰岩は、一部の層ではなく、
奥底のずっとずっと下までがそうなのだ。

葡萄が、ミネラル分を吸い上げる事ができるだけでなく
もし降雨があっても、水はあっという間に捌けていく。

論理的に、これ以上のテロワールを日本の中で見つけ出すのは難しい…
と言えるほどの内容なのだ。

『日本屈指のポテンシャル』
は誇張などではなく、控え目表現で、私としては、
『日本一!』
と思っている。
(実は、更に+αな要素が存在している…後述!乞う御期待!)

この2008年シャルドネA-14 の味わいは、それを示すに十分…だった。
私は、この味香に感動、
ヴィンヤードの見学に行かねば我慢ならなくなっていた。

———–to be continued…

石原延秋,Senior Wine Adviser,J.S.A
(c) Ishihara Nobuaki,2010

哲多ビンヤード Nr.01 哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ

哲多ビンヤード A-14 2008 シャルドネ
原料ブドウ生産者 (有)哲多ビンヤード
ヤマト葡萄酒株式会社

ワインの味を利いて欲しい…という依頼が来た。
どんな物かは分からないけど、紹介者が世話になった方だけに、
一丁やってみるか!と引き受けた。

ワインに向き合った時、どこ?
そんなのあったの?
…とつい口から漏れてしまった。

『哲多』というぐらいだから、
哲多町にあるのだろう。
岡山県北にあるにせよ
県民でも、どの範囲を
哲多と言うか?…は
少々困ってしまうような
(と言うと叱られそうだが)
知名度の低さだ。

いっその事、新見ワイナリー
の方が良かったのでは…
と経緯を知らない私は心の中で思った。

抜栓すると、圧着コルク。
無駄なコストをかけないのは良い事だが、
このワインの仕上がり価格からすると、
このコルクでは少々役不足では…
と感じてしまうのは厳しい判断かも知れない。

葡萄の育成収穫までは哲多ヴィンヤード、
醸造やボトリングは大和葡萄酒だから、
後者の考えによってこの栓になったのだろう…。
今後、どうなるか…は興味ある所だ。

さて、これからが本題。
グラスに注ぐと、若いワインだから、緑のトーンを?
と思っていたが、薄い色彩ながら、黄色・黄金系で
緑は余り感じない。

ワインの足はかなり長い。粘性がありとろんとしている。
香は、フルーツ、そしてバターとナッツ。
これは、実に綺麗に、美しく出ている。
空気に触れると一段とツヤが出て来る。
果実系はやや控え目ながら、
それでも柑橘が後から立ってくる。

舌触りは適度に滑らか、温度が上がると
クリーミーでさえある。
酸はそこそこしっかりとあるが、リンゴ酸ではなく、
乳酸系で、複雑でキメ細やかな印象。

表記では13%のアルコールとなっているが、
飲んでみると、多分、それよりは高い!と感じてしまう。
ただ、アルコールの高さは、お料理との相性を考える時
フレキシビリティが増して、より合わせ易くなるので、
この特性は使い方次第だろう。
まして、ガイジンさんなどには、よりウケると推測できる。

造り手の大和葡萄酒は、アルコール度数によって
頭封の色を替えるという。
このワインに使われている青封は14.5%までだそうだが、
本当に14%程度の強さを感じてしまうのは
私だけではないだろう。

樽の貯蔵などは一切感じない、アンウッド状態。
お世辞でなく、このワインに驚いた…というのが本音だ。

大和葡萄酒という技術力も経験もある造り手だからこそ、
この風味に到達できた、という要素は確かに大きい。
でもそれ以上に、原料となった葡萄のポテンシャルの高さを
いやが上にも感じさせられてしまった。

この素材は凄い。
これをもし、より今様風に仕上げられたとすれば…
そう考えると、ダイヤの原石を見ているような気持ちになり、
居ても立ってもいられなくなってきた。

そう、この哲多ビンヤードの葡萄は凄い!
多分、日本屈指のポテンシャルだ!

———–to be continued…

石原延秋,Senior Wine Adviser,J.S.A
(c) Ishihara Nobuaki,2010