07-0915 夜、尾道の「バル・らぱん」へ行く Part.2

バル・ラパンのお料理に、ワインを次々と合わせていく。

パスタ、ベーコンとキノコのクリームソース
img25d6dae3zikczj

パスタ、トマトとバジル
img2de8bb46zik5zj

バーニャカウダソース・野菜スティック添え
img1a9808f5zikezj

ピザトースト

…う~ん。最高!

imga662d39dzik9zj

次々と出てくるお料理とワインに舌鼓。
楽しみは一段と膨らみ、スペインのイメージならば
ここは一発シェリーを…と、「マエストロ・シエラ」を飲んでみる。

img6e649d97zikazj

大メーカーのシェリーとは全く違う、深く豊かな芳香と味わい。

まずはフィノ。
数年前に規格が変わり、アルコール度数が15%ほどになったので
飲み易く、味わいが前に出て来るようになった…
と私は感じている(以前は私にはアルコールが強すぎた)。

何と言っても香り高い。
棚晒しになってたりするモノとは全く違う。
これが、ワインと同じ扱いで流通してきたシェリーなんだ!
と感動。

尾道で飲んでるからではないだろうが、海の香。
ロースト・ナッツの芳香。強すぎずすっきり。
マエストロシエラ
フィノ 750ml

2,200円 (税込)

ラベルは安っぽい印象を否めなかったが、飲んで感動。
シェリーの美味しさを再発見できる内容。
シェリーは、その複雑な味香から初心者には無理…
そんな思い込みを払拭する内容。

羅針盤に身を置いた私の心は、
シェリーを片手に、一挙に海原へと出航した。

[To Be Continued…]